【店舗アプリ作成サービス】UPLINK COLUMN https://www.uplink-app.com/column/ 店舗作成アプリのUPLINKが便利なアプリのTipsを公開 Tue, 03 Mar 2020 03:12:51 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=5.3.2 https://www.uplink-app.com/column/wp-content/uploads/2020/02/android-chrome-256x256-1-100x100.png 【店舗アプリ作成サービス】UPLINK COLUMN https://www.uplink-app.com/column/ 32 32 店舗集客の媒体選びと差別化について!失敗しないための重要ポイントとは https://www.uplink-app.com/column/2020/03/about-media-selection/ Mon, 02 Mar 2020 23:42:03 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=97 店舗への集客数をアップさせるためには、自社店舗の規模や地域性、ターゲット層などを総合考慮したうえで集客手段を考える必要があります。また、集客手段にかかる運用コストや、獲得したいのは新規顧客かリピーターかなどについても検討しなければなりません。店舗を宣伝するために有効な媒体も、それぞれターゲットが異なるため、媒体の特性を把握したうえで活用することが重要です。          

自社の店舗に合った手段を選ぶ

店舗に適した集客手段を選ぶためには、自社店舗の立地や地域性、商品などの強みや、自社の経営状況およびユーザー層を踏まえたうえで分析・判断する必要があります。

例えば、すでに何度もPDCAサイクルを回せる余裕があり、かつターゲットとするユーザー層が明確に決まっているのであれば、ネット広告が適しています。そうではなく、とにかく不特定多数の人々に店舗を知ってもらいたいのであれば、チラシや看板が向いているでしょう。また、リピーターの獲得に注力したいならSNSや店舗アプリが適しています。          

チラシや看板

チラシや看板を使えば、顧客に視覚的なインパクトを与えやすく、一目でサービスの内容をわかってもらえる点がメリットです。例えば、カフェであればコーヒーカップやケーキのイラストを描いたり、レストランであれば看板の形をナイフやフォークにかたどったものにしたりすることで、どのようなお店なのかを顧客にアピールしやすくなります。

また、チラシであれば、配布する場所や時間帯を工夫すれば、不特定多数の人々に店舗をアピールすることが可能です。例えば、人通りの多い駅前や繁華街などで、通勤通学の時間帯にチラシを配布すれば、大勢の人の目に触れさせることができるでしょう。

もっとも、チラシや看板には次のような注意点もあります。

看板は、どれだけ目を引くようなおしゃれなでわかりやすいデザインのものを作っても、人通りの少ない場所に出してしまったのでは意味がありません。一方で、人通りの多い場所は看板の設置料金が高額である場合が多いです。広告看板を提供する場所や業者によって相場はピンキリなので、看板を出す際は設置場所と値段を事前にきちんと確認する必要があります。

また、看板やチラシは、どれくらいの人数の目に触れ、そのうちの何人が実際に来店してくれたかを集計する仕組みをつくらないと、集客効果の判断が難しい点にも注意が必要です。

店舗のサイト・ブログ

店舗オリジナルのサイトやブログの作成は、ターゲット層が求める割引サービスやイベントなど店舗独自の情報を発信できる点がメリットです。また、サイトやブログ内にキーワードを工夫して配置することで、インターネット検索による流入率も上がり、店舗が求めるターゲット層、またはそれに近い層を集客しやすくなります。さらに、定期的な更新がされていれば顧客の安心感を得られ、店舗への信頼につなげることが期待できるでしょう。

一方で、店舗オリジナルのサイトやブログの運営には次の点に注意が必要です。まず、サイトやブログをつくっても、最初からたくさんの人に見てもらえるわけではなく、ある程度認知を得るためには中長期的な運用が必要になります。また、認知を得たとしても、定期的に情報が更新されていなければ集客にはつながりません。いくらサイトのつくりがきれいで文章が面白くても、数カ月以上更新がされていなければ見る人は不安を覚えるものです。一度サイトやブログを作成したらそれで終わりではなく、常に情報を更新していく必要があります。             

SNS

SNSも集客にとって有効な手段です。集客にあたって各SNSを使用する場合のメリットとしては、SNSごとにメインユーザー層がさまざまであるため、店舗が訴求したいターゲット層に適した宣伝が可能という点があります。また、店舗のアカウントをフォローするユーザーが多ければ多いほど、店舗に興味を持つ大勢のユーザーに対して一度に情報発信ができるので便利です。基本的に、SNSはどれもアカウント開設費用が無料なので、導入コストがかからないことも魅力でしょう。

一方、デメリットとしては、情報の信頼度を高めるためのブランディングを必要とし、ある程度の数のフォロワーを獲得するためには中長期的な運用が求められる点が挙げられます。すぐに結果を出しづらい点には覚悟が必要と言えるでしょう。また、SNSは炎上のリスクが高く、一度炎上してしまうと店舗のイメージ悪化につながり、信頼回復が困難な傾向にあることにも注意が必要です。このようなSNSの共通のメリット、デメリットを踏まえたうえで、次にSNSごとのメリット、デメリットを見ていきましょう。”

4-1.Facebook      

Facebookでは、店舗の外観や内装、扱っている商品や店内の雰囲気、イベントやセール情報などを写真とテキストで発信できます。性別や年齢といったユーザー情報を細かく設定する傾向にあるため、店舗のファン層獲得のためのターゲティング精度が高いのも特徴です。また、Facebookでは、店舗アカウントと「友達」になっているアカウントのタイムラインに更新内容が表示され、「いいね」や「シェア」した人のタイムラインにも表示されます。よって、店舗アカウントの友達が多ければ多いほど情報の拡散性が高い点がメリットです。

一方で、店舗によっては、固定客であるフォロワーが友達同士で拡散しやすい記事を書くなどして、いわゆる「身内ノリ」のような雰囲気が出てしまい、新規客が入りづらくなる可能性があります。また、SNSという特性上、Facebookでも炎上のリスクは常にあることを念頭に置かなければなりません。

4-2.Twitter         

Twitterは、若年層のユーザーが多いSNSです。30代以上のユーザーもそれなりにいますが、20代の学生ユーザーが特に多いことがTwitterの特徴と言えるでしょう。したがって、若年層に向けて訴求したいと考える店舗であれば、Twitterは宣伝媒体として適しています。一般ユーザーのほかにも、各界の有名人や著名人なども多く利用しており、同じ趣味嗜好を持つユーザーのあいだで情報の共有が活発なのもメリットです。流れに乗ることができれば、非常に高い拡散性が期待できるでしょう。

一方で、Twitterは匿名性が高いSNSであることも特徴です。その匿名性の高さから、特定のユーザー層へ向けてのターゲティングがしづらい点がデメリットと言えます。また、匿名性ゆえにさまざまなユーザー層が利用している反面、炎上のリスクが高く、拡散性の高さから一度炎上すると爆発的に広まり、店舗のイメージ悪化に拍車がかかるおそれがあります。

4-3.Instagram     

Instagramは、写真の投稿がメインのSNSで、20~40代のユーザー層が多く男性よりも女性ユーザーが多い点が特徴です。一般ユーザーとしてのアカウントのほかに、ビジネスアカウントも無料で開設でき、インサイトではアカウントの投稿に対してユーザーがどのようなアクションを行ったかのアクティビティを見ることができます。このアクティビティを利用してターゲティングの分析をすれば集客につなげることが期待できるでしょう。一方、InstagramはTwitterなどと違い、投稿に対するリツイートや「いいね」などのシェア機能がありません。したがって、拡散性の低さという点はデメリットと言えるでしょう。もっとも、拡散性が低いぶん、炎上のリスクも低くなっています。   

LINE@          

LINEは、月間のアクティブユーザー数が約8100万人を記録し、TwitterやFacebookなどのほかのSNSと比較しても利用者数が多いことが特徴です。LINE@はいわば「企業の公式LINEアカウント」であり、フリープランであれば0円から開設できます。LINE@では、企業や店舗ごとに活用事例が紹介されており、それらを参考にしながら開設できるので始めやすいツールと言えるでしょう。また、月ごとに送信できる無料メッセージはプランごとに違いがあるので、店舗の宣伝方法に合ったプランを選ぶことができます。

一方、LINE自体がもともと個人や特定のグループ間でのやり取りを前提としているため、LINE@もツールの特性上新規の顧客獲得にはあまり向いていません。LINE@は、新規で顧客を獲得するというよりは、すでに一度店舗に来店したことがあるユーザーをターゲットにして、リピーターを増やすのに向いているツールと言えるでしょう。

ネット広告    

ネット広告上では年齢や性別など、細かいターゲティングが可能となります。ジオターゲティングという方法では、インターネット接続時のパソコンやスマートフォンの位置情報をもとに、店舗の半径数キロ以内やユーザーの現在地付近に特化した宣伝を配信することが可能です。また、ROI、ROAS、CPAといった方法もあります。ROIとは「投資した額に対して、利益をどれくらい得られるか」を表す数値で、投資の費用対効果を測る指標です。ROASとは「広告費に対してどれくらいの売上が計上されるか」を表す数値をいい、CPAとは「コンバーションを1件得るためにいくら投資したか」を表します。

これらの指標を上手く使うことで、費用対効果を出しやすくなるのです。一方、インターネット上では、店舗のある地域だけでなく国内外の広告が表示されるため、競合他社が非常に多く、常に比較されやすい状況にある点には注意する必要があります。また、インターネット上の広告は大多数のユーザーの目に触れるため、どういった層に訴求するかのターゲティングは自身でしっかりと考え、改善を図る必要性が高い点にも留意しましょう。

店舗アプリ    

店舗が専用アプリを持つことで、集客を上げる方法もあります。ユーザーに利用してもらうのは店舗オリジナルのアプリであるため、ブランディングしやすい点が特徴です。また、ユーザー側のデバイスから送られてくる位置情報や、ユーザーの属性などを活用してターゲットに合わせた情報を発信しやすくなっています。ユーザー側からしても、プッシュ通知機能によりスマートフォンなどですぐに情報を目にしやすくなっている点がメリットです。さらに、アプリを活用すれば、ユーザーの来店数や利用コンテンツをカウントできるので、ユーザー一人ひとりの動きを分析しやすくなっています。

一方で、アプリを使うためにはダウンロードが必要という特性上、すでに店舗に興味を持っているユーザーがダウンロードする傾向にあるため、新規顧客の獲得にはつながりにくく工夫が必要です。

店舗独自の個性を出して競合との差別化する方法

店舗専用アプリを使用し、オリジナリティを出して競合との差別化を図ることも集客につながります。アプリで表示できる期間限定クーポンを配布することで、店舗アプリを使うことのメリットをユーザーに提供するとよいでしょう。また、来店回数をアプリで管理できるようにしたり、顧客に合ったお買い得情報などを提供したり、お問い合わせ受付などで疑問点を解消したりなどのサービスを提供することも有効です。ほかにも、アイコンなどアプリのデザインやカラーを店舗のイメージに合わせたものにすることで、競合他社と差別化したブランディングを行うことが可能となります。          

イベント開催

店舗アプリではチケット販売もできるので、店舗オリジナルのイベント開催があることをユーザーにアピールする方法もあります。例えば、飲食店であれば新メニューの試飲・試食イベントや割引セールを企画したり、イベントスペースを設けている店舗であれば客層に合った著名人のトークイベントを開いたりすることが考えられるでしょう。また、店舗オリジナル商品や他企業とのコラボ商品・サービスなどの先行体験会を開催し、ユーザーにアプリでチケットを販売するなどの方法もあります。イベントごとに、季節に適したものづくり体験が行えるなど、ユーザー参加型のイベントを開催するのもよいでしょう。

店舗アプリでチケットを販売する際は、アプリさえあれば簡単な操作でチケットを表示でき、煩わしい発券手続きは不要であることをアピールすると効果的です。店舗アプリでイベントチケットを販売し、多くのユーザーに来店してもらうことにより、店舗の商品やサービスの良さを知ってもらう機会につながります。

サブスクリプション(月額課金制)       

