【店舗アプリ作成サービス】UPLINK COLUMN https://www.uplink-app.com/column/ 店舗作成アプリのUPLINKが便利なアプリのTipsを公開 Tue, 04 Aug 2020 01:28:07 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=5.4.2 https://www.uplink-app.com/column/wp-content/uploads/2020/02/android-chrome-256x256-1-100x100.png 【店舗アプリ作成サービス】UPLINK COLUMN https://www.uplink-app.com/column/ 32 32 ポイントカードをアプリで導入!クーポンが配布可能などメリットいっぱい https://www.uplink-app.com/column/2020/08/pointcard-application-merit/ Mon, 03 Aug 2020 09:45:30 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=244 ポイントカードのシステムは、顧客側はもちろん店舗側にもさまざまなメリットがあります。スマホの普及にともない、従来のポイントカードからアプリへ移行する企業や店舗も多いです。そこで、アプリの導入を検討している人のために、ポイントカードアプリを利用するメリットやアプリの種類、代表的なアプリなどを紹介します。

ポイントカードアプリとは

ポイントカードアプリは、スマホなどにダウンロードすることで、従来のポイントカードのかわりにポイントの管理ができるアプリです。ポイントを発行している店舗や企業が提供する公式アプリなど、さまざまな種類のものが配信されています。そもそも、店舗にとってポイントカードとは、顧客の再来店を促しリピーターを獲得するための手段です。しかし、いざ会計時にポイントカードを提示された際、対応に時間がとられることも少なくありません。

また、顧客側も複数の店舗で発行されたポイントカードを常に持ち歩いていると財布がかさばるうえ、紛失のリスクもあります。そこで、両者の悩みを解決するために役立つのがポイントカードアプリです。アプリでポイントカードを管理すれば財布がかさばらず、楽に持ち歩けます。さらに、会計時の手間を省き、業務の効率化をはかる際にも効果的です。スマホでポイントを管理できるシステムを導入すれば、これまでスタンプカードやポイントカードを持ち歩くのが面倒で作らなかった顧客も利用を始める可能性が上がります。

ポイントカードアプリの仕組み

店舗や企業がポイントカードを発行する際は、まず商品やサービスの購入額や来店回数など、ポイントを付与する条件を決めます。顧客は店舗が定めた条件に応じて、ポイントを獲得できるという仕組みです。顧客はポイントカードを所持することで、ポイントと商品を交換したり、クーポンを利用したりなど、お得なサービスを受けられます。

一方、店舗や企業側はポイントカードを発行することにより顧客が再来店するきっかけを生み出し、販売促進効果を期待できます。

ポイントカードアプリのメリット

ポイントカードアプリは顧客に限らず、企業や店舗にもメリットが大きいツールです。ここからはアプリを利用することで期待できる具体的なメリットについて紹介します。

顧客の囲い込みになる

まず、ポイントを活用することで、顧客を囲い込む効果を期待できます。そもそも、ポイントカードとは店舗や企業から顧客に対して利益を還元するための制度です。顧客は貯めたポイントをプレゼントと交換したり、商品やサービスを購入する際に利用したりするため、頻繁に店舗に通うようになるでしょう。結果として、顧客満足度が向上し、店舗や企業に対して愛着を持ってもらえるという効果が期待できます。

なお、ポイントには大きく分けて大手企業が扱う共通ポイントと、グループ会社や系列店で使えるよう会社が独自に発行する自社ポイントの2種類があります。
これらのポイントの中でも、リピート率の向上につながりやすいのは自社ポイントです。ポイント制度を導入するだけではなく、クーポンを配布したり、ポイント付与率を上げるキャンペーンを実施したりすることで、よりリピート率を上げる効果が期待できます。

顧客の利便性アップ

アプリを導入することで顧客側の利便性が上がるという点も大きなメリットです。従来のポイントカードやスタンプカードは、持ち歩く際に財布がかさばってしまうという問題がありました。持ち歩きに不便だからという理由でポイントカードを作っていない顧客もいるでしょう。しかし、ポイントカードアプリで管理すれば、カードそのものを持ち歩く必要がなくなります。ポイントカードを利用する顧客が増え、購入時にポイントが利用されるようになれば、企業や店舗の収益にもつながるでしょう。結果として、経費の面でも大きなメリットが期待できます。

来店促進・販売促進

ポイント制度に最も期待できる効果として、商品やサービスの販売促進と顧客の再来店促進が同時に狙えるという点が挙げられます。ポイントカードに貯めたポイントは、簡単にいうと特定の店舗でしか使えない専用通貨です。たとえポイントという形でも、お金を持つと使ってみたいと考える人は多いでしょう。つまり、ポイントを発行すれば、再購入や再来店のきっかけを効果的に生み出すことができます。アプリを利用する顧客に向けてクーポンを発行するなどの対策を行えば、さらなる効果が期待できるはずです。

顧客の管理がしやすい

ポイントカードアプリは顧客管理システムとして活用することも可能です。従来のスタンプカードやポイントカードは顧客データの管理が難しいというデメリットがありました。アプリを導入することで、顧客情報や購入頻度などのデータを簡単に抽出し、分析できる環境が整います。データの分析結果をもとに、顧客の隠れたニーズがわかれば、リピーターの獲得や再来店率を向上させるための対策を立てる際に役立つでしょう。

アプリは2種類に分けられる?

スマホの普及にともない、多くの会社からポイントカードアプリが発行されています。そのため、どのアプリを使うべきか迷ってしまう人もいるでしょう。ポイントカードアプリは大きく分けて公式アプリと非公式アプリの2種類があります。ポイントカードアプリを導入する前に、それぞれのアプリの特徴やメリット、デメリットなどを知っておきましょう。

公式アプリ

公式アプリはポイントの発行元や発行元と連携する会社により配信されているポイントカードアプリです。ダウンロードすると利用者限定のクーポンが配信され、キャンペーンに参加できたりなど、お得なサービスを提供しているアプリもあります。公式アプリは基本的に発行元のポイントしか使えないものの、ポイントに加盟している店舗ならほぼ確実に利用できる点がメリットです。店舗側から拒否されるケースはほとんどなく、顧客も安心して使えるでしょう。

非公式アプリ

非公式アプリはポイントや製品を提供する企業ではなく、サードパーティーと呼ばれる第三者企業が配信するアプリのことです。会社や店舗によっては、ポイントカードを発行していても公式アプリを提供していないことがあります。そのような場合でも、非公式アプリを使えば会員カードやポイントカードを管理できる点が特徴です。登録できるカードの種類が多く、発行元が異なるカードも一括して管理できるというメリットもあります。ただし、非公式アプリは公式アプリとは違い、店舗によっては使えなかったり、利用を拒否されたりする場合もあるため、利用する際は注意しなければなりません。

こんなアプリが使われている

ポイントカードアプリの導入を検討するにあたり、実際にどのようなアプリが使われているのか気になっている人もいるでしょう。 例えば、一つのアプリで複数のポイントカードを管理するのであれば、LINEマイカードやStocard、スマホサイフなどが代表的です。一つのブランドに特化したアプリなら、TカードやPontaカード、ビッグカメラ、ヤマダ電機などの公式アプリが挙げられます。これらのアプリはポイントを貯めるだけではなく、クーポンを発行したり、最新の情報をプッシュ通知で知らせたりする機能が備わっているのが特徴です。公式アプリに限らず非公式アプリでも、クーポンを配布したりキャンペーンを行ったりなど、それぞれに独自のサービスを提供しています。

アプリの作成ならUPLINK!

ポイントカードアプリは企業や店舗だけではなく、顧客にもメリットが大きいツールです。UPLINKは最先端のアプリ機能により、業務の効率化やキャッシュレス化、コスト削減や集客、人手不足などあらゆる悩みを解決するサポートを行っています。店舗が抱える課題を解決するために役立つ機能があらかじめ用意されているため、低価格かつ短納期のアプリを手軽に作成できるのが特徴です。

]]>
これからはポイントカードをアプリで管理!実際のカードは捨てても大丈夫? https://www.uplink-app.com/column/2020/08/pointcard-appli-management/ Mon, 03 Aug 2020 09:45:14 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=251 スマホの普及にともない、ポイントカードをアプリで管理する人が増えつつあります。ポイントカードをアプリで管理すれば、財布がカードでいっぱいになってしまうことがなくなり、持ち歩きやすくなるでしょう。そこで、ポイントカードを管理できるアプリの種類や特徴、使わなくなったポイントカードの保管方法などを詳しく紹介します。

ポイントカードをスマホで管理するメリット・デメリット

ポイントカードをスマホのアプリで管理する方法のメリットとして挙げられるのは、紙やプラスチックのカードを持ち歩く必要がなくなるという点です。アプリで管理すれば、大量のポイントカードで財布の中身がかさばることもなくなるので、スマートに持ち歩けるという魅力があります。また、使用頻度が少ないポイントカードは、家に置き忘れたり紛失してしまったりするリスクがあります。必要な場面でカードが手元になく、ポイントがためられないといった事態を避けられるのもメリットの一つです。

さらに、ポイントカードを管理するアプリの中には、割引クーポンを配布できるものもあります。ポイントをためられるだけではなく特典をつけることにより、新規顧客やリピーターの獲得にもつながるのです。ただし、スマホの電池が切れてしまうと、アプリも使えなくなってしまうのは大きなデメリットといえるでしょう。アプリそのものの更新が行われた場合は、再度ログインをする必要が生じるなど、使いたいときにスムーズに起動できない場合もあります。店舗によってはアプリに対応していないケースもあるため、どこでも利用できるわけではないという点も忘れてはならないデメリットです。

