Topお客様の声 > 果汁工房 果琳

ジュースサーバー

「導入1ヶ月での17,000ダウンロードは
店長同士の意識の高さで実現できました」

果汁工房 果琳 / 菊田直樹さん

ジュースバー「果汁工房 果琳」を日本全国に180店舗展開する株式会社青木商店は、リピーター集客を目的とした顧客属性把握のためにUPLinkの導入を決めました。

一見のお客様にアプリでブランドの認知をしたい

当社が運営するジュースバー「果琳」の多くは大型のショッピングセンターの中にあるので、施設に買い物に来られた方が店舗を見てはじめて認識されるケースが大半なんです。つまり、店舗をめざして来られている方が少ないということです。これまではそういった通りがかりのお客様に対して、紙のポイントカードというツールでしかアプローチをしていなかったので、自店の顧客の認識が困難でした。

そこで、ブランドを認知して再来店を促すツールとして、UPLinkの導入を決めました。

店長会議でアクティブダウンロード数を共有

現在「果琳」全店でのアプリダウンロード数1位は越谷レイクタウンmori店です(※取材時)。こういった情報を月に1回の店長会議で共有しています。そうすると、ダウンロード数の多い店舗の取り組みを教えて欲しいと、他店から問い合わせがあるんですよ。実際にアプリのダウンロード数と売り上げが比例しているので、店長たちの興味関心は高いですね。

具体例でいうと、アプリ導入時に行った「70円割引キャンペーン」は本部主導のもので、POPなどの販促資材も本部が作成しており、各店が個別に考えたわけではありませんでした。しかし、販促資材のビラを積極的に配ることや、レジでのお会計時に声がけを徹底することで越谷レイクタウンmori店は1位になりました。店長の運営オペレーションによってかなり数宇がかわってきたということです。

今後は店舗・顧客に合わせたキャンペーンを

いまはまだ会員数を集めてデータを蓄積する段階だと考えていますが、そろそろスタンプ機能を本格的に使っていきたいと思っています。

そして、プッシュ通知でさまざまなキャンペーンの告知をしてお客様の反応を見たいですね。まずは果物の季節ごとに新商品を出していますので、そこに合わせたキャンペーンを通知したい。また、定期的な、たとえば第二第四日曜日は割引になる、というようなキャンペーンを定着させて、アプリのアクティブ性を保持することも考えています。ほかにも休日と平日の顧客層が違う店舗で、それぞれに合わせたサービスや、平日の朝限定のモーニングサービスを導入するなど、さまざまなアイデアがあります。

UPLinkの分析機能はファミリーや男女といったセグメントだけではなく、顧客の年齢層などもわかることが魅力なので、うまく使いこなして、ダウンロードキャンペーンで一気に増えたお客様にいかに常連になっていただくかが、次のフェーズだと考えています。

菊田直樹さん

株式会社青木商店営業統括本部フルーツバー事業部次長。全国に180店舗展開するジュースバー「果汁工房 果琳」の統括責任者として、日本中を飛び回っている。

果汁工房 果琳 レイクタウンmori店

住所:埼玉県越谷市レイクタウン3-1-1
営業時間:10時〜22時

お店の詳細はコチラ

 

ダウンロードはコチラ