店舗アプリでは、月額定額サービス(サブスクリプション)の提供をアピールすることもできます。サブスクリプションは、決められた月額料金を支払えば、その店舗のサービスを繰り返し利用できるサービスのことです。サブスクリプションの範囲内であれば、その都度代金の支払いをする必要がなくなるので、ユーザーは便利さやお得感を感じやすくなります。例えば、飲食店であれば、月額料金を支払うことで毎日1食分のメニューを食べられるサービスや、カフェやバーであれば毎日1杯まで飲み物を飲めるサービスが考えられます。

また、美容院であれば、月額さえ支払えば好きなときにヘアコンディションを整えてもらえるといったサービスなども考えられるでしょう。サブスクリプションではユーザーも店舗に足を運びやすくなるので、リピーターの獲得と増加が期待できます。

新規顧客とリピーターの集客は分けて考える       

店舗への集客を促すべきターゲットには、大きく分けて「新規顧客」と「リピーター」の2つがあります。店舗の収益アップのためには、この2つをしっかりと分けてそれぞれに向けた集客テクニックを仕掛ける必要があるのです。   

リピーターと新規顧客を分けて考える理由          

店舗売上につなげるための顧客獲得においては、とにかく客数を増やせればいいというものではなく、新規顧客とリピーターを分けて考える必要があります。なぜならば、新規顧客とリピーターでは、顧客獲得のための手法と重要性が異なるからです。それぞれに適した手法を考え、実践しなければなりません。まず、新規顧客には店舗を知ってもらい、興味を持ってもらう必要があります。不特定多数の人々に店舗の存在をアピールし、興味を引けるような宣伝手法が必要です。

リピーター獲得のためには、初来店時に満足してもらい再来店への希望を持ってもらうことが重要になります。また、顧客が店舗を離れているときでも店のことを思い出してもらえるような宣伝方法を実践することも大切です。具体的には、ポイントカードを発行して常に携帯してもらったり、定期的にSNSやDMなどで情報発信をしたりする方法があります。      

リピーター重視のすすめ          

新規顧客の獲得とリピーターの維持の両方を、同じ労力をかけて行うのは効率よくありません。力を入れるなら、リピーターの獲得と維持のほうを優先しましょう。なぜならば、新規顧客獲得の獲得よりもリピーター維持のほうがコストを低く抑えられるうえに、新規顧客にもつなげられて一石二鳥の効果があるからです。リピーターの場合、すでにお店の顧客なので、新たにお店を知ってもらうための手順を踏む必要がなく、コストを低く抑えられます。また、リピーターがSNSなどを通じてお店を話題にしてくれれば、口コミによる新規顧客獲得も見込めるでしょう。リピーターによる紹介制度を設けることで新規顧客の獲得につなげることもできます。          

リピーター重視集客の方法でおすすめは店舗アプリ           

リピーターの維持と定着を目的とした集客方法を選ぶなら、店舗アプリが適しています。店舗アプリを通して、会員限定ニュースなどユーザーにとって役立つ情報を発信すれば、来店効果が期待できます。また、スマートフォンアプリのプッシュ通知であれば、ユーザーが気づいたときにワンタッチで開封しやすいので、メルマガよりも情報を確認してもらえる確率が高くなります。さらに、アプリ内で使えるスタンプカード機能を搭載すれば、再来店を促しやすくなるでしょう。             

店舗アプリでの集客事例3選    

店舗アプリを導入して集客に成功した例としては、ジオターゲティングを用いた集客、サブスクリプションを導入した集客、割引クーポンやポイント、紹介制度を使用した集客などがあります。実際の成功事例として、スシロー、オートバックス、LocalBrandの集客方法について見ていきましょう。 

11-1.事前予約システムとポイントの特典が魅力「スシロー」 

飲食店での待ち時間は、多くの人にとってストレスでしょう。スシローではこの点に着目し、店舗アプリに事前予約機能を設けることで、顧客が家にいる時点で店舗予約を可能にし、待ち時間のストレスを解消することに成功しました。また、店舗アプリにポイントシステムを導入し、貯まったポイントに応じてオリジナルグッズを交換できるサービスを行いリピーターの維持と定着を図っています。   

最適なタイミングでプッシュ通知「オートバックス」     

オートバックスは、店舗アプリのプッシュ通知を上手く活用することで集客に成功しています。もともと、オートバックスは紙のDMを送付したりメール配信をしたりすることで情報を発信していました。しかし、これらの方法では開封率が低く、ユーザーに必要な情報を届けることができていなかったのです。そこで、オートバックスは店舗アプリにおいてプッシュ通知を試してみたところ、DMやメールと比べて開封率がアップしたのです。それだけでなく、ユーザーに情報を見てもらえることで、購入率アップにもつながりました。

そのほかにも、予約システムや店舗検索システムを搭載することで、実際に店舗に足を運んでもらいやすい環境を整えています。こうすることで「オンラインからオフラインへの行動を促す」という流れをつくることにも成功しました。オンラインだけでマーケティングの成果を分析しようとすると、アクセス解析など専門的な知識に長けたスタッフが必要になります。その点、オフラインにつなげられれば、実際に店舗に来てもらい、購買行動をとってもらいやすくなるため、来客数と販売数を照らし合わせるだけで分析が可能となるのです。          

コスト削減に成功!ジュエリーショップ「LocalBrand」 

ジュエリーショップの LocalBrandでは、もともと会員カードやDMを紙で作っていました。それを店舗アプリに切り替えたところ、印刷コストを下げることに成功したのです。そして、店舗アプリでクーポンを発行するようになると、月に150~250回利用され、顧客の来店数も伸びていきました。また、クーポンは店舗アプリをダウンロードしてもらえるきっかけともなったのです。その結果、多くの顧客に店舗アプリおよびポイントカードを利用してもらえるようになりました。さらに、ポイント還元を実施することで、再来店効果にもつながっています。             

店舗アプリ作成サービス「UPLINK」で簡単にアプリを作れる       

店舗アプリの導入を視野に入れているなら、店舗アプリ作成サービスの利用を検討してみましょう。店舗アプリを最初から自社で開発しようとすると、人材コストや制作の手間がかかるものです。その点、店舗アプリ作成サービスであれば、人材の調達や制作会社との交渉や調整などの手間を省くことができます。また、一定額で作成可能なので、コスト削減にも有用です。店舗アプリ作成サービスのUPLINKであれば、約25営業日でアプリを完成させることができ、すぐに運用できます。また、UPLINKはパソコンやスマートフォンから基本的な操作を行うだけでアプリの制作が可能です。

アプリが完成した後も、実際の運用について専任スタッフのサポートを受けられます。なお、サーバ運用保守や新機種スマートフォンの対応、アプリ公開などのシステム関連費用も月額料金に含まれるので安心です。

UPLINKでできること

UPLINKにはさまざまな機能があるので、活用次第で店舗の集客ニーズに大いに役立てることができます。まず、UPLINKでは、店舗集客のための機能がそれぞれ動画で紹介されているので設定が簡単です。また、UPLINK利用開始後も、それまでブランディングやPRで使用していたSNSやブログ、公式サイトなども専用アプリから直接遷移可能なので、もともとの集客コンテンツを無駄にすることなく有効活用できます。アプリで期間限定クーポンを配信したり、スタンプカード機能を付与したり、そのほかにもお得な割引やプレゼントなどを用意するなどして「アプリを利用している特別感」を演出できます。これにより、特に集中的に集客が必要な時期に顧客の再来店を促す効果を期待できるでしょう。

UPLINKでは、顧客と1対1でトークできる機能もあるので、店舗やサービスに対する疑問点や要望などについてリアルタイムでコミュニケーションを取れるのも魅力です。アプリのデザインも豊富なので、個別にチューニングでき、同一ブランドの複数店舗を1つのアプリ内に掲載することもできます。また、店舗の個性を活かしたデザインのアイコンをユーザーのスマートフォンに表示させれば、店舗の特色を出したブランディングが可能です。

さらに、アプリユーザーについて各人の属性や来店スタンプ付与数などの詳細データをパソコンやスマートフォンで確認できるので、日々の情報更新作業も手軽に操作することができます。

・店舗アプリでお客様を固定化しよう!      

店舗集客に役立つ手法はさまざまですが、どれもある程度手間がかかるため、はじめから軌道に乗せるのは難しいものが多いと言えるでしょう。この点、店舗アプリであれば、ITの専門知識がなくても簡単に導入できる点がメリットです。また、店舗に合った機能を使えるので、工夫次第で大きな集客効果が期待できます。顧客の獲得やリピーターの定着を目指すなら、店舗アプリの導入を検討してみましょう。

]]>
店舗のポイントカードをアプリ化!低コストで簡単にアプリ化するには? https://www.uplink-app.com/column/2020/03/convert-store-loyalty-cards-into-apps/ Mon, 02 Mar 2020 23:32:50 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=94 飲食店や小売店などで、集客を目的にポイントカードを発行している店舗も多いことでしょう。しかし、紛失したり忘れたりしたら使えなくなってしまうのがポイントカードの難点です。ポイントカードは電子化してスマホアプリで管理すると便利です。この記事では、ポイントカードを電子化することのメリットとデメリットを紹介します。      

ポイントカードは店舗アプリで電子化するのがおすすめ    

ポイントカードには、再来店の促進や顧客管理など店舗側にとってメリットが多くあります。しかし、顧客側からすると、ポイントカードは決して便利とは言い切れません。紛失したり持ってくるのを忘れたりすると、ポイントが無効になったり、再発行の手続きが必要になります。一般的に多いのは磁気製のポイントカードですが、固いカードを何枚も常に持ち歩くのは手間であり、枚数が多いといざというときにサッと出てきません。加えて、ポイントカードを作るのに書類に記入しないといけないケースも多く、そもそも作るのが面倒だという声も聞かれます。

これらの理由から、ポイントカードの作成を断られた経験がある方も多いのではないでしょうか。

顧客にポイントカードの作成を断られてしまうことが多い場合におすすめしたいのが店舗アプリで電子化する方法です。ポイントカードやポイントシステムをアプリで電子化することによって、持ち運びの手間をなくせます。ここからは、店舗と顧客の双方にメリットがある店舗アプリをスムーズに導入するためのノウハウを紹介します。

店舗アプリとは     

店舗アプリとは、スマホアプリを活用した販促、集客ツールで、飲食店や小売店などで導入される機会が増えています。主な機能は、クーポンやスタンプの発行、プッシュ通知です。これらの機能により、従来のポイントカードと同様に、集客やリピーター獲得、顧客情報の一元管理が可能となります。

ポイントカードをアプリにするメリット        

ここからは、ポイントカードを電子化するメリットを紹介します。まず、アプリの場合、顧客のスマートフォンやタブレットにアプリをダウンロードしてもらうだけなので、磁気製ポイントカードのように印刷や発行のコストがかかりません。発行の際に書類に記入してもらう必要もないので顧客にも登録を勧めやすいでしょう。また、スマートフォンは常に持ち歩いていることが多いため、持参し忘れや紛失のリスクも軽減されます。さらに、過去に購入した商品やポイント残高もアプリ上で簡単に確認できます。

加えて、ポイントや購入履歴はスマートフォンのアカウントに紐づくため、機種変更してもデータを引き継ぐことが可能です。磁気製ポイントカードの場合、発行コストや余計な荷物が増える面倒さ、忘れるとポイント付与してもらえないなどを理由に申し込みを断る顧客も多くいたことでしょう。これらの問題を解消するべく、ポイントカードの電子化が推進されています。

ポイントカードをアプリにするデメリット     

ポイントカードをアプリにするデメリットもあります。まず、スマートフォンの充電が切れたら使えません。また、アプリをダウンロードできる端末を持っていない顧客はポイントシステムを利用できなくなりますし、アプリによってはデータを引き継げない場合もあります。さらに、磁気製カードを作らなくて良いのがアプリの一番のメリットですが、それが適応されるのは公式アプリだけです。サードパーティ製の非公式アプリは磁器製カードのバーコードを読み込んで登録しないといけないため、結局発行する手間やコストがかかります。          

店舗アプリ作成サービスなら簡単に作れる!       