ただし、電池切れなどのトラブルでアプリを使えなかったとしても、会員番号や電話番号を伝えることでポイントを付与できる可能性があります。万が一、アプリの起動や提示ができなかった場合に備えて、アプリが使えないときの対処法について顧客に案内しておくとよいでしょう。

ポイントカードを管理するアプリ

ポイントカードをアプリで管理する場合は、それぞれの店舗に特化したアプリを使う方法と、複数のポイントカードを管理できるアプリを利用する方法があります。それぞれのアプリの特徴を把握したうえで、より使いやすい方法を選びましょう。

ブランドに特化したアプリ

ポイントカードの発行している会社が直接配信しているアプリは、基本的に発行元のポイントカードしか管理できません。例えば、TポイントはTSUTAYAや蔦屋書店のほか、ファミリーマートなどのコンビニエンスストア、ガストやバーミヤンなどのファミリーレストラン、ドラッグユタカのようなドラッグストアでも利用できます。また、ポイントを管理するだけではなく、クーポンも利用できるのが特徴です。

dポイントクラブはローソンやローソンストア100などのコンビニエンスストアをはじめ、マクドナルドなどの飲食店やノジマ、ジョーシンなどの家電量販店、ジュンク堂書店や丸善などの書店、タワーレコード、AOKIなどさまざまな店舗で利用できます。クーポンを利用できるほか、アンケートに回答することでポイントを獲得できるキャンペーンを行っているのも特徴です。

楽天ポイントカードはマクドナルドやミスタードーナツ、PRONTO、大戸屋、くら寿司などの飲食店をはじめ、ポプラ、FUTATA、ビックカメラなど幅広い店舗に対応しています。
クーポンやアンケートに限らず、ユニークなキャンペーンが頻繁に行われている点も楽天ポイントカードならではの特色といえるでしょう。

Pontaカードはコンビニエンスストアのローソンやローソンストア100を中心に、
KFC、セガ、AOKI、ルートインホテルズなどで利用できるポイントカードです。最新のお菓子やドリンクなどを少ないポイントで引き換えられる特典があり、気軽に利用できるというメリットがあります。

複数店舗のポイントカードが管理できるアプリ

ポイントカードを管理するアプリの中には、特定のポイントに限らず、複数のポイントカードを一括で管理できるものもあります。LINEマイカードは、TポイントカードやPontaポイントのほか、無印良品やビックカメラ、スターバックスコーヒーなど特定の店舗で利用できるポイントも管理できるアプリです。ロクシタンやジョンマスターオーガニックなどのコスメブランド、ギャップジャパンやドットエスティなどのアパレルブランドで利用できるポイントも管理できます。利用者数が多いLINEのアプリということもあり、手軽に始められるのが特徴です。

スマホサイフはTポイントカードのほか、モスバーガーやびっくり寿司、一風堂、クリスピー・クリーム・ドーナツ、麻布十番モンタボーなどの飲食店やマツモトキヨシ、日比谷花壇などのポイントを管理できます。他のアプリと比較すると利用できる店舗数は少ないものの、連携している企業のクーポンを利用できる点は大きなメリットです。StocardはTポイントカードや楽天ポイントカード、Ponta、nanacoなど提携している店舗が多いポイントのほか、ヤマダ電気やヨドバシカメラなどの家電量販店、マツモトキヨシやココカラファイン、アインズ&トルペなどのドラッグストア、ニトリなど、利用できる店舗数が圧倒的に多いというメリットがあります。

Google PayはTポイントカードやdポイントカード、楽天ポイントカード、Pontaのほか、ショッピングセンターで知られるイオンや東急ハンズ、マクドナルドやスターバックスコーヒーなどの飲食店、マツモトキヨシなどでも利用できるアプリです。利用者の多い主力なポイントカードをまとめられる一方で、2020年6月時点ではアンドロイドでしか利用できないため、導入を検討する際は注意しなければなりません。

ポイントカードアプリの注意点

ここで紹介したアプリのほかにも、ポイントカードを管理するアプリにはさまざまな種類があります。ただし、このようなアプリを使用するにあたりいくつかの注意点があることも知っておかなければなりません。まず、ポイントカードの発行元が配信している公式アプリ以外は、使う前に店舗側が認めているアプリか確認しておきましょう。

店舗によっては、公式アプリ以外は使用できなかったり、アプリそのものに対応していなかったりする場合もあります。アプリを使えるかわからない場合は、カードそのものを持ち歩いたほうが安心です。また、非公式のアプリは、発行元の許可を得ずに配信されている可能性があります。安全に使用するためにも、信頼できる作成元かチェックしておきましょう。

カードは捨てずに保管!

ポイントカードをアプリに取り込んだ後も、カードそのものは捨てずに保管しておいたほうがよいでしょう。なぜなら、店舗によってはアプリに対応していなかったり、アプリが表示するバーコードを読み取れなかったりして、ポイントを利用できない可能性があるためです。そのような場合は、カードそのものを提示する必要があります。ただし、ABCマートやグラニフのように、アプリに取り込んだ後は現物のカードが無効になるケースも存在するため、利用する際は注意が必要です。

スマホを買い替えた時はどうなる?

スマホを買い替えた際、アプリで管理していたポイントは引き継げるのか気になっている人もいるでしょう。多くのアプリは登録した情報とポイントを紐づけています。アプリそのものにポイントがたまっているわけではないため、スマホを買い替えた後もアプリにログインすればポイントの引き継ぎは可能です。

ただし、ポイント以外のデータは引き継げないアプリも存在するため、買い替える前に確認しておいたほうがよいでしょう。例えば、Pontaカードはお気に入りに登録したクーポンのデータは引き継げません。Tポイントなら簡単ログインを設定している場合、設定を解除すれば新たなスマホでも引き続き使用できます。楽天ポイントカードは、買い替える前のスマホと同じ楽天会員IDでログインすれば、データを引き継いだ状態で利用できます。dポイントクラブも、新しいスマホでログインすれば、買い替える前と同じ状態で利用が可能です。

必要なくなったポイントカードの処理法

アプリへ取り込んだ後に不要になったり無効になったりしたカードや、長期間使用していないカードは、適切な方法で処理をする必要があります。

処分前の確認事項

まずはカードを捨てる前に、ポイントがたまっているかを確認します。ポイントがたまっている状態で捨ててしまうのはもったいないので、できればポイントを使いきってから処分したほうがよいでしょう。また、クレジットカード機能など、オプション機能を利用している場合は退会手続きや解約手続きが必要です。さらに、個人情報の流出を防ぐために、カードを作成する際に個人情報を登録したか確認しておきましょう。個人情報が登録してあるカードなら、店舗へ行って第三者がカードを使えないようにするための手続きを行います。

処分

カードそのものを処分する際は、できる限り細かく切った状態で捨てます。個人情報を登録していないカードでも、生年月日や名前が記載されている場合は、個人情報の流出を防ぐための対策が必要です。また、店舗によってはポイントカードを処分した後でも、顧客が申し出ない限りは個人情報が残り続けるケースもあるため注意しましょう。

UPLINKでポイントカードアプリの導入を!

ポイントカードを管理するアプリは顧客にとって利便性が高いだけではなく、プッシュ通知による宣伝や顧客管理など企業や店舗にもメリットが大きいです。UPLINKでは最先端のアプリ機能によるキャッシュレス化や業務効率化はもちろん、コスト削減や人手不足、集客などの悩みを解決するサポートを行います。手軽かつ低価格で短納期なアプリ開発を実現できるうえ、リリース後のフォローアップも充実しており、安心して運用が可能です。

]]>
アプリのクーポンで集客改善ができる!仕組みやメリットを解説します https://www.uplink-app.com/column/2020/08/appli-coupon-improvement/ Mon, 03 Aug 2020 09:44:56 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=248 アプリクーポンの仕組み

アプリクーポンとは、文字どおり企業や店舗のアプリを通して表示でき、利用できるクーポンのことです。かつては、クーポンといえばチケットのようなものであったりフリーペーパーやチラシに印刷されていたりと、紙媒体が主流でした。しかし、スマホが広く普及したことに伴い、アプリクーポンを使用する企業や店舗の割合が増えてきました。アプリクーポンの活用は、企業・店舗と顧客の双方に大きなメリットがあるものです。

顧客にとって、紙のクーポンを切り取って財布などに入れて持ち運ぶ行為はやや面倒を伴います。アプリクーポンはスマホがあればいつでも呼び出せるため、持ち運びの手間がかからず手軽に使える点が顧客にとってのメリットです。企業や店舗は、そのときどきのビジネス状況に合わせてクーポンを発券できます。さらに、企業や顧客がアプリを通してうまく情報を配信することで、顧客との関係性を築くツールともなり得えます。

アプリクーポンのメリット

アプリクーポンを導入することは、企業や店舗にさまざまなメリットをもたらします。まずは競合他社・店舗との差別化が図れる点です。例えは、「ランチ予約でデザート付き」「5000円以上のご利用で500円引き」など、独自のサービスを提供するクーポンを配布することで、ほかと差がつけられます。また、「○○様だけにオリジナルグッズをプレゼント」など顧客に特別感を与えるクーポンを発行することも可能です。これは顧客ロイヤリティの高まりにつながり、リピート率や客単価の上昇が見込めます。顧客ロイヤリティとは、顧客が商品やサービスに対して抱く愛情や信頼のことです。