店舗アプリは、アプリ作成サービスを使えば、誰でも簡単に作れます。「UPLINK」は、音楽配信事業などを手がけるUSENが提供している店舗アプリ作成サービスです。ポイントカードとしての利用に加えて、デジタルチケットや対象者を選べるプッシュ通知など、販促につながる機能が豊富にそろっています。現場でのニーズに応じて機能を選び、組み合わせて使えるため、短期間でのリピーター獲得やコスト削減が目指せます。マーケティング機能も搭載されているので、運用しながら自社アプリの利用状況や各機能の費用対効果を分析することも可能でしょう。さらに、UPLINKの場合、サポートやアフターケアも充実しているのでアプリ初心者にも安心です。

UPLINKのポイントカードの種類          

ここからは、UPLINKのポイントカードの種類を見ていきましょう。その前に、ポイントカード機能と混同されやすいスタンプカード機能の違いについて説明します。まず、ポイントカードとは、利用ごとに一定にポイントを貯めていく方法です。大きく分けて、「加算式・減算式」と「コンプリート式」があり、詳しくは次の段落で説明します。それに対し、スタンプカードの場合は、来店ごとにひとつスタンプが押されます。

スタンプが貯まると、自動的に割引チケットなどの特典がプレゼントされます。交換までに必要なスタンプ数は自由に設定可能です。特典をプレゼントしてもらうためにはあといくつスタンプが必要かも画面上で確認できますので、再来店の促進につながります。スタンプ付与はQRコードの読み取りで行えますが、うまく読み取れない場合には、店舗側で管理画面から認証コードを入力するとスタンプが付与されます。

3-1.加算式・減算式          

ポイントを貯めながら利用できる「加算・減算式」は、ポイントカードとしてもっともオーソドックスな形式です。サービスを利用するたびにポイントが貯まり、割引などの特典を受けることにより、累計ポイントから差し引かれる仕組みです。ポイントの上限は基本的にありません。ただし、安易にポイントを割引に充当し続ければ売上を圧迫してしまいますので、店舗と顧客双方にとってメリットのある仕組みを考えることが大事です。             

3-2.コンプリート式          

「コンプリート式」は、あらかじめ決められたポイント数を貯める形式です。設定したポイントが貯まると顧客にコンプリートチケットが発行され特典が付与される仕組みです。顧客にわかりやすい目標を与えられるという面では、スタンプカードとよく似ています。途中でポイント利用ができないため、設定ポイントが高すぎると、顧客がメリットを感じにくくなります。顧客の目線に立ち、このくらいなら頑張って貯めようと思えるようなポイント設定が肝心です。             

  • アプリのポイントカードで集客を成功させるコツ

最後に、アプリのポイントカードを集客に結び付けるための2つのコツについて説明します。まず1つ目のコツは、2回目か3回目の来店で、「無料券」などの特典を渡すことです。初回から特典を渡してしまうと、価格優先主義の新規顧客に利用されて終わってしまい、肝心のリピーター獲得につながりません。心理学で提唱されている「単純接触効果の法則」によると、人間は同じ店舗に3回程度通うと、その後も継続利用しやすくなるといわれています。ポイントカードの特典機能をうまく使えば、この法則が実践できるのです。

2つ目のコツは、来店でポイントが付く「来店ポイント」を戦略的に活用することです。たとえば、毎週火曜日をスタンプ2倍デーなどスペシャルデーに設定すれば、客足が伸びにくい平日の来店を促進できます。説明した2つのコツに共通するのは、ポイントカードの運用においては、ただ漠然とポイントを還元するだけでは継続的な集客につながりません。顧客側のほうから再来店を意識するように設計することが重要です。

・ポイントカードをアプリにして確実に集客に結び付けよう   

この記事では、ポイントカードを電子化するメリットとデメリットについて説明しましたが、比較するとメリットの方が多くあります。UPLINKを使えば、低コストで簡単に店舗アプリが作れるうえ、顧客に負担をかけずに販促に注力できます。この機会に、ぜひ便利なUPLINKを活用して自社のポイントカードを電子化してはいかがでしょうか。

]]>
実店舗でサブスクリプションは実施できる?アプリを使えば管理も楽! https://www.uplink-app.com/column/2020/03/can-i-subscription-service-at-the-store/ Mon, 02 Mar 2020 23:27:57 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=91 サブスクリプションとは、個々の商品やサービスにお金を支払うのではなく、サービスを利用できる一定の期間にお金を支払う仕組みのことです。売上アップや集客に役立つことから、サブスクリプションを導入する店舗が増えています。

しかし、興味はあるものの、どのように導入すればよいのか、わからない人も多いのではないでしょうか。そこで、サブスクリプションを導入するための課題や解決策を紹介していきます。

話題のサブスクは店舗でも取り入れられる!       

従来サブスクリプションは、動画配信サービスや音楽業界などで導入されていた仕組みで、お金を支払うことで一定の期間動画や音楽を楽しむことができるというものです。

こうした仕組みは幅広い範囲の業界に広がっているのです。

例えば、飲食業界では次のようなサービスが提供されています。まず、コーヒースタンド 「coffee mafia」では、月額定額制でコーヒー、またはドリンクが飲み放題のサービスを提供しています。また、アンドモワ株式会社では月額定額制で一部居酒屋店舗限定であるものの、ビールを含む全250種類のドリンクが飲み放題になるサービスを提供しているのです。

飲食業だけではありません。ルイ・ヴィトン、エルメス、グッチといった57ブランドのバッグがレンタル放題となる「Laxus」というサービスも存在します。

このサービスは、送料無料、レンタル期限なしで、利用者にとって使いやすいものとなっています。このほか、コスメ、美容室、自動車、おもちゃ、コンタクトレンズ、生花、写真プリント、スキンケア、家電、クリーニングといったありとあらゆる業界でも、サブスクリプションは活用されているのです。

店舗でサブスクを取り入れたいけど管理が大変そう           

サブスクリプションを店舗に導入したいものの、「運用上の管理が難しい」といった理由から見送っているケースは数多くあります。

例えば、月額定額制のサービスを紙製のカードなどで管理する場合、利用者が紛失してしまったり、持ち歩き忘れたりする可能性があるでしょう。そのため、紛失してしまった場合は再発行、持ち歩き忘れた場合は本人確認などの手間が発生してしまうのです。さらに、どのようにカードの再発行または本人確認を行うのか、本人以外によって悪用されないためにはどうすればよいのかといった問題も発生します。

また、月額定額制の場合、利用者にも店舗にも定期的に更新する手間がかかります。更新手続きには人手が必要なので人件費もかかってしまうでしょう。さらに、利用者と後でトラブルにならないように、契約書も作成しなければなりません。どのような契約内容にするのかも含め、契約に関しては煩雑な手続きが発生してしまう可能性があります。

UPLINKなら管理も簡単!       

サブスクリプションの運営上の管理の難しさを解決してくれるのが、店舗アプリ作成サービス「UPLINK」です。上手に活用すれば、簡単にサブスクリプションを店舗に導入することが可能です。まず、利用者のスマホにインストールしたアプリでサービスを管理するため、紙製のカードを使用したときに起こりがちな紛失の可能性がなくなるでしょう。それによって、店舗側のカード再発行・利用者の本人確認といった手間もなくなります。

次に、契約更新をする際もアプリ上で利用者が簡単に行うことができます。そのため、利用者が更新間際になって慌てて店舗に訪れ、手続きを行う必要がありません。利用者にとって使いやすい仕組みを作ることは、サブスクリプションを継続してもらえることにつながります。また、店舗側にとっても、サービスは気に入ってもらえたものの、更新の手間から継続してもらえず売上を逃すといったことがなくなるでしょう。

「UPLINK」のサブスクリプションは期間限定型、自動更新型の2つのタイプを選ぶことが可能です。また、サブスクリプションだけでなく、1回券、回数券の作成もできます。このほかにも、クレジットカードで利用料金を支払うことができたり、すでに店舗で行っているポイント・スタンプカードとの連携もできたりするのです。

サブスク導入のメリット

サブスクリプションを導入するメリットとしては、月初の時点でどのぐらいの収益があるのかを計算し、見込めることがあげられます。そのため、店舗の運営が安定するでしょう。ただし、店舗のサービス内容に満足できるのか不安なため、いきなりサブスクリプションを利用することに抵抗のある見込み客もいます。しかし、お試し期間を設けることで、サブスクリプションを利用することへのハードルを下げることができ、見込み客を新規客に変えることができるでしょう。また、クレジットカードによる事前決済とすれば、店頭での支払いなどの手間を省くことができるのです。その結果、お金を取り扱う回数が少なくなるため、レジの打ち間違いも減ります

・アプリを通して楽にサブスクを導入しよう!

サブスクリプションを始めることによって、月初に安定した収益を計算し、見込むことが可能です。また、「UPLINK」のアプリで管理すれば、利用者もカードの紛失や持ち忘れのリスクがなくなり、更新も楽にできます。一方、店舗側もカードの再発行や更新の手続きの手間などがなくなるのです。サブスクリプションの実施方法の一つとして「UPLINK」の活用を検討してみてはどうでしょうか。

]]>
実店舗でサブスクリプションサービスを始める!専用アプリは開発するべき? https://www.uplink-app.com/column/2020/03/start-a-subscription-service-at-a-store/ Mon, 02 Mar 2020 02:03:05 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=87 2018年世界のスマホアプリ売上高は前年比17%増の1010億ドルで、日本円にして約10兆9600億円でした。売上げが増えた理由として、定額で一定期間サービスを利用できるサブスクリプションサービスの存在があります。そんなサブスクリプションサービスの成長は留まることを知らず、今後は主流になっていくといわれています。そこで、サブスクリプションサービスの特徴やメリット、デメリット、リアル店舗での活用方法を紹介していきましょう。   

どうやって料金をとっているの?サブスクアプリの仕組み!

従来のサブスクリプションとは、雑誌の「予約購読」「定期購読」を意味していました。一般的には「定額課金型」のサービスのことで、お客様が月額料を支払えば一定期間サービスを受けられるビジネスモデルです。身近な代表例としてはAmazonプライムやNetflixのサービスがあげられるでしょう。最近では、ファッションや車、カメラなどサブスクのジャンルも多岐に渡り展開され、注目されています。いずれも定額の月額料金を支払うことで、対象の映像や音楽などのサービスが受けられます。

アプリ内課金とは?AppleやGoogleに手数料!?      

スマートフォンでアプリを利用したい場合、iOSはApp Store、AndroidはGoogle Playといわれる専用のアプリストアからダウンロードする必要があるのです。そして、開発したアプリをこれらのアプリストアから配信しようと思ったら、手数料を支払わなくてはなりません。手数料はアプリ自体の価格やアプリ内課金などを含めた売上から支払われることになります。

問題なのは、専用のアプリストアの手数料が高いことです。そのため、アプリ開発者の不満が募っているのです。たとえば、Netflixの場合はアプリストアの手数料が高すぎるため、サブスクリプションユーザーから月額料金を徴収する方法を変更する方針を打ち出しています。   

オンライン決済システムの利用でアプリストア手数料は回避できる

アプリストアの手数料を回避するための方法の一つとして、「Stripe」の利用があげられます。「Stripe」とはオンライン決済システムを提供するサービスで、提携すれば、オンライン決済システムの実装が可能になるのです。さらに、アプリ上からAIを活用して不正使用を防止したり、返金・売上を管理したりもできます。アメリカ国内では、オンライン購入者の約40%が「Stripe」を利用しているという折り紙付きです。

アプリ開発は手間・コスト・専門知識が必要!    

アプリを開発するためには、プログラミング言語の習得をはじめ、開発環境の整備(高スペックPCやソースコード管理サービス)、アプリを動かすためのサーバや構築など、さまざまな専門知識や技術が必要になります。そのため、これらの知識も技術もない初心者が短期間で高品質なアプリを作ることは非常に難しいといえるでしょう。             

アプリ作成サービスを使えば楽にサブスク運営が可能       

専門知識がない初心者は、アプリ作成サービスを利用するといいでしょう。ここでは当社が 提供している店舗アプリ作成サービス「UPLINK」を例にあげて説明します。

「UPLINK」ではデジタルチケットという機能があり、この機能を使えば簡単にサブスクリプションサービス用の定期券を発行できるのです。そのため、お客様にアプリ上で一定の月額料金を支払ってもらい、サービスを提供できるようになります。また、支払いはApple Payやクレジットカードで行うことが可能です。楽にサブスクリプションサービスを提供できることから、「UPLINK」は銭湯、美容室、インターネットカフェ、ファッションなどさまざまな店舗で利用されており、その数4000以上にもなります。       

アプリ作成サービスを使ってサブスクを始めるには?       

では、どのような流れで導入しサブスクリプションサービスを始められるのでしょうか。「UPLINK」の例を紹介していきます。      

アプリ作成の申込みから立ち上げまでの流れ       

一からアプリを制作するとなると、莫大な費用と時間が発生します。そのため、店舗で簡単にアプリを作ることは難しいのです。しかし、「UPLINK」の店舗アプリ作成サービスを使えば、低料金でしかも短期間でアプリを完成させられます。それは、店舗アプリに必要な固定の機能をベースに、個々のニーズに合わせた機能を取り入れている形でアプリを作っているからです。

「手順としては、まず、店舗側がどのようなアプリを制作したいのか、その要望を「UPLINK」がヒアリングいたします。そして、ヒアリング内容を反映したデザインの試作品を作ります。デザイン完成後、店舗側が試作品を見て、イメージに合っているかどうかをチェックします。イメージ通りであれば、そのまま本格的なアプリ制作を始めます。アプリが完成したらストアに申請し、公開。その後、デザインカスタマイズ、管理画面の使い方の説明を受け、アプリDL促進ツールなどのスターターキットを郵送いたします。その後、「UPLINK」が機能カスタマイズと店舗の基本情報を入力します。これらの工程を経て、約25営業日と短期間で完成するのです。」

また、アプリ完成後も「UPLINK」のフォローがあります。アプリ完成の1か月後から3か月間は、専任のフォロー担当者がアプリの運用や操作に関してお困りの点がないかを確認。運用状況の数値を可視化して改善策を提案します。そのため、これまでアプリを使ったことがない店舗も安心して運用ができるでしょう。

お客様にアプリをダウンロードしてもらう          

アプリを使ってサブスクリプションサービスを提供するためには、まずはお客様にアプリをダウンロードしてもらう必要があります。しかし、ダウンロードをするのには手間がかかります。そのような中、ダウンロード率を上げるためには、ダウンロード促進グッズを作り、プレゼントするなどの工夫を行うことが必要です。

また、サブスクリプションサービスを利用するお客様だけに絞っていると、お客様がダウンロードをしようとするハードルが高くなってしまいます。お客様がサブスクリプションサービスに申し込まなくても、ただ単にアプリをダウンロードするだけで、お得なサービスができるようにしておきましょう。そうすれば、ダウンロード率が上がります。

お得なサービスとしては、再来店を後押しするスタンプカードをはじめ、利用金額のアップを狙うポイントカード、お客様の来店のきっかけづくりになるアプリ限定クーポンなどが考えられます。このほか、店舗の外でもお客様とやり取りができるトーク機能などもあります。サブスクリプションサービスだけでなく、これらのサービスもアピールして、お客様をアプリに取り込んでいくとよいでしょう。

デジタルチケット機能を利用してサブスクサービスを運用!          

アプリのデジタルチケット機能を利用して、お客様にサブスクリプションサービスを提供するには、まず「どのようなサービス」を「いくらで」提供するのかを設定します。デジタルチケット機能ではサブスクリプションサービスのための定期券をはじめ、用途に合わせて1回券、回数券も発行ができます。定期券も期間限定型、自動更新型を選ぶことが可能です。提供したいサブスクリプションサービスに合わせて、どちらかのタイプを選ぶとよいでしょう。

また、デジタルチケットの利用率を高めるために、チケット購入でポイントをプレゼントするなどして、ポイントカードやスタンプカードと連携する機能を使えます。また、デジタルチケットは先着や抽選といった機能の設定もできます。しかも、抽選に関しては、手動または自動を選ぶことができるのです。

アプリ作成サービスを使ってサブスクをすぐ始めよう!      

アプリは一から開発すると時間も費用もかかり、さらにアプリストアの手数料が高いものです。そのため、サブスクリプションサービスを提供するというと、非常に難しいように感じます。しかし、「UPLINK」のアプリ制作サービスを使えば、実店舗でも簡単に運用することができるのです。「UPLINK」であれば、構想からリリースまでに短時間で販促などに注力することができるでしょう。

]]>
デジタルチケットを店舗運営に取り入れたい!メリットと導入事例 https://www.uplink-app.com/column/2020/03/i-want-to-use-digital-tickets-for-sales/ Mon, 02 Mar 2020 00:45:05 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=84 コンサートや飲食店などで用いられるようになった電子チケットを「デジタルチケット」と呼びます。デジタルチケットは時代とともに、使用される分野を広げつつあります。

この記事では、デジタルチケットの詳細、店舗経営者や運営者が導入するメリットなどを事例と一緒に解説します。記事を読んだ後では、デジタルチケットを深く理解できるでしょう。

デジタルチケットってどんなもの?

まず、デジタルチケットとはweb上で発券されるチケットの総称です。パソコンやスマホなどから手軽に購入可能で、さまざまな場所に適用されています。

利用のメリットとしては、任意の場所からすぐに購入できる点です。また、紙のチケットと違って紛失の心配がありません。一度購入すればデータとして残るので、スマホやパソコンさえあれば管理が楽です。

デジタルチケットの例

よく使われるケースとして、「ミュージシャンのライブ」が挙げられます。デジタルチケットなら入場の際、スタッフが簡単にチェックできるのでスムーズに観客を通せます。また、転売や譲渡といった問題に対してもある程度の抑止力を発揮するのが長所です。ライブのほか、小田急電鉄では乗車券の予約、決済にデジタルチケットを使うことがあります。フリーパスの発券、周辺の飲食店で使えるチケットの販売も行われています。

UPLINKではサブスクリプションの一環としてデジタルチケットを取り扱うようになりました。つまり、チケット一枚ごとにお金を払うわけではありません。チケットを取り扱っているサービスに対し、期間ごとの利用料金を支払います。そして、消費者はチケットを利用できる権利を手に入れられる仕組みです。”

デジタルチケットを店舗運営に導入するメリット

店舗を運営するにあたり、デジタルチケットを導入する魅力は少なくありません。以下、代表的なメリットを紹介します。

事前決済が可能

デジタルチケットは事前決済を実現できます。つまり、お客さんが店舗を訪れた際にはすでに会計が終わっている状態です。店舗で現金を取り扱う手間も時間も減らせるのは大きなメリットです。また、会計ミスを起こす[井内 隆太郎1] 不安も軽減できるでしょう。さらに、レジに割いていた人件費も少なくできます。もしくは、レジにかかっていた時間を他の業務にまわすことで、より効率的に店舗の運営を行っていけるのです。接客に使う時間が増えるなど、生産的な業務に注力できます。

売上の安定化につながる

デジタルチケットには、購入サイトで使用できるポイントなどを特典としてつけられます。「ポイント10倍セール」などのイベントを柔軟に打ち出しやすく、お客さんにお得感を訴求できます。さらに、デジタルチケットを知人、家族にギフトとして贈れる仕組みも増えてきました。紙のギフト券を贈るよりも簡単なので、ちょっとしたプレゼントに人気です。[井内 隆太郎2] [吉川 高志3] このようにさまざまな展開を広げていけるのも、デジタルチケットならではの魅力です。また、定期券のようにまとめてデジタルチケットを販売することもできます。店舗側に安定した利益がもたらされるので、経営状況も上向くでしょう。

店舗アプリでデジタルチケットを販売した例3選

ここからは、実際に店舗アプリを用いてデジタルチケットを導入した成功例を紹介します。それぞれ、利益向上や労力削減などの目的があり、これから導入する際の参考にできます。また、店舗のジャンルごとに適した導入方法があるので、自店の魅力を引き出せる形を探ることも大切です。

飲食店

居酒屋「molto!!」ではデジタルの定期券サービスを開始しました。一度会員になると、有効期限はありません。何度でも各店舗で会員料金のサービスを受けられる決まりです。スタンプカードやクーポンなどもデジタル画面で管理できるようになり、会員は紛失のリスクを防げます。店舗側からしても割引サービスを展開しやすいので集客につなげやすいのが魅力です。有料会員制を採用している店舗では、「molto!!」と同じ運用方法でデジタルチケットを展開可能です。

エステ店

セルフホワイトニングサロン「fastエステ」でもデジタルチケットが導入されました。セルフエステサービスの1カ月定期券をデジタルで発行しています。ポイントは、契約している限り自動更新になっていることです。月々の料金を支払う手間が削減されるので、気軽に入会できます。店舗側からしても、お客さんの継続的な利用を促せます。更新に対応する労力もなくなるので、業務を効率化させることが可能です。安定した収益を得られるのも大きな魅力です。

イベント企画・運営

イベント運営「YUMEZAKI」はバータイムを実施するにあたり、デジタルチケットを導入しました。「飲み放題チケット」を販売[井内 隆太郎4] [吉川 高志5] することで、お客さんが足を運びやすいようにしたのです。ただし、あえて販売数を限定してブランド力の維持に努めています。希少価値があるからこそお客さんは飲み放題チケットをより強く求めるようになり、需要を高めているのです。

デジタルチケットでリピーターをたくさん呼び込もう!

店舗の労力を減らし、リピーターを増やせるのがデジタルチケットの魅力です。また、クーポンやサービスタイムといった柔軟なイベントに対応できるのもデジタルチケットの特徴といえます。店舗導入にあたっては、「UPLINK」のサービスがぴったりです。数々の事例があり、回数券や定期券にも対応しています。UPLINKなら業態に合わせた展開が実現するでしょう。

]]>
テイクアウトをアプリで予約できる!?モバイルオーダーアプリとは https://www.uplink-app.com/column/2020/03/you-can-reserve-a-takeout-with-the-app-what-is-a-mobile-order-app/ Mon, 02 Mar 2020 00:03:55 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=81 飲食店のテイクアウトの場合、ピーク時になるとレジに長蛇の列ができてしまいがちです。そうなれば、レジ業務に過度な負荷がかかってしまいますし、それを解消するために人を雇うとコストの増大につながってしまいます。ところが、モバイルオーダーアプリを導入すれば、そうした課題を一挙に解決することができるのです。まずは、この記事を読み、モバイルオーダーアプリについて理解を深めていきましょう。

アプリで予約!「モバイルオーダーアプリ」とは?