クーポンを配布するアプリには、基本的にプッシュ通知の機能があります。プッシュ通知とは、アプリを入れているスマホに自動でお知らせやメッセージを表示する機能のことです。ホーム画面にポップアップ表示されたり音が鳴ったりします。このプッシュ通知を利用すれば、紙媒体のクーポンに比べ、はるかに顧客の目に留まりやすくすることが可能です。視認性が極めて高く開封する人が多いうえ、紙のように発行から顧客のもとに届くまでのタイムラグがほぼ発生せず、その日に使えるクーポンが配布できるなど即時性も高いといったメリットがあります。顧客の目に留まりやすいため、販売促進につなげる高い効果も期待できます。

アプリクーポンのデメリット

アプリクーポンの導入にあたっては、デメリットとなる点もあります。例えば、アプリを利用するためにはダウンロード後に会員登録をしなければならない点です。アプリにもよりますが、氏名や住所、生年月日などの個人情報の入力が必要なことが多く、顧客のなかには抵抗を覚える人もいます。また、アプリをダウンロードし、さらに会員登録もするとなると、一定の手間と時間が必要です。そのため、なかには「個人情報を入力したくないからアプリは不要」「手間がかかって面倒だから要らない」と考える顧客もいます。

クーポンを配布するようになると、「クーポンがないときは割引価格で買えなくて損になるから行かない」と考える顧客が出てくる可能性も否定できません。そのため、次に実施するキャンペーンや配布クーポンの内容をよく検討し、事前にわかりやすく告知しておくなどの工夫をこらす必要もあります。

アプリクーポンの種類

アプリのクーポンには複数の種類があります。例えば、次のようなものです。
・無料クーポン
・割引クーポン
・スクラッチクーポン
・送料無料、送料割引クーポン(主に通販サイト)
・会員限定イベントクーポン
・お試しクーポン
・お誕生日クーポン

無料クーポンは文字どおり無料で特定の商品やサービスと交換できるもので、たとえば「5000円以上のご利用でオリジナルポーチを無料進呈」などです。来店のきっかけを提供し、新規顧客やリピーターを獲得したり、既存顧客の客単価を上げたりすることを目的として配布されることがよくあります。

割引クーポンは「特定の商品を買う」「合計金額が一定額を超える」「セット購入する」などの場合に、割引されるクーポンを指します。
スクラッチクーポンは、紙のスクラッチくじのようにアプリ上でこすると削れ、アタリかハズレかが分かるものです。ゲーム感覚でできることで、顧客の楽しみにもつながります。10日ごとなど定期的に配布しプッシュ通知を活用することで、顧客がアプリを立ち上げる可能性が高くなり、アクティブユーザーの維持に貢献します。

ECサイトなど通販で物を買うとき、顧客の負担になりがちなのが送料です。そのため、送料が割引になったり無料になったりするクーポンがあると喜ばれます。送料関係のクーポンはリピーターや特別会員などに対して発行することが一般的で、「5000円以上購入」などの条件がつくこともあります。
会員限定イベントクーポンは、企業や店舗が特別なイベントを企画した際に、アプリの会員や優良顧客限定で配布する招待状などのことです。顧客に優越感を与えてロイヤリティを高められ、リピーターの獲得にもつながります。

お試しクーポンは、新規顧客を対象に、初回のみ商品のサンプルやサービスが無料や割引価格で利用できるものです。サロンなどリピート客を重視する業界で特によく使われています。
お誕生日クーポンは、顧客の誕生月に配布し、プレゼントがもらえたり特別価格で商品やサービスが購入できたりするものです。年に1度の配布のため、顧客に特別感を与えられます。

アプリクーポンで集客効果をUP!

アプリクーポンは効果的に利用することで集客力を高めることが可能です。ここでは、集客を最大化する方法を紹介します。

有効期限を決める

集客効果を高めるために外せないのが「期限を切る」ことです。クーポンが使えるのはいつまでなのか、有効期限を決めなければなりません。これは、特に有効期限のないクーポンはいつでも使えるだけに「行けそうなときに使えばいい」と考えられがちで、結果的に忘れられて来店に結びつかないことが多いためです。反対に、「今月末まで」などの期限があると印象に残りやすく、「使える期間中に行かないともったいない」と考えるため来店につながります。ただし、有効期限はあまり短すぎても長すぎても効果を発揮しないため、慎重に決めることが大切です。

有効期限は「店舗が顧客に望む来店スパン」を軸に決めると良いでしょう。例えば、「顧客の平均的な来店スパンは3カ月だが、もう少し短めのスパンで来店してほしい」のであれば、2カ月などやや短い期間を設定することで顧客の早めの来店が促せます。このとき大切なのは、店側の都合を優先して期限を決めることです。

顧客の来店状況にあわせた配信

漫然とクーポンを発行すると、企業や店舗の損失につながることも十分にあり得ます。そのため、来店する顧客の状況に合わせ、適切なクーポンを配布することが大切です。
例えば、新規顧客の獲得を目的として割引率の高いクーポンを発行したものの、常連客ばかりが使用し新規客はほとんど来なかった場合、お店の損失につながりかねません。このケースでは「初めて当店を利用される方限定」「初回の注文に限り利用可」などクーポンを利用できる対象を明確にしておけば、損失は防げる可能性が高いでしょう。クーポンを発行するときは、利用条件や利用可能な対象者を明確にしておくことが大切です。

クーポンの特典は割引だけではない

先に述べたように、クーポンにはさまざまな種類があります。クーポンの特典を割引だけにせず、顧客が喜んでくれそうな内容にすることも大切です。例えば、カフェであればデザートサービス、アパレルショップであればおしゃれなグッズのプレゼントなどが挙げられます。企業や店舗にとってあまり大きな痛手とならず、顧客には喜んでもらえる内容にすれば、利益の増加をもたらすでしょう。

利用されるクーポンと利用されないクーポンの違い

企業や店舗がクーポンを発行しても、利用する顧客がほとんどいないのであれば意味がありません。顧客に利用されるクーポンとされないクーポンとは、何が違うのでしょうか。ここでは、その違いについて説明します。

利用されるクーポン

クーポンを利用してもらうためには、顧客が「使いたい」と思う魅力的な内容にすることが不可欠です。なんとなく割引クーポンを配布するなどのあいまいな方法では、利用率は高くなりません。まずはクーポンによって、どの層を集客したいのか、発行する目的を明確にすることが重要です。そのうえで、ターゲットとする層が望んでいることや魅力的に感じる内容に合った特典のついたクーポンを配布する必要があります。例えば、女性客のリピーターを増やしたいのであれば、女性に人気のメニューをお試し価格で試せるクーポンなどにすると良いでしょう。もっとも効果が期待できるのは、顧客それぞれの趣味や好みに合わせた特典がついているクーポンです。

割引特典ばかりつけないことも重要なポイントとなります。これは、割引しはじめると、競合他社が値下げしていくのに合わせこちらも単価を下げざるを得なくなる恐れがあるためです。クーポンを利用することでほかのサービスを試す機会を提供する、Web予約のフォームに誘導して予約数の増加につなげるなど、ほかの目標が達成できるように努めましょう。5段落でも説明したとおり、長すぎず短すぎず適切な間隔をあけて配布することも大切です。

クーポンを目に留まりやすいデザインにすると、注目を集めやすくなり使われやすくなります。目立つデザインにしようと凝りすぎるのも視認性を下げる元となるため、注意が必要です。すっきりと見やすく、特典の内容がわかりやすい、訴求力のあるデザインにするよう心がけましょう。

利用されないクーポン

ただ割引が受けられるだけなど、明確な目標もなく配られたクーポンは顧客に対する訴求力があまり高くありません。興味のない顧客にはほとんど響かず、結果としてあまり利用されずに終わる可能性が高いです。顧客の情報を整理し、どこを強化したいのかを考え、店舗の目標に応じた内容のクーポンにする必要があります。すでに述べたとおり、期間が設定されていないクーポンも忘れられやすいです。目的に応じ、有効期限を定めるようにしましょう。

アプリ作成のご相談はUPLINKへ!

アプリでクーポンを発行することで、集客力はアップできます。UPLINKは、最先端のアプリ機能を活かし「業務の効率化」や「コストの削減」「人手不足」「キャッシュレス化」「集客力の向上」「クーポン登録の代行」といった店舗の抱えるさまざまな悩みを解決するお手伝いをしている店舗アプリ作成サービスです。店舗の課題解決に役立つさまざまなアプリ機能をあらかじめ用意することで、低価格、短納期で手軽なアプリ作成を実現しています。

]]>
飲食店のテイクアウトを利用する人が増加!メリットや消費税のポイントとは https://www.uplink-app.com/column/2020/08/restaurant-takeout-increase/ Mon, 03 Aug 2020 09:44:36 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=254 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、対応策としてテイクアウトサービスを導入した店舗も多いことでしょう。そもそも飲食店のテイクアウトを利用する人は急増傾向にあり、長期的にみてもビジネスポテンシャルが期待できます。本記事では、飲食店がテイクアウトサービスを始めるメリットとデメリット、その際にかかる消費税について分かりやすく解説します。

テイクアウト利用率の増加理由

共働き家庭の急増や高齢化、未婚率の上昇により、食事のスタイルにも大きな変化が起きています。従来では、家庭で手作りした料理を食べる「内食」がメインでした。しかし、述べたような社会の変化に伴い、飲食店で食事する「外食」、出来合いの弁当や飲食店の料理をテイクアウトして家などで食べる「中食」が増えています。特に注目すべきは、「中食」の市場規模が拡大している点です。主な理由は、「調理や片づけの手間が省ける」「時短になる」「好きなものを食べられる」「外食よりも割安」「食材のロスが出ない」などです。なお、軽減税率の対象でもあることから、テイクアウトを選択する人の割合は、今後さらに拡大すると予測されています。

テイクアウト導入のメリット・デメリット

ここからは、飲食店がテイクアウトを始めるメリットとデメリットについて説明していきます。

メリット

まずは、テイクアウトという新しい売り上げをプラスできます。イートインの場合は、「客数」×「回転数」が売り上げの限界になります。店舗を増築しない限り、客数を増やすことは物理的にできません。そこで、回転数を上げようとすると、どうしてもサービスの質が落ちてしまいがちです。客単価をアップするために、値上げをしたり、サイドメニューを増やしたりすることにもリスクが伴います。その点、テイクアウトでは、これらに関係なく売り上げをアップできます。

また、テイクアウトの場合、接客スタッフも最小限で済みます。大量にテイクアウトの注文が入っても、受け取りの時間をうまく分散させれば、新たな人員を雇わずに対応できるでしょう。そして、テイクアウトは店舗の認知度アップにも効果的です。満席であっても対応できるので、新規顧客の来店促進にもつながります。テイクアウトの商品を見た周りの人たちへの宣伝効果も期待できます。

デメリット

一番のデメリットは、どうしても客単価が安くなる傾向にあることです。テイクアウトを利用する人の多くは、外食するよりも安い値段に抑えたいと考えています。そのため、イートインとは別の価格設定が必要です。それに加えて、テイクアウト用の容器やカトラリー、わりばし、おしぼりといった消耗品にかかるコストも発生します。メインの容器は店舗のイメージに直結しますので、コストだけで考えるのではなく、ある程度のクオリティを担保することも大事です。さらに、テイクアウトの場合、イートインのメニューほどの自由度がききません。持ち帰りに適したもの、冷めても美味しく食べられるもの、見た目にも楽しめるものなど、テイクアウトに適したメニューを考案する必要があります。

テイクアウト導入に必要な事

テイクアウトのメリットとデメリットを踏まえたところで、ここからはテイクアウトの導入に必要な準備について順番に説明します。入念に準備を行い、短期間での収益最大化を目指しましょう。

テイクアウト用のメニューと価格の考案

まず大事なのは、ターゲットに合ったメニュー考案と価格設定です。店舗を構えている地域の物価やカテゴリーの相場などをベンチマークしておきましょう。
例えば、ファミリー層が多い地域なのか、あるいは学生街なのかによって、売れやすいメニューと価格帯は変わってくるはずです。そのうえで、原価率やロス率なども計算に入れて、最大の収益が見込める価格設定を行いましょう。テイクアウト成功の鍵を握るのは価格設定です。
価格が決まったら、範囲内で実現できるメニュー開発に取り組みましょう。大事なのは「お得感」や「魅力」です。「この価格でこの料理が食べられるなら買いたい」と、お客さまに思わせられるかがポイントです。

備品の購入

メニュー開発と並行して、テイクアウトに必要な備品も購入しておく必要があります。容器やカトラリー、おしぼり、手渡し用のビニール袋など、食べる人の立場に立って何が必要かを考えておきましょう。容器選びは特に重要です。職場や屋外でも食べやすい、持ち運びに適したサイズ、耐久性があるなどの点に注意して、事前にスタッフなどでシミュレーションしておくと安心です。特に、スープやソースなどの液体を扱う場合は、歩いている途中で容器が斜めになって中身がこぼれないかなど、入念なチェックが求められます。容器のデザインが店舗のブランドイメージにマッチしているかという点も大切です。

店内のオペレーションを考える

イートインとテイクアウトを両立させるための手順や流れをきちんと考えておきましょう。オペレーションを考えていないと、オーダー間違いなどの人為的なミスが増える、お客さまを待たせてしまうなど、特に混雑時のサービスの質に影響が出てしまいます。テイクアウトを始めたことで、全体の質が落ちてしまっては本末転倒です。
効率的にテイクアウト対応を行うためのやり方は2つあります。
まず、付け合わせのサラダ類など、一部のメニューの調理を先に済ませておく方法です。メインディッシュのみ注文を受けてから調理するので、美味しさと時短を両立できます。
次に、予約のみでの販売にしたり、作った分だけ販売したりする方法です。販売数を最初から決めておくことで計画的に対応でき、ロスも最小限に抑えられます。

衛生管理のチェック

イートインと違い、テイクアウトはその場で食べるわけではありません。食べるまでに時間がかかることを踏まえ、衛生管理に目を光らせておく必要があります。ちょっとした油断や慢心が、食中毒や食あたりなどを招いてしまうこともあります。マニュアルやルールなどを作ってスタッフ全員に周知徹底しておきましょう。定期的な抜き打ちチェックも有効です。食中毒予防については、「菌をつけない・増やさない・やっつける」のが基本です。衛生管理を徹底し、放冷・冷却をして速やかに提供する、しっかり加熱をすることを意識しましょう。

必要な手続きを済ませる

テイクアウトを始めるには営業許可を受けなければなりません。すでに飲食店を営業している場合でも、テイクアウト用に新しいメニューを開発したなど、内容によっては別の許可が必要になるケースもあります。自治体によってルールが異なるため、テイクアウトを始める際には、念のため管轄の保健所に確認しておくほうが安心です。

テイクアウトの消費税について

2019年10月1日より、消費税増税・軽減税率制度がスタートしました。軽減税率とは、一部の商品については、課税率を例外的に低く設定する措置です。これに伴い、飲食店のイートインにおける消費税は10%に引き上げられましたが、テイクアウトにおける消費税は8%に据え置かれています。購入した商品をイートインするかテイクアウトするのかの決定権はお客さまにあります。店舗側としては、イートインとテイクアウトでは消費税率が異なることをメニューに記載するなど、お客さまに分かるように表示しておきましょう。

例えば、イートインの利用のほうが多い店舗では、メニューには「店内飲食用」の価格を記載し、テイクアウト利用の際には2%分を差し引くと補足しておくといいでしょう。イートインが前提の店舗であれば、「店内飲食用」の価格だけを表示しておくほうが、かえって混乱しないかもしれません。イートインとテイクアウトの利用割合が半々の場合は、両方の消費税を併記しておくのも手です。

UPLINKが成功をフォローします!

テイクアウトを成功させるためには、店舗専用のアプリを作成することをおすすめします。UPLINKでは、最先端のアプリ機能を生かし、「業務効率化」「コスト削減」「人手不足」「キャッシュレス化」「集客」「店頭張り出し用チラシの無料提供」などをサポートします。また、店舗ごとの課題解決に役立つアプリ機能に的を絞ることで、低価格・短納期・手軽なアプリ作成が可能です。アフターフォローも手厚いので安心して運用いただけます。

]]>
ショップカードをアプリ化する?!アプリにすると様々な効果が期待できる! https://www.uplink-app.com/column/2020/08/shopcard-appli-effect/ Mon, 03 Aug 2020 09:42:07 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=256 店舗で利用しているショップカードは、紙のカードでしょうか。残念ながら紙のカードだけでは、リピート来店・新規来店するお客を取り逃しているかもしれません。ショップカードをアプリ化すると、店舗運営にたくさんのメリットがあります。ここでは、ショップカードの役割を踏まえ、アプリ化で期待できる効果について解説します。

ショップカードとは

ショップカードとは、店舗の情報を集約したカードです。ショップカードは、レジやテーブルなどといった顧客が手に取りやすい位置に置かれています。ときには、会計時にスタッフから手渡されることもあるでしょう。飲食店や美容室、雑貨店などあらゆるお店がショップカードを作っています。ショップカードとは、店舗にとって「名刺」のような存在です。店舗の名前や連絡先、住所、SNS情報、簡単な地図などが書かれており、店舗のイメージにぴったりのデザインが採用されていることも。顧客にカードを持ち帰ってもらえば、時間が経ってからでも店舗を思い出すのに役立ちます。また、何気なくカードを目にしたときに、また店舗に行ってみようかという気持ちを呼び起こすでしょう。

ショップカードのメリット

ショップカードを顧客に渡すと、どのようなメリットがあるのでしょうか。顧客側と店舗側からみたメリットを紹介します。

店舗情報をすぐ確認できる

店舗に来た顧客の中には、「たまたま通りかかって立ち寄った」といった人もいます。いつも通る道沿いならともかく、行き慣れない場所にある店舗だと記憶を呼び起こすことは難しいものです。店舗の情報をネットなどで調べようとする人もいますが、なかなか情報がつかめなかったり、諦めて他の店舗に行ってしまったりするかもしれません。
顧客は店舗を見つけられなくて残念ですが、店舗側もせっかくのリピート客を失ってしまうのはもったいないです。そのようなときにショップカードを見れば、店舗情報をすぐに確認できるのでビジネスチャンスを逃しません。カードには店舗の住所や連絡先などが書かれているので、仮に土地勘が無い場所でも来店できる可能性が高いでしょう。店舗情報がまとめられているという点は、顧客側・店舗側両方にメリットがあると言えます。