飲食店でテイクアウトを行う場合、従来であれば店舗を訪れてから注文する必要がありました。店が混んでいれば、当然、列に並ぶことになります。しかし、そうした状況はお客様にとっても従業員にとっても大きな負担です。一方、「モバイルオーダーアプリ」はその問題を解決する機能を備えています。そもそも、モバイルオーダーアプリとはなにかというと、スマホなどのアプリを利用した注文サービスです。

これを用いれば自宅や職場からの注文を受けることができますし、混雑しがちな時間帯でもスムーズに商品を渡せます。しかも、クレジットカードなどによる自動引き落としになっているため、支払いの手間も不要です。また、スタンプカードやポイントカードをモバイルオーダーアプリと連携している事例もあり、工夫次第でサービスの向上にもつながります。

モバイルオーダーのメリット・デメリット           

モバイルオーダーの導入を検討する際には、導入によるメリットとデメリットをしっかり把握しておくことが大切です。

まず、店側のメリットとしてはレジオペレーションの業務量を軽減できるという点が挙げられます。オーダーや決済のオペレーションが不要となるので、人件費の削減にもつながります。また、アプリでの決済になるため、紙の印刷費などの削減も可能です。それに、サービスの向上によって、売上やリピート率のアップが期待できる点も見逃せません。そのうえ、アプリを用いたクーポンの発行や新商品のPRによって来店者数を増やし、売上の向上を目指すこともできます。

逆に、主なデメリットとして挙げられるのが、導入コストが必要となるうえに、オペレーションを変更する手間がかかるという点です。また、接客を重視しているお店の場合は、お客様とのコミュニケーションの機会が減ることもデメリットだといえます。

一方、お客様の立場で考えた場合、待ち時間が少なくなり、注文や支払いの手間がなくなるのは大きなメリットです。さらに、アプリ導入によってクーポンやポイント発行が容易になるため、結果として、導入前よりお得になるケースが多々あります。

導入事例       

既にモバイルオーダーアプリを導入している代表的な店舗としては、スターバックスとマクドナルドを挙げることができます。導入を検討している人の参考になるよう、これらの店舗の事例について紹介していきます。             

3-1.スターバックス          

スターバックスは2019年6月26日より、東京都内の一部店舗からスタートするという形でモバイルオーダーアプリを導入しています。サービスの名称は「Mobile Order & Pay」で、支払い方法はスターバックスカードのみです。スターバックスの場合、新商品の発売日や土日祝日などには長蛇の列がよくできます。そのため、そうした日には利用を避けるお客様も一定割合存在し、大きな機会損失となっていたのです。モバイルオーダーアプリの導入はこうした問題の解消に役立つものと期待されています。

ちなみに、Mobile Order & Payの利用方法ですが、まず、「スターバックス ジャパン公式モバイル」アプリを起動し、利用店舗を選択します。次に、利用方法と商品を選び、「利用規約に同意の上、決済する」をタップして支払いを済ませれば手続きは完了です。あとは、商品の用意ができた時点でPush通知によるお知らせがあるので、それを確認して店舗に商品を取りに行くだけです。なお、受け取りカウンターには番号の書いた商品が並んでおり、自分の番号と照らし合わせたうえで商品を受け取るようになっています。

3-2.マクドナルド

マクドナルドの場合、ランチタイムになるとレジに行列ができ、注文から受け取りまでにかなりの時間がかかるという問題がありました。それを解消すべく、2019年4月10日よりモバイルオーダーを導入しています。最初は静岡県内の75店舗からスタートし、順次拡大していったのです。そして、2020年の1月27日以降は全国の店舗でモバイルオーダーの利用が可能となっています。ちなみに、支払い方法はクレジットカードやLinePayなどです。

実際に利用する際にはまず、「マクドナルド モバイルオーダー」アプリをインストールし、利用する店舗を選択します。そのうえで、メニューと受け取り及び支払いの方法を順次選んでいきます。あとは、確定ボタンをタップし、店舗に商品を受け取りに行くだけです。

  • モバイルオーダーアプリを作るには?    

モバイルオーダーアプリを作成する場合、選択肢としては大きく分けて2つのパターンがあります。一つは自前での作成、もう一つはアプリ作成サービスの利用です。まず、自前で一から開発するという方法ですが、これには自社の要件に合ったものを自由に作成できるというメリットがあります。その代わり、コストと手間は膨大です。初期コストだけで数百〜数千万円程度は必要となりますし、そのうえ、アプリを保守するためのコストが継続的に発生します。また、アプリの開発には熟練者でも数カ月を要するため、導入まで時間がかかるという問題があります。それになにより、実施するための人的リソースの確保が難しいのが最大のネックです。

一方、作成サービスを選択すれば、これらの問題点はほぼすべてクリアできます。コストはぐっと安くなりますし、人的リソースを確保する必要もありません。自社の要件にぴったり合ったものがないという可能性はあるものの、複数のアプリからより近いものを選ぶことは可能です。以上の点から、どちらにするか迷っている場合はアプリ作成サービスの利用がおすすめです。

・アプリを通して店舗運営をもっと便利に!

モバイルオーダーアプリを導入すれば業務の効率化を図ることができるうえに、お客様に対するサービスの向上にもつながります。つまり、コストダウンと売上アップを同時に目指すことができるのです。さらに、業務の効率化によってできた空き時間を有効活用することも可能です。お客様にとっても店側にとってもメリットの大きなモバイルオーダーアプリの導入を一度検討してみてはいかがでしょうか。

]]>
【実店舗運営】デジタルチケットのトラブルって?賢く使う3つのコツ! https://www.uplink-app.com/column/2020/03/i-ll-tell-you-3-tips-to-use/ Sun, 01 Mar 2020 23:50:22 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=78 デジタルチケットはコンサートなどで導入されるケースが増えているものの、トラブルが多発していることから安全に利用できるのか疑問に思っている人もいるでしょう。しかし、うまく活用すれば店舗に導入することも可能です。そこで、デジタルチケットを導入する際の注意点やよくあるトラブル、メリットやデメリットなどを紹介します。デジタルチケットを導入するためのノウハウを知って、売上の向上や集客に役立てましょう。

デジタルチケットとは?店舗運営にも導入できる!

デジタルチケットは主にコンサートやライブなどで多く導入されています。スマートフォンやタブレットでQRコードなどを表示し、読み取り機にかけるだけで入場できるチケットです。紙のチケットとは異なり、郵送したりコンビニエンスストアなどで発券したりする手間がかからないことから、注目を集めています。なお、デジタルチケットはコンサート会場に限らず、店舗で導入することも可能です。

店舗アプリを使用すれば、1回券や回数券、定期券などさまざまな種類のチケットを発行できます。さらに、アプリによっては既存のスタンプカードやポイントカードと連携する機能もあるため、利用者もチケットやポイントカードを持ち歩く必要がありません。デジタルチケットを利用したいときは、スマートフォンでQRコードや認証コードを表示するだけで、手軽に利用できます。

たまに話題になる「デジタルチケットのトラブル」って?

デジタルチケットを導入しているライブ会場などでは、たびたびトラブルが起きて話題になることがあります。たとえば、SNSなどを通じて転売されたチケットを購入し、代金を振り込んだものの、販売者からの連絡はなくチケットも送られて来なかったというケースは少なくありません。さらに、チケットを譲渡してもらう約束をしたものの、名義の変更が行われなかったり、使用済みだったりして入場できなかったという人もいます。デジタルチケットも紙のチケットと同じく、一度入場してしまうと復元はできないため、慎重に取り扱わなければなりません。

譲渡の方法もチケットを発行するシステムにより異なるため、譲渡する前に必ず手順を確認する必要があります。そもそも、転売されたチケットでの入場を受け付けていない会場も多いです。また、ネットでチケットを購入する際、チケット仲介サイトを公式サイトと間違えてしまう人もいます。そのようなサイトで購入するチケットは、公式サイトよりも高額だったり、会場の方針により発券番号が無効にされていたりする可能性が高いです。

たとえ公式サイトで購入したチケットでも、ログインできないなどのトラブルが起きれば発券ができなくなってしまいます。カスタマーサービスも、イベントの当日は混雑することが多く、すぐに対応してもらうのは難しいでしょう。夜間は対応していないこともあり、問い合わせてもトラブルが解決できる保証はありません。ただし、ここで紹介したのはライブ会場やコンサート会場でトラブルになった事例です。実店舗でデジタルチケットを導入した場合に、同様のトラブルが起きた例はあまり聞きません。”

店舗がデジタルチケットを導入するメリット

デジタルチケットはライブやコンサートに限らず、実店舗でも非常に便利なツールです。ここからは店舗がデジタルチケットを導入する場合の具体的なメリットについて紹介します。    デジタルチケットはライブやコンサートに限らず、実店舗でも非常に便利なツールです。ここからは店舗がデジタルチケットを導入する場合の具体的なメリットについて紹介します。   

チケットの紛失防止になる

デジタルチケットはスマートフォンなどの端末でQRコードや会員証を表示するだけで利用できます。そのため、紛失のリスクが低いです。紙のチケットを紛失してしまった場合、再発行をしないと利用者とのあいだで揉め事に発展する可能性があります。再発行を行うとしても、購入者の氏名や連絡先、チケットを購入した時間や場所、紛失時の状況などを確認する手間がかかってしまうでしょう。このように、事後対応にもコストが発生するため、店舗側の負担が非常に大きくなってしまうのです。一方、デジタルチケットなら発行したチケットに関する情報は、アプリの管理画面から確認できます。そのため、信頼性が高くトラブルにもつながりにくいというメリットがあるのです。

お客様がすぐ簡単に購入できるため機会損失がない

デジタルチケットはインターネット環境と端末さえあれば、その場で購入手続きができます。わざわざ店舗に出向く必要がなく、欲しいと思ったときにすぐ購入できるので、機会損失のリスクを抑えられるのです。さらに、デジタルチケットなら店舗の営業時間外でも購入できるため、時間の制約を受けないのも魅力です。解約の際はネット上から即座に手続きができます。利用者が気軽に購入できることから、購入障壁が低くなり、利用者数の増加が期待できるのです。

前払いなので売上が安定する

デジタルチケットは基本的に前払い制です。定期券のように利用できる期間が限定されているチケットや、利用期限が切れると自動的に購入手続きが行われる自動更新型のチケットも先に料金が支払われるため、利用者が安定した売上を確保できます。さらに、紙のチケットからデジタルチケットへ切り替えることにより、店舗決済のコストを削減することも可能です。また、店頭で現金を取り扱ったり、会計の順番を待ったりする必要もなく、セキュリティや顧客満足度の向上も期待できるでしょう。

店舗がデジタルチケットを導入するデメリット    

デジタルチケットにはさまざまなメリットがある一方で、デメリットも存在します。店舗への導入を検討するのであれば、具体的なデメリットについても知っておきましょう。

セキュリティ面で不安を感じる人がいる      

仲介サイトの中には大々的に広告を出しているサイトもあり、デジタルチケットの購入に慣れていないと、間違えて利用してしまうことも多いです。仲介サイトだった場合は、本来の価格よりも割高なチケットを買わされるおそれがあります。このように、デジタルチケットに抵抗を感じる顧客が多いと、かえって機会損失につながってしまう可能性があるのです。

スマホのトラブルのせいでまれに使えないことも      

デジタルチケットを利用するためにはスマートフォンやタブレットなど、インターネットに接続できる端末が必要です。しかし、バッテリー切れや通信制限、端末の故障などによりチケットを提示できないと使えなくなってしまいます。利用者が所持する端末のトラブルは、店舗側で解決するのは難しいです。チケットを利用する際はバッテリーの残量や通信速度に注意するよう促すといった対策しかとれません。

たとえQRコードや会員証をプリントアウトしたり、画面をスクリーンショットで保存したりしたとしても、店舗が導入しているシステムによっては利用できないことがあります。また、端末やデジタルチケットの取り扱いになれていない顧客にとっては、紙のチケットやポイントカードのほうが扱いやすいと感じることもあるでしょう。結果的に客足が遠のいてしまう可能性もあるため注意が必要です。

金銭トラブルが起きることも   

ライブやコンサートのデジタルチケットには、譲渡や転売ができるものもあります。しかし、店舗で導入する場合は、転売できない仕組みをとることでトラブルを防止できるでしょう。ただし、紙のチケットや金券と同様、有効期限や払い戻しについて明確なルールを決めておかないと、苦情やクレームに発展する可能性があるため注意が必要です。特に、デジタルチケットの販売はネット上で行われるため、購入者と対面する機会はありません。口頭で説明することもできないため、誤解がないよう十分に配慮する必要があります。          

店舗がデジタルチケットを導入する時の注意       

実店舗でデジタルチケットを導入する際は、いくつかの注意点があります。まず、端末の不具合やシステム障害などにより利用者がデジタルチケットを提示できない場合の対処法を決めておきましょう。たとえチケットを表示できたとしても、端末の画面が割れていたり、ヒビが入っていたりすると、認識できない場合があります。デジタルチケットを利用する際は、画面やバッテリーの状態に気を付けるよう注意してもらうことも大切です。また、ログインIDやパスワードが間違っていれば、もちろんチケットは利用できません。