他店と差別化できる

ショップカードに書かれているのは文字だけではありません。カラフルな色使い、ユニークなイラストやロゴなどで他店と差別化できるのもショップカードのメリットです。ショップカードのデザインが個性豊かなのは、店舗のコンセプトを表現しているためです。
ショップカード自体は多くの店舗で導入しているので、簡素なデザインでは目立ちません。独自のカラーをショップカードに反映することで、他店との違いが際立つでしょう。また、ショップカードをクーポンとして使っている店舗もあります。特典が受けられるのであれば、カードを手元に残しておこうという顧客も多いでしょう。カード1枚で他店に差をつけられるショップカード。有効活用しない手はありません。

新規顧客を獲得できる

顧客がほかの人に店舗の紹介をしたいときに、ショップカードがあると情報をスムーズに伝えられるでしょう。カードをそのまま渡したり、QRコード付きならばスマホで読み取ったりもできます。店舗の雰囲気も、ショップカードがあった方がイメージしやすいでしょう。顧客に渡さなくても、ショップカードを人が集まるイベントや、近隣店舗に置かせてもらうのも効果的です。このように、新規顧客への宣伝効果もショップカードのメリットと言えます。

ショップカードをアプリにする!

従来は紙のショップカードが一般的でしたが、次第にショップカードをアプリ化する店舗が増加しています。わざわざアプリを導入するのは、店舗側・顧客側のいずれにもメリットがあるためでしょう。まず、アプリであれば場所を取りにくいです。財布にたくさんのカードを持つのは煩わしくとも、スマホアプリであれば不便を感じません。また、紙のカードは印刷の手間もコストもかかりますが、アプリは一度作ってしまえば無制限に配信可能です。さまざまな機能をアプリに一体化できる点にも注目してみましょう。例えばスマホの通信機能とアプリの情報を紐づけて、店舗からメッセージやクーポンを送ることもできます。このように、ショップカードをアプリ化すると利便性が高まります。

アプリを持つメリット

ショップカードをアプリ化する具体的なメリットを、店舗側の視点から見ていきましょう。

プッシュ通知でメッセージをダイレクトに送信

アプリのプッシュ通知を使うと、メッセージを見てもらいやすくなります。プッシュ通知とは、アプリをダウンロードした顧客のスマホに、メッセージをポップアップ表示させる機能。ほかの作業をしていても、ロック画面にしていても、自動的にメッセージが表示されるので開封率が非常に高いです。一方、メルマガの場合は、多くのメールに埋もれて見てもらえない場合があります。ときには、迷惑メールに振り分けられる可能性もあるでしょう。メッセージを確実に見てもらうには、プッシュ通知が便利です。

リピーターを増やせる

アプリの機能を使えばリピーター・客単価向上に効果的です。最終的に売り上げ増加も見込めるでしょう。例えば、顧客のランク分け機能があります。アプリは店舗を利用した回数、または支払った金額ごとに顧客を自動的にランク分けします。ランクに応じた特典を用意すると、店舗に来店する価値・お金をかける価値があると感じてもらえるでしょう。また、ポイントカード・スタンプカード機能にも注目です。紙のショップカードの場合は、カードをなくしてしまったり、タイミング悪く持ち合わせていなかったりすると加点されません。一方、アプリの場合はスマホさえあれば大丈夫です。カードの有無を気にしなくて良いとなると、気軽に店舗に立ち寄れるでしょう。

決済機能の回数券機能も使えます。回数券を購入してもらえば、継続的に店舗に通ってもらえるでしょう。また、実際にサービスを提供する前にまとまった額が入るのもメリットと言えます。アプリを活用し、売り上げ増加に役立ててみましょう。

業務効率アップ

業務効率がアップすれば、スタッフが顧客対応に専念できます。また、人件費削減も期待できます。まず、DM作成の負担を減らせるでしょう。アプリには顧客自身が連絡先を登録しているので、一斉送信が可能なためです。顧客の情報管理の手間も省けます。紙のカードであれば、スタッフが時間をかけて個人情報を入力しなければなりません。チェーン店など店舗が複数ある場合、情報を一元管理するのも大変です。アプリを導入すれば、顧客の情報は自動的に管理されます。各店舗の情報をまとめて管理できるので、セキュリティ面も優位でしょう。

アプリの決済機能を使うとサブスクリプションサービスも導入できます。月額制などを選択し、決済頻度を減らしましょう。便利な機能満載の店舗アプリを使えば、業務を効率化できます。

ブランドイメージの強化

この店舗は何が特徴なのか、あえてこの店舗を選ぶメリットは何かをアピールすることがブランディングです。アプリは、店舗のブランドイメージを伝えるのに長けています。特にホーム画面に表示されるアイコンは、顧客の目に入る機会が多いでしょう。店舗を思い起こさせるロゴやイラスト・色使いで視覚的にブランドイメージを定着させましょう。ほかにも画像・動画・テキストコンテンツ・プッシュ通知など、アプリのさまざまな機能がブランディングに有効です。

アプリ作成ならUPLINK!

ショップカードをアプリ化すると、紙のカードでは得られなかった効果が得られます。UPLINKでは、さまざまな機能を盛り込んだアプリを提供します。「業務効率化」「コスト削減」「人手不足」「キャッシュレス化」「集客」といった店舗運営の課題を解決。さらに、低価格・短納期・手軽なアプリ開発を実施します。アプリリリース後のフォロー体制も万全で、安心して運用いただけます。ぜひ、UPLINKにアプリ作成をお任せください。

]]>
LINEを使った店舗集客!これを読んでLINEでの集客効果を高めよう https://www.uplink-app.com/column/2020/08/line-store-attracting/ Mon, 03 Aug 2020 09:41:41 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=262 いまや個人だけでなく、法人もプロモーションやマーケティングに活用している「LINE」。店舗の集客効果を高めようと、LINE公式アカウントの導入を検討している経営者の方も多いのではないでしょうか。ただ、LINE公式アカウントの詳しい活用方法はわかりづらく、興味があるものの導入をためらっているケースも少なくありません。今回は、LINE公式アカウントの基礎知識を踏まえ、店舗集客への活用方法などを紹介していきます。

LINEが集客に効果的な理由

LINEは、日本国内だけでも月間8400万人以上が利用するコミュニケーションアプリです。膨大なユーザー数を誇ることから、プロモーションやマーケティングのために活用している企業も少なくありません。まずは、LINEを用いた集客がなぜ効果的なのか、その理由を3つのポイントから押さえていきましょう。

LINEの特有の強み

従来の集客方法は、テレビや新聞といったマス広告をはじめ、看板広告やチラシといったアナログな手法が一般的でした。企業や店舗によっては、これに加えてポイントカードやメルマガ配信などを行っているケースも多いです。ところが、多くの人がインターネットと接するようになった現代では、こういったアナログ手法だけでは十分な集客効果を見込めないことも珍しくありません。そこで近年は、よりターゲットの目にとまりやすい、web広告を中心としたデジタル広告の割合が増えつつあります。ユーザーが多いSNSやLINEは、こういったデジタル広告の一種として大きな役割を果たしているのです。

SNSとLINEでは、集客効果にどのような違いがあるのでしょうか。まず、SNSにはユーザー数と情報伝達力、情報拡散力という宣伝に欠かせないポイントがバランスよく備わっています。その代わり、どれかひとつのポイントが突出して優れているとは言えません。これに対し、月間8400万人もの利用者数を誇るLINEは、ユーザー数と情報伝達力の分野で非常に大きな強みがあります。多くの人が活用しているプラットフォームを導入コスト0で始められますし、メッセージが直接通知もされるため、ユーザーにしっかり気付いてもらうことができるのです。

無料での導入かつ規模や業種・商材を問わない

webを活用して企業や店舗の集客を行うとすると、まずはインフラの整備が必要です。ホームページの作成をはじめ、電話やメールによる問い合わせに対応するシステムや環境を整えなければなりません。言葉では簡単に聞こえますが、実際に一からインフラ整備を進めるのは多額の費用や時間がかかります。費用と時間をかけたにもかかわらず、期待した集客効果が得られないという事態は最も避けたいところでしょう。この点、LINEであれば基本的に無料でアカウントを作成することができ、費用と時間の心配がありません。しかも、企業や店舗の集客に必要な機能が最初から実装されており、自社でシステムを構築する必要がないのです。

また、規模や業種を問わず、さまざまな企業・店舗ですでに活用されているという実績があり、効果が不透明ということもありません。顧客からの問い合わせにLINE公式アカウントを活用した結果、売上を30%以上もアップさせた都内の飲食店もあります。無料であるにもかかわらず、こういった成功事例の多いツールを活用できるのは大きな魅力ではないでしょうか。

リピーター獲得機能

企業や店舗にとって、顧客は一度獲得すれば良いわけではありません。どれほど多くの顧客を集められても、来店が一度きりでは売上の維持ができず、事業の継続性も怪しくなってしまいます。この点については、LINE公式アカウントであれば、ユーザーは企業や店舗のアカウントを「友だち」として追加してくれるため、関係性が一度で途切れる可能性は低いです。そもそも友だちに追加したということは、そのユーザーがサービスや店舗について知っている、または実際に利用した経験がある可能性が高いことを意味します。

もともと高い興味を持っているユーザーに対し、LINE公式アカウントから定期的な情報を発信し続けることで、ユーザーの購買意欲を刺激してリピーターになってもらう効果が期待できるのです。リピーターを獲得できれば、売上のベースをある程度確保しつつ、さらに新規のユーザーを集客することで売上アップが見込めるでしょう。

LINE公式アカウントとは

LINE公式アカウントとは、企業や店舗がビジネスや情報発信に利用するために作成するアカウントで、友だちに追加されたユーザーへダイレクトにプロモーションやキャンペーンの告知などを行うためのものです。もともとLINEでは、大手企業を対象とした「LINE公式アカウント」のほかに、中小企業や小規模な店舗を対象とした「LINE@」というサービスを展開していました。ところが、企業の規模ごとに似たようなサービスが複数存在し、料金体系も複雑化したことで、サービス選びやアカウントの管理が難しくなるなどの問題が起こるようになります。この事態を解決するべく、2019年4月よりLINE@が廃止され、ビジネス向けのアカウントはLINE公式アカウントに一本化されたのです。

新たにスタートしたLINE公式アカウントのサービスには、無料プランと有料プランがあります。LINE@と比べ、LINE公式アカウントでは無料プランでも利用できる機能や閲覧できるデータが増え、使い勝手が非常に良くなりました。有料プランは月額5000円のライトプラン、月額1万5000円のスタンダードプランの2種類があります。無料プランも含めて、料金プランによる利用可能な機能に大きな違いはありません。ただし、無料プランは月に1000通までしかメッセージを送信できないのに対し、ライトプランは月に1万5000通、スタンダードプランは4万5000通まで送信が可能です。ターゲットとなるユーザー数が多い場合は、有料プランを検討すると良いでしょう。

LINE公式アカウントの機能

LINE公式アカウントには、企業・店舗の集客に役立つさまざまな機能が用意されています。例えば、LINE公式アカウントを友だちとして追加したユーザーに対し、ダイレクトにメッセージを送る機能。ユーザーの情報に合わせたメッセージを送れば、高い集客効果が期待できます。また、一般的なLINEのやり取りと同じように、ユーザーと企業・店舗が直接チャットを行うことも可能です。一対一はもちろん、複数のユーザーを含めたグループチャットも可能であり、相互的なコミュニケーションの確立に役立ちます。

さらに、画像やテキストを一箇所にまとめて表示する「リッチメッセージ機能」や、トーク画面の下部にメニューを大きく表示する「リッチメニュー機能」など、視覚的な訴求効果が高い機能も満載です。このほか、ユーザーが実際に商品やサービスを購入したり、店舗に来店した際の特典としてポイントを発行・管理できる機能や、LINE上でクーポンの発行や抽選を行う機能などもあります。

LINE公式アカウントの活用方法

さまざまな機能を持つLINE公式アカウントは、企業・店舗次第で幅広い活用方法があります。例えば、定期的にメッセージを送信することでメルマガとしての役割を果たしたり、多くのユーザーに一斉に情報を発信して話題作りを狙ったりすることも可能です。また、タイムライン機能を利用すれば、まるでブログやWebサイトのように多様な形で情報発信ができるだけでなく、ユーザーと一対一のやり取りも可能なので問い合わせにも活用できます。さらに、アンケートや投票によって、ユーザーから商品や企業・店舗に対する意見を聞ける「リサーチページ機能」も、情報管理やマーケティングに大いに役立つはずです。

このほか、LINE公式アカウントの管理画面では、メッセージ配信に関する統計情報をチェックできます。メッセージ配信数や友だちの追加数、ブロック数のほか、インプレッションや動画再生、クリックユーザーなど細かい分析が可能になるのです。これらの情報をうまく活用することでより良い戦略を打ち、集客につなげる効果が期待できます。

LINE公式アカウントの注意点

企業・店舗の集客に高い効果が見込めるLINE公式アカウントですが、導入にあたり注意したいポイントもあります。思わぬトラブルを避け、LINE公式アカウントのメリットを最大限に発揮するためにも、事前に注意点を正しく把握しておきましょう。

自社のアカウントで他店の商材の宣伝はできない

LINE公式アカウントには、利用するにあたり利用規約が定められています。その中で、LINE公式アカウントを利用して、第三者が提供する商品やサービスを紹介することは禁止行為に定められているため、特に注意が必要です。友人や親戚など、近しい関係にある人の店舗を紹介してあげたいと思うこともあるでしょうが、LINE公式アカウントでこういった宣伝は認められていません。ただし、利用規約には「当社の事前の承諾なく」と記されているため、どうしても必要であれば事前にLINE社に相談してみると良いでしょう。相談の結果承諾が得られれば、堂々とLINE公式アカウントで他店の宣伝をすることができます。

もちろん、承諾を得ないまま他店の宣伝を行うと、禁止行為に該当したとしてペナルティの対象になります。アカウントを強制的に停止され、せっかく築いてきたユーザーとの関係や集客効果が無に帰す恐れもあるため、くれぐれも注意しておきましょう。

ロゴには細心の注意を払う

LINE公式アカウントのロゴをwebサイトや広告などに使用する場合、ロゴはLINE社が正規に提供しているものを使わなければなりません。そもそもLINEのロゴはLINE社の権利物であり、使用する場合はLINE社が定めたガイドラインを遵守する必要があります。ロゴのダウンロードはLINE社の公式サイトから可能ですが、使用する際はガイドラインを十分に読み、細心の注意をもって扱うことが大切です。例えば、デザインの変更やサービス自身のロゴより大きく編集して表示すること、ロゴを自社アプリのアイコンやロゴの一部として使用することなど、さまざまな項目が禁止されています。

自社のwebサイトにロゴを大きく表示するなど、良かれと思ってやったことでも、ガイドライン違反としてトラブルを招くケースもあるので注意しましょう。

LINEでの集客のポイント

LINE公式アカウントに関する情報を押さえたところで、いよいよ集客活動に生かす場合のポイントを確認していきましょう。集客活動は、対象が「新規顧客」と「リピート顧客」のどちらかによって効果的な施策が異なるので、それぞれのケースに分けて解説していきます。

新規顧客向け

LINE公式アカウントはユーザーとダイレクトに接することができる点が大きな魅力ですが、そもそも友だち追加してもらえなければ意味がありません。このため、新規顧客を対象とした集客活動を行う場合は、まずLINE公式アカウントを追加するハードルを下げることがポイントになります。ユーザーが、そのアカウントを友だち追加することで得られるメリットについて、積極的にアピールしていきましょう。具体的には、割引サービスやクーポンを配布したり、ターゲット層に人気の高い人や物とタイアップしたりするなど、LINE公式アカウントならではのお得感を演出するのがおすすめです。

このほか、すでに友だち追加してくれているユーザーからほかのユーザーへ、LINE公式アカウントを紹介してもらうのも効果的です。リアルな友だちからの紹介なら、アカウントを追加する可能性も高いでしょう。紹介してくれたユーザーに割引サービスを実施するなど特典を用意すれば、ユーザー数を爆発的に増加させる効果も期待できます。

リピート顧客向け

リピート顧客向けに集客活動をする場合は、忘れられないように定期的に接する機会を設けることがポイントです。定期的にメッセージやお得なクーポンなどが届けば、顧客は「また利用してみようかな」という意欲がわきやすくなり、リピートが期待できます。単純にメッセージを送るだけでなく、タップするだけで電話がかけられるよう、メッセージに記載する電話番号を半角数字にするといった細かい取り組みも必要です。もし全角数字で電話番号を記載していると、スマートフォンのシステムが「電話番号だ」と認識できないため、ユーザーがわざわざ番号を入力して電話をかけなければなりません。

こうなると面倒に感じ、ユーザーのリアクションが得にくくなります。気軽に接点を持てるよう、このような細かい気配りをしたり、視覚的な訴求効果が高い画像や動画を送って、強いインパクトや緊急性を伝えたりすることも大切です。また、リアルな商品や店舗の様子を思い出せるようにチラシや商品を画像で配信する、配信の時間帯や曜日を工夫してより多くのユーザーの目にとまるようにするといった取り組みも効果的です。

LINEを適切に用いて自社の集客効果を高めよう

LINE公式アカウントは、その活用方法によっては大きな集客効果が期待できる便利なツールです。ただし、さまざまなメリットが得られる一方で注意点もあるため、仕組みやメリット・デメリットを正しく把握したうえで導入することをおすすめします。ほかの企業の成功事例なども参考にし、自社の状況に合った機能を活用して売上アップにつなげましょう。

]]>
店舗集客・広告宣伝のポイント!これを読んで企業の集客力をアップ! https://www.uplink-app.com/column/2020/08/%e5%ba%97%e8%88%97%e9%9b%86%e5%ae%a2%e3%83%bb%e5%ba%83%e5%91%8a%e5%ae%a3%e4%bc%9d%e3%81%ae%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%81%e3%81%93%e3%82%8c%e3%82%92%e8%aa%ad%e3%82%93%e3%81%a6/ Mon, 03 Aug 2020 09:41:25 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=266 企業や店舗にとって非常に重要な事柄の一つに集客をいかにして増やしていくかという問題があります。しかし、それを独自に行おうとしてもなかなか効果が実感できないという人が多いのではないでしょうか。その際に考えなくてはならないのが、企業や店舗、あるいはイベント時の集客に必要なのは一体何かという点です。そこで、本記事では店舗集客の宣伝方法について徹底的に解説していきます。