万が一、チケットを提示できないという利用者がいたら、IDとパスワードが間違っていないかよく確認してもらう必要があります。ただし、情報漏洩などのトラブルを防ぐためにも、IDとパスワードは慎重に取り扱わなければいけません。ログインするときはセキュリティに不安のあるフリーWi-Fiは利用せず、IDとパスワードの入力画面を第三者に見られないよう注意を促しましょう。チケットの有効期限を設けている場合は、わかりやすいよう明記します。

実店舗にデジタルチケットを導入してできるようになること           

デジタルチケットを実店舗に導入すると具体的に何が変わるのか、気になっている人もいるでしょう。まず、前払い制にすることで、安定した売上を確保することが可能です。顧客側も事前に購入金額がわかるうえ、追加料金も発生しないので、安心して利用できます。さらに、デジタルチケットはネット上で事前決済を行うシステムなので、店頭で現金のやり取りをする必要がありません。

自宅や外出先でも買えることや、手軽に購入手続きや解約手続きができることから、チケットの利用時や来店時のハードルを下げることにもつながるでしょう。端末が手元にあれば使えるため、紛失のリスクを大幅に減らせるのも特徴です。また、自動更新型の定期券など、プランによっては契約更新の手続きをしなければなりませんが、デジタルチケットなら煩わしい手続きも、アプリを使って簡単に行えます。

デジタルチケットの運用を成功させる3つのコツ

初めてデジタルチケットを導入する店舗でも、コツさえ押さえていれば便利に使いこなすことができます。運用を成功させるためにも、これから紹介する3つのポイントを確認しておきましょう。          

サブスクリプションとして運用する       

1つめのコツは、デジタルチケットをサブスクリプションとして運用することです。サブスクリプションとは、料金を支払うことで一定期間商品やサービスを利用できる定額制のサービスを意味します。例えば、毎月定額で映画やドラマなどの映像コンテンツを視聴できる動画配信サービスも、サブスクリプションの一種です。その他にも、全国のシェアオフィスやコワーキングスペースが定額で使い放題になるサービスや、専用の駐輪ポートから自転車のレンタルや乗り捨てが自由にできるサービスなど、さまざまなサブスクリプションが打ち出されています。

また、サブスクリプションはサービスだけではなく、商品を販売する際にも活用できる方法です。たとえば、コスメを販売する店なら顧客ごとの肌質に合ったアイテムや、新商品のサンプルの詰め合わせを毎月販売するといった手法もとれます。デジタルチケットのアプリによっては、登録された決済方法から毎月自動的に料金を引き落とすプランも設定できるため、サブスクリプションとして運用できるのです。取り扱う商品やサービスの特徴と顧客の需要を考慮したうえで、個性的なサブスクリプションを提供してみましょう。             

支払い方法を充実させる          

2つめのコツは、支払い方法を充実させることです。支払い方法がクレジットカードに限られてしまうと、カードを持っていない人は購入できなくなってしまいます。クレジットカードの他にもコンビニ払いやQRコード決済サービスなどの決済方法を導入することで、顧客を逃してしまうリスクを減らせるでしょう。また、クレジットカードも複数の種類に対応できるようにするなどの工夫が必要です。

そのため、デジタルチケットを導入する際は、できる限り多くの支払い方法を利用できるサービスを選ぶ必要があります。たとえば、UPLINKではクレジットカード決済のほか、ApplePayでの決済も可能です。クレジットカードも6種類の会社に対応しているため、幅広い需要に応えられるでしょう。

チケット購入に特典をつける   

3つめのコツは、チケットの購入特典を設けることです。アプリによっては既存のポイントカードやスタンプカードを、デジタルチケットと連携させることができます。クーポンを発行したりプレゼントをつけたりなど、独自の特典をつけることで、顧客がデジタルチケットを購入するきっかけが生まれるでしょう。例えば、UPLINKならデジタルチケットの購入時、ポイントを多めに付与することができます。          

デジタルチケットを賢く店舗に導入してリピーター集客!   

デジタルチケットは賢く活用すれば、集客やリピーターの確保にもつながります。初めてデジタルチケットを利用する場合や、デジタルチケットの導入を検討している場合は、まずUPLINKに問い合わせてみましょう。UPLINKなら初めて導入する店舗でも、スタッフと相談しながら準備を進めることができるので安心です。さらに、アプリを作成すればスタンプカードやポイントカードと連携できます。

]]>
成功事例!店舗アプリを使えばO2Oマーケティングがこんなにうまくいく! https://www.uplink-app.com/column/2020/02/success-stories-o2o-marketing-with-store-apps/ Tue, 11 Feb 2020 23:45:08 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=68  集客が思うように伸びないと悩んでいる店舗経営者の中には、O2Oマーケティングに興味を持っている人もいるでしょう。しかし、実際にO2Oマーケティングを取り入れてみても上手くいかないケースもあります。そのような場合、店舗アプリを導入することでO2Oマーケティングが上手くいくことがあるというのを知っているでしょうか。そこで、店舗経営者向けに店舗アプリを活用したO2Oマーケティングについて紹介していきます。

お客様を店舗に呼び込む!O2Oマーケティングとは?

 O2Oとは「Online to Offline」の略称です。直訳すると「オンラインからオフラインへ」という意味であり、ビジネス用語としては「Webサイトやアプリなどを活用して実店舗へ顧客を誘導する方法」を指します。ネットワークの普及によって実店舗からECサイトまで、顧客との接点がそれまでに比べて増えました。O2Oはありとあらゆる顧客との接点を連携させるという点において、オムニチャネルマーケティングの一種とも言えます。

 O2Oがビジネスシーンにおいて注目されているのには、スマートフォンの普及拡大が大きく影響しています。スマートフォンの普及によって、消費者はオンラインでいる時間がとても長くなりました。つまり、リアル店舗の経営においてもオンライン上の顧客を上手く獲得することが重要になってきたのです。また、IT技術の進化によってQRコードやアプリなど、モバイル端末でできることが増えてきたのもO2Oの普及に一役買っています。

O2O集客には店舗アプリがおすすめ

 O2Oマーケティングを導入するには、店舗アプリを活用するのがおすすめです。しかし、どうして店舗アプリがおすすめなのか気になる人も多いでしょう。そこで、店舗アプリを活用してO2Oマーケティングを行うメリットについて紹介します。

店舗アプリを使用するメリット

店舗アプリを使用するメリットとしては、下記のものがあります。
・配布したクーポンで実店舗へ誘導しやすくなる
・SNSなどの使用・管理が簡単になり、実店舗をアピールしやすくなる
・初期費用等のコストがそれほどかからない
・プッシュ通知を活用すれば、より多くのユーザーに最新情報を伝えられる

 クーポンは消費者の来店意欲を刺激するのに、とても有効なアイテムです。しかし、フリーペーパーなどにクーポンを掲載すると、ほかの店舗との競合になってしまいます。自店舗だけのアピールができるという点で、店舗アプリを活用するのは大きなメリットです。また、アプリはオンラインで使用・管理できるため、同じオンライン上でやりとりするSNSとの相性が良いのも特徴です。導入にあたっては店舗アプリ専門の企業に委託すれば、過度にカスタマイズしないかぎり、それほどコスト面で高くなることはありません。

 また、情報のオンライン化が進んでいる現代では、テレビや新聞、メールも見ないという人が一定数いることも頭に入れておくとよいでしょう。店舗アプリのプッシュ通知があれば自動的にスマホの画面に表示されるため、ユーザーが閲覧してくれる可能性は高まります。

手間と費用がかかりそう?アプリ作成サービスなら大丈夫!

 店舗アプリの開発には手間や費用がかかりそうというイメージを持っている人もいるでしょう。しかし、それはゼロからアプリを開発するフルオーダーメイドの場合です。フルオーダーメイドは開発期間が長くなるケースが多く、それに伴って費用も膨大になります。一方で、ある程度の大枠があらかじめ定まっているアプリ作成サービスを利用するのであれば、それほど費用をかけずに導入することが可能です。店舗アプリに必要なさまざまな機能のなかから、自店舗に適したサービスを選べるので、自由度が高い点も魅力だといえます。

 たとえば、「UPLINK」では製作期間およそ1カ月半で、月額は1万9800円から利用可能です。完成後のアフターフォローも万全なので、費用対効果という面ではとても頼りになります。

アプリを使った実際のO2Oの効果は?成功事例3選

 ここまで、店舗アプリを活用するメリットについて説明してきましたが、実際に店舗アプリを活用してO2Oにどのような影響を及ぼした事例があるのか気になる人もいるでしょう。そこで、成功事例3選を紹介していきます。

ファミリーレストラン:ガスト

 日本でファミリーレストラン大手のガストは、公式アプリ内でさまざまなクーポンを提供しています。クーポンは顧客の年齢や性別、居住地、子どもの有無といった情報に紐づけられており、それぞれの属性に適したものが配布されるように配慮されているのが特徴です。ユーザーに不要なクーポンが届くことはないので、実店舗の集客力は必然的に高まるというわけです。実際に配信開始後、わずか1カ月半ほどで100万ダウンロードという実績を誇る超人気アプリとなっています。

 ガストにおける広告の7割ほどは新聞が占めており、アプリのユーザー数はその10%程度に過ぎません。しかし、クーポンの利用者数は新聞広告の1.5倍に達しているという事実からも、店舗アプリ経由でオフラインの集客につながっているといえます。

美容室: BALLOON HAIR 表参道

 ヘアサロンの「BALLOON HAIR 表参道」は、店舗とお客様の距離を縮めるために、スタンプカードやクーポン、プッシュ通知を導入することで、顧客の獲得につながりました。スタンプカード機能は特典などを活用すれば、来店のきっかけ作りや新しい楽しみの提供ができます。クーポン機能はお店で取り扱っているヘアケア商材やドライヤーなどの高額商品のクーポンを配布しているため、通常なら手が出しにくい商品も購入していただけるメリットがあります。

 一方、プッシュ通知も新サービスやヘアセットやメイクアップのムービーの案内に活用することで、顧客の顧客満足向上に役立ちました。また、カレンダー機能を利用して各スタッフの休みの日を公開しているので、予約する際にとても分かりやすいと好評となっており、結果的に来店までの導線ができお客様にとってのマイサロン化を実現させているとのことです。

和パスタ:こなな

 飲食店の「こなな」は、初回限定クーポンの導入からわずか1ヵ月で105万5千円の売り上げにつながりました。誕生月限定クーポンなど、独自の取り組みを強化してアプリを使用する輪を広げる努力をしている点も特徴です。また、従来の紙のスタンプカードを廃止し、店舗アプリに同様の機能を持たせました。顧客側は来店のたびに紙のカードを持ち運ぶ必要性がなくなったため手軽に集められるようになり、スタンプを貯めたいという顧客が増加した結果、さらなる集客につながっています。

 今後については、スタンプ特典などをもっと活用して集客につなげることを目標にしています。具体的には特典内容が書かれたPOPを店内に張り出したり、独自の「こななの日」(毎月7が付く日)を設定したりして、集客力を高めていくということです。

O2Oの成功の秘訣とは?

 O2Oの成功には店舗アプリが欠かせませんが、必ず成功するわけではありません。導入にあたってはこれから紹介する3つのポイントについて気を付けましょう。

テストマーケティングをする

 集客アップのためには、テストマーケティングを実行しておくことは重要です。テストマーケティングを行って、実際にユーザーがどのような反応を見せるかによって改善してから本格的に導入ができます。その結果、アプリのリリースと同時に失敗するようなリスクは減らせるでしょう。テストマーケティングを実行するときは、ユーザーの反応以外にも「どの経路からユーザーに届くのかという流通チャネル」を確認するのもポイントです。あらかじめ流通チャネルを確認しておくことで、効果的なアピール方法が分かります。

顧客分析をする

 店舗アプリを活用してO2Oマーケティングする場合、アカウント作成するときに顧客情報を入力してもらうようにすると顧客分析に役立ちます。年齢や性別、職業や住んでいる地域などを知ることにより、クーポン配信にもメリットが期待できます。たとえば、クーポンの利用率を調べることで、特定の年代や職業の人が魅力を感じる商品が分かるでしょう。すると、新メニューの作成や次回のクーポン配信の戦略に活かすことができます。ユーザー属性の分析につながるので、顧客情報を入手できるような仕組みにしておきましょう。

パーソナライズした情報・クーポンを配信する

 店舗アプリは店舗側のアイデア次第で、さまざまな活用方法が考えられる点がメリットです。店舗アプリを活用してO2Oマーケティングをする場合は、ユーザーの来店履歴やポイント獲得情報などからターゲットを絞って情報発信を行うこともできます。属性ごとに異なる内容の通知を送ることができるため、より効果的なアプローチが可能になるのです。導入前に、具体的にどのような通知が可能であるかをよく確認しておきましょう。

 よくある事例として挙げられるのは、「一度だけ来店した新規顧客限定の特別クーポン」です。初めての来店を次回の来店につなげることによって、継続的な顧客となってくれることを期待して発行します。また、来店履歴や購入履歴に連動してランク付けし、ランクアップするごとに特典を用意するといった方法も効果的です。

UPLINKはO2Oマーケティングを成功に導きます

 店舗アプリを活用するならUPLINKがおすすめです。UPLINKにはさまざまな機能が搭載されているので、O2Oマーケティングを行うのに適しています。具体的にはどのような機能があるのでしょうか。

複数店舗にも対応した顧客管理

 UPLINKには複数店舗をひとつのアプリで管理できる機能が備わっています。そのため、チェーン店として複数出店している場合であっても、簡単に管理することが可能です。たとえば、全店舗共有キャンペーンを打ち出したり、売上が悪い店舗の分析をしたりすることができます。店舗ごとにアプリを変えるわずらわしさがないのは、複数店舗の責任者にとっては大きなメリットでしょう。

顧客データ収集でマーケティングデータが手に入る

 UPLINKでは、ユーザー属性やアプリダウンロード数の詳細が分析可能です。それによって、顧客の属性や行動を深く掘り下げることができ、その時点で行っているマーケティングが期待している水準に達しているかどうかを客観的に判断できます。スタンプ付与数やプッシュ通知をオンにしているかどうかといったデータも把握できるため、さらに適切なマーケティング方法があるかどうかについて分析することも可能です。

顧客に呼び掛けられるプッシュ通知

 UPLINKではプッシュ機能を活用することで、ユーザーに情報をリアルタイムで届けることができます。また、すべての顧客に届けるだけでなく、特定の条件に合致したユーザーのみに送ることも可能です。事前に得ている顧客データを基にセグメントで絞り込みができるため、顧客のニーズに合わせて案内できるでしょう。その結果、プッシュ通知を見た顧客が来店したいと思うきっかけ作りに貢献します。

その他のおすすめ機能

 UPLINKには、そのほかにもスタンプカードやポイントカードといった機能を加えることが可能です。スタンプカードやポイントカードを導入することで、再来店を促すことができるでしょう。スマホがあれば簡単に導入できるため、スタンプやポイント用に特別な機器を導入するコストや手間はかかりません。また、UPLINKはトーク機能に対応していることも特徴です。顧客とチャットのように会話ができる機能であり、お問い合わせの対応等に柔軟に対応できます。顧客とのコミュニケーションツールとしての使用も可能であり、使い方によっては非常に便利な機能です。

ポイントを抑えてO2O集客を成功させよう!

 O2Oマーケティングでは、顧客情報を収集して正しいアプローチをすることが重要です。クーポンの配信やスタンプ機能などを利用して効果的なアプローチをすれば、オフラインでの集客につながるでしょう。店舗アプリの活用によって格段に顧客情報は収集しやすくなり、適切なアプローチが可能になるため、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

]]>
Facebookで店舗に集客したい!投稿のコツや成功事例を紹介 https://www.uplink-app.com/column/2020/02/i-want-to-attract-customers-to-the-store-on-facebook-introducing-tips-and-success-stories/ Tue, 11 Feb 2020 23:27:39 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=65 SNSを利用する消費者の増加に応じて、集客にSNSを活用する店舗が増えてきています。SNSで集客する際には、店舗ページの持てるFacebookでの集客を検討する人も多いのではないでしょうか。ひと言でSNSといってもそれぞれ異なる特徴があり、特徴に応じた運用をすることが求められます。ここでは、Facebook集客における投稿のコツや成功事例を紹介します。

Facebookを使った店舗集客とは?

Facebookを使用した集客には具体的にどのような特徴があるのか説明します。

1.他のSNSとここが違う!Facebook集客の特徴

まず、Facebookの特徴として、他のSNSに比べて幅広い年代に使用されていることが挙げられます。TwitterやInstagramなど、ほかのSNSは10代、20代の利用割合が多い傾向があります。これに対して、Facebookは30代以上の利用も多くなっているのが特徴です。

次に、Facebookでは店舗ページを無料で持つことができます。オープンしたばかりでお店のホームページがまだないという場合でも、ホームページ代わりに利用できるのがメリットです。ホームページよりも簡単に作成できるので、まずFacebookの店舗ページを作っておくというお店もあります。

他のSNSと比較してWEB検索で上位に表示されやすいというのも特徴です。検索エンジンでずっと上位に表示されるため、検索ユーザーの目に留まりやすくなり、結果として集客につながります。SEO対策として強いというのが、Facebookのメリットです。

2.企業の場合は個人アカウントではなく「Facebookページ」

Facebookのアカウント登録には2種類あります。1つは個人アカウント、もう1つは法人アカウントで「Facebookページ」と呼ばれます。個人アカウントはFacebookにログインしないと見ることができません。また、プライバシー設定で公開範囲を限定すると、友達など特定の人しか見ることができなくなります。一方、Facebookページは企業のページで常時公開されているため、誰でも見ることができるのが大きな特徴です。

GoogleやYahoo!で検索に引っかかるかどうかも、個人アカウントと法人アカウントの大きな違いです。個人アカウントでの投稿は検索エンジンには引っかかりません。一方、Facebookページは検索エンジンに表示されるので、検索ユーザーに見てもらえる可能性が高くなります。いわば無料の広告を出しているような感覚で利用することができるのです。投稿をより多くの人に見てもらいたいという場合は、有料でFacebook広告を出すこともできます。したがって、店舗集客にFacebookを利用するなら、法人アカウントであるFacebookページを作るのが良いといえます。

Facebook集客のメリット・デメリット

Facebookで集客をする際には、メリットとデメリットの両方を知った上で上手に運用しましょう。

1.メリット:無料で始められる

Facebookの大きなメリットは、無料で始めることができ、かつ無料で運用することも可能である点です。ページの開設も無料で、投稿もいくつ書き込んでも無料となります。ホームページを制作するには数万〜数十万という費用も時間もかかります。

この点、Facebookは作りたいと思ったらすぐに無料で作れるので、導入のハードルが低いのがメリットです。投稿も毎日更新しても無料ですし、むしろたくさん投稿するほど検索順位も上がるので良いといえます。

メリット:拡散性が高い

Facebookは拡散力が強いのもメリットです。拡散性とは、投稿内容がユーザーを通じて広がっていく可能性が高いことをいいます。たとえば、チラシ広告はポスティングなどで配布しなければ広まりません。一方、Facebookには「いいね」「コメント」「シェア」機能があり、ユーザーがいいと思った情報が勝手に拡散する仕組みになっています。

「いいね」は、「いいね」ボタンを押すことで自分の感情を他のユーザーに伝えることができます。「コメント」は投稿に対しての感想を伝えるもので、「シェア」は自分の友達と情報共有できる機能です。投稿に対してユーザーのコメントがつくと、新規投稿があったとFacebookが判断して上位表示してくれます。つまり、自分で投稿するだけでなくユーザーにコメントしてもらうことで、拡散力を維持できるというわけです。

デメリット:継続的に投稿しなければならない

Facebookにはデメリットもあります。いったんFacebookページを開設したら、継続的に投稿しなければならないという点です。1-1段落で、検索エンジンでFacebookページが上位表示され続けるとユーザーの目に留まりやすくなると述べました。しかし、上位表示されても更新日時が古いと、古い情報だから信用できないとユーザーに思われる危険性が高くなります。ユーザーの信頼を失ってしまうため、せっかくFacebookを利用しても新規顧客獲得にはつながりにくいのです。

そもそもFacebookユーザーには、タイムリーで新鮮な情報を好む傾向があります。いまどうなのかという情報を欲しがっている人が多いので、できるだけ新しい情報を投稿してユーザーの関心を高めることが大切です。

デメリット:フォロワーが多くないとそもそも見てもらえない

個人のアカウントでページを作成する場合は、Facebookユーザーしか投稿を見られないという点もデメリットになります。フォロワーが少ないと、どんなに良い情報を発信しても、そもそも見てもらえる確率が低くなってしまいます。

Facebookページの作り方

ここでは、Facebookページの作成方法について紹介します。まず、Facebook公式サイトにアクセスして、Facebookページの管理者となる個人のアカウントを作成します。必要項目に入力して個人アカウントを作成したら「設定」から「ページの役割」を選択肢、「新しいページの役割を割り当て」で管理者を追加すると、Facebookページを作れるようになります。

次に、カバー写真とプロフィール写真、ユーザーネーム等を設定し、ページ情報にお店の紹介となるような情報を書き込みます。次に、「お問い合わせ」などのCTA(コールトゥアクション)を設定して基本設定は完了です。新規の投稿を開始し、どんどんお店の魅力を広めていきましょう。

Facebook集客の成功事例

Facebook集客の成功事例として、2つの事例を紹介します。

1.花王

花王ではFacebookで商品紹介をしているほか、生活に役立つ情報を積極的に投稿することで自社のFacebook投稿をユーザーが日常的にチェックしてくれるような施策を行っています。その結果、リピーターの獲得につながりました。

2.フレンチレストランKeisuke Matsushima Tokyo

このお店では料理に使われている食材についての情報をFacebookで発信しています。どこでどう育てられた食材なのかという生産者情報を投稿することで、安心・安全な食材選びにこだわり持った店舗であることを自然と知ってもらうことができます。

これらの例に共通しているのは、単に製品や店舗情報だけを発信しているのではないということです。Facebookの拡散性を見越して、ユーザーが知りたい・見たい・他の人にも教えたいと思うような内容を投稿し、Facebookページのファンを増やすことで、結果的に集客にうまくつなげています。

Facebook集客のコツ

実際にFacebookで集客するにはどのようなことを意識すれば良いのか気になる人もいるでしょう。ここでは、Facebook集客のコツを3つ説明します。

ユーザーのためになる情報を発信する

Facebookで集客するコツは、ユーザーのためになる情報かどうかを意識して発信することです。商品や店舗の情報を知らせることも大事ですが、お役立ち情報などユーザー視点で見たときにためになるような投稿をすることが大事です。このFacebookページをフォローして継続的に投稿を見てみたいと思わせるような投稿を心がけましょう。

フォロワー限定の特典を用意

フォロワー限定の特典を用意するのも得策です。なぜなら、特典があるとユーザーにFacebookページを見るメリットがあると感じてもらえるからです。割引が受けられるフォロワー限定のクーポンなどを作って配布し、フォロワーになったほうがお得だと思ってもらえるようにしましょう。定期的に限定クーポンを発行するとユーザーもこまめにFacebookページをチェックするようになるので、自然と閲覧数がアップします。限定クーポンをもらえれば利用したいと思うのが人間の心理ですから、来店を促すことにもつながります。

他のユーザーとコミュニケーションをとる

ユーザーからコメントがあった場合は、できる限り返信するようにしましょう。コメントがあるたびに投稿の表示順位が上がりますから、コメントはエッジランクを上げてくれる大事な要素です。また、返信はユーザーとの大事なコミュニケーションにもなります。コメントに返信があれば嬉しいですし、商品や店舗を身近に感じるきっかけになります。コメントのやりとりを通じて、顧客ロイヤリティの向上にもつながるのです。

Facebookと「店舗アプリ」の併用がおすすめ

Facebook運用を効果的に行うには、店舗アプリとFacebook集客を併用するという方法があります。集客率がアップできる店舗アプリの概要とおすすめの併用方法を説明します。

店舗アプリって?