集客とは

勘違いしがちな点ですが、効果的な集客を行うには単にお客様を集めればよいというものではありません。集めたお客様にリピーターとなってもらい、自社のブランドの価値を高めるという、3つのステップを経て初めて真の集客といえるのです。逆に、広告をたくさん出して強引にお客様を集めても次のステップにつながらなければ、それは本当の意味での集客とはいえないわけです。

企業にとって何より大切なのはお客様を惹き付けることにあります。そのためには、いかにしてお客様にリピーターになってもらうか、あるいは、その結果として、自社の魅力が広く浸透し、一つのブランドとして揺るぎない価値を確立するにはどうすればいいのかを検討しなくてはなりません。ちなみに、現代においては一昔前のような単純な広告戦略では顧客の心をつかむのは困難になってきています。なぜなら、インターネットなどを通して情報が大量に入手できるため、多くの人が以前よりも用心深くなっているからです。

現代の顧客は多様な情報を収集して、自分にとって本当に価値のある商品だと判断してからでないと購入に至らないという手強さがあります。だからこそ、集客は目先だけにこだわらずに長期スパンで考え、まずは良い口コミを広げていくことが重要になってくるのです。

集客は売上アップに効果的

いうまでもなく、集客の最終目的は店舗の売上を向上させることにあります。売上とは顧客数×単価なので、お客様の数を増やすことが売上に直結していくのです。また、集客にはたくさんのお客様にサービスの内容を知ってもらうという意味合いも含まれています。そうすることで、より多くの人に店舗や企業の価値を理解してもらえるのです。同時に、世間的な評判が高まれば、店舗や企業にとって価値のある評価を多くもたらすことにもつながっていきます。以上の点から、本来の意味での集客ができているのであれば、それは将来的な売上の安定基盤を築いたことを意味しているのです。

店舗集客の問題分析

居酒屋にしろ、美容室にしろ、それぞれの店舗で集客を成功させるには、顧客一人一人のニーズにマッチしたサービスを提供できているかという点が重要になってきます。そのためには何より、顧客のニーズを正確に理解できるようにならなければなりません。ここで注意が必要なのは、一見ニーズをつかめていると思っていても、実際は顧客との認識のずれが生じているといったケースがしばしばあるという点です。

例えば、店側が「細部までこだわった料理が集客をもたらしている」と考えているのに対し、客側は「メニューが多いのでまた行ってみたい」と思っていたなどといった具合です。こうした感覚の誤差は客観的な視点に立てていないからこそ起こるものだといえます。その場合は顧客が真に評価している部分を理解してこの誤差を埋めなければなりません。なぜなら、今はよくても、店側と客側との方向性の誤差が大きくなれば、やがて集客に支障をきたし始め、最終的には大きな売上低下にもつながりかねないからです。それを防ぐためにも、顧客の真のニーズを把握し、そのうえで自店舗の集客の課題や問題点を見つめなおして改善に尽力するようにするのが賢明だといえます。

おすすめの店舗集客の施策

ここまで集客の基本的な考え方について説明してきましたが、それだけでは具体的に何をすればよいのかわからないという人がほとんどではないでしょうか。そこで、本段落では集客方法として効果的な施策をピックアップし、それぞれの概要やどのような効果が期待できるのかなどについて解説していきます。

WEB

今やインターネットは集客に欠かせないものとなっていますが、そのなかでも基本というべき存在がWEBです。ここでいうWEBとは店舗のホームページやブログを作成して集客につなげていく宣伝方式のことです。ちなみに、同じWEBでもホームページとブログでは集客における役割が少々異なります。
まず、ホームページは店舗の表看板のようなものであり、顧客に安心して利用してもらうために自社がどのような企業であるのかを分かりやすく説明するという役割を果たしています。一方、ブログは日記のように手軽に更新できるというメリットを活かし、身辺雑記を記したり、顧客の疑問に答えたりすることで親近感を抱かせて集客へとつなげていくわけです。

さらに、WEBには工夫次第では従来の広告よりも遥かに高い宣伝効果が期待できるというメリットがあります。例えば、検索されやすいようなワードを選択したり、WEBページのデザインやホームページ・ブログのURLなどを工夫したりして、検索結果を上位に表示させるという方法です。そうすることで、ネット上での注目度が高まり、SNSでの拡散が期待できます。ただ、WEBの導入のためにはSEO対策を行ったり、内容を適切なものに修正したりと少々手間がかかります。そのため、WEBに詳しくない場合には代行会社に依頼するのが一般的です。逆に、ある程度の知識と時間的余裕があるのなら、無料ツールを使って低コストで作成するという選択肢もあります。

SNS

店舗集客にはインスタグラムやFacebook、TwitterなどのSNS活用も効果的です。

例えば、インスタグラムはユーザーに若い女性が多いので、女性をターゲットにした店舗で強いといった具合です。また、Twitterはリアルタイムでのお知らせに向いており、しかも、利用者が多いため、拡散力に優れているという魅力があります。一方、Facebookでの投稿は基本的に実名制となっており、炎上リスクが少ないのがメリットです。「いいね!」も実名表示なので、信頼度の高い口コミが期待できます。
以上のように、各SNSには異なる特徴と強みがあり、店舗のターゲットに適したサービスを活用すれば、より良い店舗集客が可能となるのです。

専門型ポータルサイト

インターネット上には膨大な情報が溢れており、その中から特定の情報を探しだすのは非常に困難です。そこで誕生したのが、特定分野の情報をあらかじめ集めて利用者が目的の情報にたどり着きやすくした専門型ポータルサイトです。
例えば、グルメという分野なら「ぐるなび」や「食べログ」などがそれに当たります。店舗側からすると、そうしたサイトに登録することによって顧客に店舗を見つけてもらい、集客につなげるといった効果が期待できるというわけです。

また、ポータルサイトには特定のテーマに対して興味とニーズを持つ顧客が集まり、しかも、ホームページやブログ、SNSなどといった自社コンテンツでは達成できないほどのアクセス数を有しているという強みがあります。したがって、そのサイトに登録するだけでも店舗の認知度を高めることに直結します。ただ、ポータルサイトに掲載するには費用がかかるため、他者との差別化を図ったうえで行わなければ多くの競合店の中に埋もれてしまい、コストだけ増えてしまったなどということにもなりかねません。それを避けるためにも、掲載する内容については慎重に検討する必要があります。

コンサルティング導入

自社で検討しても効果的な集客方法が確立できない場合は、集客コンサルティングに依頼するというのも一つの手です。集客コンサルティングは文字通り集客の専門家であり、現状における問題点は何なのかを浮き彫りにしたうえで、「販促活動に力を入れるべき」「認知度の向上が必要」「コスト削減が最優先」などといった具合に今何をすべきなのかを提案してくれます。しかも、それらの結論は「トレンドリサーチ」「競合店や広告の分析」「顧客からの問い合わせデータ」などによる多様なデータから導き出されたものなので高い信頼度を有しているのが魅力的です。以上の点から、ピックアップされた課題の解消を目標とし、コンサルティング会社から提案された対策を実行すれば、自社で店舗集客を行うよりも大きな効果が上がる可能性は高いといえます。

ビラ配り・ポスター・看板

ブログやSNSが全国的な認知度を高めるのに優れた媒体であるのに対し、地域に密着した集客で大きな力を発揮するのがビラ配り・ポスター・看板などといった昔ながらの手法です。例えば、店舗周辺をよく利用する人々に立ち寄ってもらうにはビラやティッシュ配りが有効ですし、ビラなどに店舗情報やサービス内容を載せるだけでなく、割引クーポンなどを一緒に渡せば来店へのモチベーションを高めることもできます。また、人の多い場所であるなら、集客用ポスターを貼るだけでも大きな効果が期待できるはずです。

ちなみに、ポスターの効果をより高めるには、なるべく人の目に付く場所を選ぶのは当然ですが、どの層をメインターゲットにしているサービスかによって貼る場所を変えてみるといった工夫も必要になってきます。それに加え、インターネットの情報や配布したビラなどを見たお客様がすぐに店舗を見つけられるように、目立つ看板を立てておくことも重要なポイントとなります。

WEB・SNSで店舗集客をする際に気を付けておくべきこと

店舗集客のための宣伝広告にはさまざまな手法が存在しますが、そのなかでも急速な発展を遂げてきたのがWEB広告とSNSです。これを上手く活用すれば、集客を大幅に伸ばすのも夢ではありません。しかし、初めてWEB広告・SNSを運用する場合、どういったことに注意すればよいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで、本段落ではWEB広告とSNSで店舗集客を行う際にしておくべき事柄について詳しく紹介していきます。

SEO対策

いくら自社のホームページを用意してもネットユーザーの目に触れる機会が少なければ、大きな効果は期待できません。そして、目に触れる機会を増やすには検索エンジンで上位に表示されるように工夫を施す必要があり、これをSEO対策といいます。ちなみに、インターネットの利用環境はパソコンよりもスマホが上回っているため、モバイルでの対策が特に重要です。SEO対策を行うにはまず、自社のホームページをレスポンシブタイプのサイトにします。もし、パソコン表示のみのサイトの場合は最低限URLを別々に切り分けるか、あるいは、同じURL上でデバイスごとに異なるHTMLを配信できる「動的配信」を用いてスマホ向けのサイトを作成しましょう。そのうえで、集客用コンテンツを用意し、そのコンテンツを日々充実させていくのです。