店舗アプリとは、飲食店等の店舗が集客を効率的に行うために作るスマートフォンアプリです。スマートフォンの普及率アップに伴って、手軽に利用できるアプリの利用者も増加しており、店舗アプリは重要な集客手段の1つになっています。店舗アプリには店舗やサービス紹介のほかに、ポイント管理やクーポン発券機能などをつけることができるのがメリットです。同じ業種の店があればお得なクーポンを使える店を選びたいのが顧客心理ですから、クーポンが使える店舗アプリは集客率アップ、リピート率アップにつながります。

プッシュ通知の開封率が高いのもメリットで、伝えたい情報をもれなくユーザーに伝えることが可能です。何度もアプリを利用するうちにユーザーが店舗に親しみを持つようになるため、ユーザーをファンにしやすい仕組みといえるでしょう。また、ユーザーの基本情報や利用率・利用額、開封率など顧客情報の一元管理ができるのも店舗アプリのメリットです。

Facebookと併用する方法

店舗アプリは、Facebookと併用することができます。店舗アプリはポータルサイトのようなもので、店舗情報だけでなく、FacebookなどのSNS投稿やYouTube、ホームページやECサイトなどと連携することが可能です。さまざまな宣伝媒体がありそれぞれ特性が異なるので、1つの媒体にあらゆる情報を詰め込むのはそもそも不可能です。店舗アプリを1種のハブにして各媒体を連携することで、たくさんの情報を漏らさずに伝えるというシナジー効果が期待できます。

Facebook集客とアプリの併用でより効率的な集客を

スマートフォンの普及に伴い、SNSを日常的に利用する人が増えてきました。中でもFacebookは店舗集客に大変役立つツールです。無料で使えるという点でも大きなメリットがあります。Facebook集客をする際には、Facebookページを作成して店舗アプリと併用する方法が良いでしょう。投稿のシェアもしやすくなり、より効率的な集客につなげることができます。

]]>
話題のサブスクリプション!店舗アプリを使えば簡単に導入できる!? https://www.uplink-app.com/column/2020/02/topical-subscription-it-can-be-easily-introduced-using-the-store-app/ Wed, 05 Feb 2020 23:39:28 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=52  注目を集めているサブスクリプションモデルとは具体的にどのようなものなのか、気になる人もいるのではないでしょうか。この記事では、サブスクリプションモデルの意味やメリット、成功事例や成功の秘訣などについて紹介します。そのうえで、店舗アプリを使用することでサブスクリプションモデルを導入する方法を説明します。

サブスクリプションモデルとは?

 サブスクリプションとは、利用期間に応じて利用料金を支払うシステムのことです。商品やサービスを購入するのではなく、一定期間利用する権利を購入します。定額制サービスと同じ考え方だと捉えてもらえればよいでしょう。わかりやすい例を挙げるならば、月額料金を支払って利用する動画配信サービスや音楽配信サービスなどです。

 従来は、DVDを購入して映画をみることやCDを購入して音楽をきくことが一般的でした。しかしスマートフォンなどの普及とともに、いつでもどこでも映画や音楽が楽しめるようになり、購入して所有することよりも手軽に利用できることに重きが置かれるようになったのです。

 サブスクリプションモデルは、サービスを受けるユーザーと提供する企業の双方にメリットがあるシステムのため注目度が上がってきています。従来であれば、とにかく商品やサービスを購入してもらうことを目的として開発をしたり宣伝をしたりしていました。サブスクリプションモデルにおいて重要なのは、顧客に継続して利用してもらうことです。そのため、顧客のニーズに対応して、継続的に質の高いサービスを提供し続ける必要があります。

サブスクリプションモデルのメリット

 サブスクリプションモデルの企業側と顧客側のメリットをご紹介します。

サブスクリプションモデルにおける企業側のメリット

 1つ目は、継続的な売り上げとして試算できることです。 従来のように商品やサービスを顧客に購入してもらう場合には、1つ売れれば大きな売り上げになりますが売れなければゼロという状態です。しかし、サブスクリプションモデルの場合には、月額料金と契約数が決まっており、解約されない限りはそのままの売り上げが見込めます。ある程度の顧客が獲得できれば、安定した売り上げを継続することができるでしょう。

 2つ目は、顧客管理が容易になることです。 自社サービスを利用しているユーザーの情報が得られることによって、どのような属性を持った人が顧客になりやすいのか、自社の商品やサービスのなかでどれが人気のものなのかなどのデータを取得することができます。ユーザーから意見や要望を吸い上げるなどのコミュニケーションを行い、サービスの向上に役立てることも可能でしょう。

 3つ目は、さまざまな業界や業種で導入できることです。 サブスクリプションモデルといえば、動画配信サービスや音楽配信サービスのようなデジタルコンテンツを思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、非デジタルの業界や業種でもサブスクリプションモデルの成功事例が増えてきています。非デジタルの業界や業種の成功事例については、後ほど詳しく取り上げます。

 4つ目は、ロイヤリティの高い常連顧客化が視野に入ることです。 定額制のサービスであるため、ユーザーは使えば使うほどお得になると考えて利用頻度が高くなる傾向にあります。利用頻度が高くなると、別料金が必要なサービスの利用も検討されることがあるでしょう。このように、利用頻度が高いと1人あたりの売り上げが多くなる可能性があります。

サブスクリプションモデルにおける顧客側のメリット

 1つ目は、使えば使うほど1回あたりの金額がお得になることです。 月額料金を支払えば契約期間中は利用し放題であるため、生活必需品や趣味のものなどよく利用するものほどお得になるでしょう。

 2つ目は、解約しやすいことです。 サブスクリプションモデルではトライアル期間を設けているものも多くあるため、気軽に契約して実際に使ってみて気に入らなかったらすぐに解約することができます。

 3つ目は、利用開始時のハードルが下がることです。 購入すると高額になるものは、慎重に商品やサービスを比較検討することでしょう。しかし、月額料金のサービスであれば、利用開始時のコストが購入する場合よりも抑えられるため利用しやすくなります。トライアル期間があれば、なおのこと利用開始時のハードルが下がるでしょう。

サブスクリプションモデルの成功事例

 サブスクリプションを実際に導入して成功している企業とは、どのようなところなのでしょうか。4つの企業の事例を紹介します。

コスメ:BLOOM BOX(ブルームボックス)

 BLOOM BOXは、スキンケアやメイクアップ、ボディケアやフレグランスといったビューティーアイテムを、4から5ブランド詰め合わせて届けてくれるサービスです。ユーザーには美容に関する悩みをビューティープロファイルに登録してもらい、そこからユーザーの好みやニーズを把握しています。ユーザーの好みやニーズに合わせて厳選したアイテムを届けるキュレーションサービスとして成功しています。

美容室:MEZON(メゾン)

 美容室のMEZONは、日本サブスクリプションビジネス大賞2019のシルバー賞を受賞しました。月額1万6000円、2万5000円、3万5000円の3コースがあり、提携美容室に通い放題になるサービスです。特定の気に入った美容室に通い続けることもできますし、気分によって美容室を変えることもできます。提携美容室ならばどこでも通い放題という、複数の店舗でのサブスクリプションモデルとして注目を集めています。

 通い放題といってもすべてのメニューが月額料に含まれているわけではなく、ヘアケアメニューが中心となっているため、ヘアケアのために通い始めたユーザーがカットやカラーのために別料金を支払ってくれる可能性もあるでしょう。新規1回のみの来店で終わることなく、新たな固定客を獲得するチャンスが生まれるのです。

カフェ:coffee mafia(コーヒーマフィア)

 coffee mafiaは、3000円会員ならば来店するたびに300円のラージサイズコーヒーを1杯無料で提供し、6500円会員ならば今月のスペシャルを除くすべてのソフトドリンクを無料で提供するというサービスです。来店する人の約8割が会員であり、固定客の獲得に成功しています。リモートワークの隆盛とともに、カフェで仕事をする人も増えたため、これからも需要が増えることが考えられるでしょう。定額制を取り入れることで、毎月の収入があらかじめ計算できることも大きなメリットです。

おもちゃ:トイサブ!

 トイサブ!は、日本サブスクリプションビジネス大賞2019のグランプリを受賞しました。0歳から3歳の子どもを対象に、成長に合わせたおもちゃや知育玩具を届けてくれるレンタルサービスです。年齢によって子どもが気に入るおもちゃは変わってくるため、成長するたびに購入していると出費もかさみますし場所も取ります。購入しても、子どもが気に入らないと遊んでくれない場合もあります。レンタルサービスであれば、定期的におもちゃを変えることができるため子どもが気に入らなかった場合でも安心でしょう。ユーザーは両親だけでなく、祖父母が孫へのプレゼントとして利用するケースもあります。

サブスクリプション成功の秘訣

 サブスクリプションを導入するときに、成功の秘訣として意識すべきポイントとはいったいどのようなところなのでしょうか。3つのポイントについて説明します。

割安と思えること

 ユーザーがサービスを利用することで、割安であると感じてもらう必要があります。元々自社のサービスを利用していた常連顧客からすれば、サブスクリプションモデルになることはお得でしょう。しかし、そもそも自社の店舗や商品を知らない人にとっては、ハードルが高いと感じざるを得ません。

 新規顧客獲得のためには、気軽に試せるトライアル期間などを設けることが望ましいでしょう。また、お得であっても、商品の品質や店舗の雰囲気といった顧客満足度につながる部分は保持しなければなりません。高品質であればファンの獲得にもつながりますし、いくら安くても品質の悪いものにお金を支払い続ける人はいないからです。

顧客データを分析し続けて改善を重ねること

 サブスクリプションモデルでは、ECよりも膨大な量のデータを蓄積することができます。問い合わせやクレームなどがあれば、顧客の声を反映するようにサービスを改善しましょう。ほとんどのケースでは、問い合わせやクレームなどがないまま解約されます。解約する人に共通する利用状況にはどのようなものがあるかデータから割り出し、解約されないための方策を打ち出す必要があります。常にデータを分析し、顧客のニーズに合わせてサービスを向上させていくことで、解約されずに選ばれ続けるサービスにしていくことが重要です。

使いやすく継続しやすいこと

 サービス自体が、誰にとっても使いやすいものであることが必要です。登録や操作が簡単であることはもちろん、顧客が希望する決済方法があることなども重要です 。顧客の状況はさまざまであり、状況に応じてプランやサービス内容を変更できないと解約につながる可能性があります。さまざまなニーズに沿ったプランが提供できるよう、選択肢を増やすことが望ましいでしょう。

 また、新規顧客獲得ばかりを考えていると、長期にわたって利用してくれている常連顧客が不満を抱えるケースもあります。自社サービスのファンを減らさないためにも、長期利用者を優遇する仕組みを作るとよいでしょう。長期利用者は、周囲の人に自社サービスをよいものとして勧めてくれる可能性が高いため、離れていかないような工夫をする必要があります。

店舗アプリを使えば簡単にサブスクができるようになる!?

 UPLINKにて店舗アプリを作成すれば、店舗アプリを使ってサブスクリプションを導入することができます。デジタルチケットと呼ばれる機能であり、1回券、回数券、定期券の3種類があります。このなかの定期券がサブスクリプションにあたり、事前決済はもちろんのこと店舗にわざわざ足を運ばなくてもアプリ内で契約更新ができますので、ユーザビリティが飛躍的に向上するでしょう。チケットはすべて店舗アプリ内で確認できるため、紛失などの心配がないこともユーザーにとってメリットです。

店舗アプリで可能性無限大のサブスクリプションを導入しよう

 サブスクリプションモデルにはさまざまなメリットがあり、いくつもの業界や業種にて成功事例があります。顧客満足度が重視される傾向になりつつあり、顧客満足度が高い商品やサービスであればサブスクリプションモデルに適しています。UPLINKで作成した店舗アプリを使って、サブスクリプションを導入してみてはいかがでしょうか。

]]>