また、自社店舗の情報だけでなく、周辺地域のイベント情報を掲載するのも集客のための有効な手段だといえます。なぜなら、そうすることで、それらのイベントについて調べているユーザーも自社のホームページに呼び込めるからです。その結果、ユーザーと触れる機会が多くなり、集客効果が高まるというわけです。

SNSへの理解

SNSは発信した店舗情報を効率良く集客につなげることができるという意味で、極めて優れた広告媒体だといえます。しかし、それをより効果的に使いこなすにはSNSに対する理解が欠かせません。例えば、Facebookは基本的に実名で書き込むものなので信頼できる情報として扱われるケースが多く、逆に、Twitterでは匿名でアカウントを作成するので信頼度はどうしても下がってしまうといった違いがあります。一方で、拡散性の高さではTwitterのほうが遥かに上回っているため、どちらが広告媒体として魅力的かは一概にはいえません。

また、インスタグラムは写真での訴求力が抜きんでているので、店舗の外装や内装などに工夫を凝らし、ユーザーの興味を喚起するものにしていく必要があります。さらに、LINE公式アカウントの場合は情報を不特定多数の人間に広めていくのではなく、既存の登録ユーザーに何度も利用してもらえるツールとして最適です。

以上のように、SNSの特性をどこまで理解できているかによって、広告効果は全く異なるものになってきます。SNSを使って集客を行う際にはくれぐれもその点を忘れないようにしましょう。

口コミの拡散

WEBでの宣伝においては店舗の口コミをいかに拡散させるかが重要なポイントとなります。そういった意味ではWEBでの宣伝により適しているのはSNSです。そして、どのSNSのツールを利用した場合でも一番重要なのはコンテンツであり、それぞれ共感の得られるものにしていく必要があります。たとえば、思わず誰かに話したくなるような話題というものを意識しながらコンテンツを作っていくのも一つの手です。その結果、SNS上で話題になると、テレビや各種マスメディアにも取り上げられ、SNSを利用していない層にまで情報が届くことになるのです。

店舗集客のポイント

集客をしたいからといって事前調査なしでいきなり広告を出すのはおすすめできません。例えば、企業のPR活動を行うのであれば、その前に現時点での自社のブランドイメージについて理解しておく必要があります。なぜなら、自社がWEB上で炎上しているなど、極端なマイナスイメージが付いているときに広告をかけても、さらなるイメージダウンにしかならないからです。自社の現状をよく確認し、その現状に見合った宣伝を行うことが大切です。

また、集客を成功させるには単に性別や年齢といった基本情報だけではなく、それらに加えて、どのような悩みを抱えて何を欲しているのかといった、より詳細な顧客情報を深く理解することが重要になってきます。そのうえで、顧客の課題に合わせて対応を柔軟に変えていくことができれば、大きな集客へとつながっていくはずです。

方法を理解したのならば積極的に導入していこう

店舗集客の際に用いる広告の種類とそれぞれの特徴を把握できたなら、次に自社の状況をしっかりと理解していきましょう。そのうえで、自社にとって必要度の高い広告を積極的に打ち出していくのです。そうすれば、より効率的な集客を図ることができるはずです。まずはこの記事などを参考にしながら、集客の本質を間違えないように、やるべきことをコツコツと積み重ねていきましょう。

]]>
デジタルチケットはスクリーンショット不可!?デジチケの仕組みや注意点 https://www.uplink-app.com/column/2020/07/screenshots-for-digital-tickets/ Fri, 03 Jul 2020 10:45:35 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=217 アーティストのライブをはじめとして、多くのシーンでデジチケが利用されるようになりました。これは「デジタルチケット」の略であり、メリットに着目して導入する店舗が増えています。一方、スクリーンショットで保管しようとするユーザーが多いですが、そうすると使えないケースもあるなど、注意が必要な点も少なくありません。この記事では、デジチケの仕組みなどを紹介した後、使用と発行について詳しく解説していきます。

デジチケの仕組み・使い方

デジチケの購入は、webから申し込んでチケット代を前払いする方法が一般的です。申し込みの際に、氏名やメールアドレスなどの必要事項を入力して、支払い方法の選択なども行うことになります。ただし、デジチケの対象や購入先によっては作業を簡略化できることも多いです。例えば、ファンクラブに加入しているアーティストのライブなら、会員ページにログインして申し込みやダウンロードを手軽に済ませられる場合もあります。

購入したデジチケは、サイトやアプリで表示して確認が可能です。また、期限内にダウンロードしてスマホ本体に保存しておくタイプも珍しくありません。いずれにせよ、形式はQRコードになっているものが主流です。利用するときは、スマホに表示したQRコードをスタッフに見せて、読み取り機でスキャンしてもらいます。

デジチケのスクリーンショットは使えない!?

購入したデジチケの扱いに不安がある人は、スクリーンショットでQRコードをとっておきたいと思うこともあるでしょう。そうすれば、保存や提示に関して安心できると思いがちですが、以下に紹介するように「スクショ不可」とされているケースも見受けられます。

スクリーンショット不可の場合も

「スクショ不可」はデジチケの共通のルールではありません。しかし、スクリーンショットは認めてもらえないケースがあることも事実です。そう言われると、そもそもスクリーンショットだと気付かれる理由が分からないという人もいるでしょう。実際には、あらかじめ見破るための仕組みを組み込んでいることがよくあります。例えば、会員サイトで表示するQRコードの場合、サイト内のマークや記号を動くように加工しておくと判別が可能です。それらが停止していれば、スタッフはスクリーンショットだと必然的に分かります。また、スクリーンショットに反応しない特殊な読み取り機も存在し、スタッフがそちらを使っていれば容易に判別できます。

スクリーンショットを不可とする理由

スクリーンショットを不可にする理由として、公正で安全性の高い利用を重視していることが挙げられます。例えば、スクリーンショットは簡単に送受信できるので、容認すると購入後に譲渡や売買をしやすい状況になってしまいます。つまり、不可にすることで、転売を防止する効果を見込めるということです。また、海外では、スマホに保存したQRコードのスクリーンショットを狙う盗難事件が起こっています。セキュリティ対策として、そのような事件のリスクを小さくできることも理由の一つです。なお、セキュリティの観点では、ファンクラブの画面などは、必須のログインによって本人であることを明示できるので安全性が高いでしょう。

スクショが使えないからこその注意点

デジチケのスクリーンショットが無効なら、別の方法で当日の利用に備えなければなりません。ログインIDやパスワードを思い出せずに困る人もいるので、すぐにチェックできる状態にしておく必要があります。バッテリー切れを避けるために充電を十分行い、道中でスマホを落とさないように気を付けることも大事です。また、複数の端末で見られない仕組みもあるため、表示する端末を1台に絞ることもポイントになります。出発前にパソコンなどで見ていると、その影響により持参したスマホで開けないケースもあるので要注意です。QRコードを表示できないトラブルも想定して、連絡先を控えるのと同時に、注意事項などを読んで対処法も確認しておきましょう。

デジチケのメリット・デメリット

新しい手段として、デジチケはメリットの大きさに注目が集まりやすいです。しかし、デメリットも存在しており、使用するうえで不安を感じる人がいるのも事実です。ここでは、デジチケのメリットとデメリットをそれぞれ挙げていきます。

デジチケのメリット

デジチケは電子的なデータであるため、物理的に紛失してしまうリスクがありません。もしスマホを失ったとしても、利用日までの期間に余裕があれば、たいていの場合は使うための方法が残されています。例えば、別のスマホで会員サイトにログインしたり、期限内なら再ダウンロードしたりすることで対応が可能です。その他のメリットとして、ログインIDとひも付けるなどの工夫により、転売を防止する手段になることが挙げられます。少なくとも、本人以外が使いにくい状況をつくれるので、転売によって価格が釣り上げられるような問題の抑制が可能です。

デジチケのデメリット     

電子的なデータであるデジチケは、電波トラブルに弱いです。例えば、ログインする方式の場合、インターネットにつなげないと表示できません。利用する場面や直前になって、そのような事態が起こると困ってしまいます。また、必ずしも偽造を防げるとは限らない点も理解しておきましょう。過信していると、被害者になっても気付きにくいというデメリットが生じます。また、使い終わったライブなどのチケットを、思い出として残したいと思う人は珍しくありません。しかし、デジチケは手元に取っておけないので残念に感じる可能性があります。

サービス提供側がデジチケを「発行する」には?

ここまではデジチケを利用する側の話でしたが、ここからは発行する側に向けた話になります。デジチケは活用の幅が広がっており、採用するテーマパークや飲食店は多くなりました。この流れは個人店舗にも及んでおり、ずいぶんと参入のハードルが下がっています。その背景にあるのは、専門的な知識やスキルがなくても、容易にデジチケを作って販売や配信を行えるサービスの登場です。

また、店舗のオリジナルアプリを作成するサービスが、搭載できる機能の一環として、デジチケの作成と販売を提供しているケースもあります。アプリならデジチケ以外の機能も生かせるので、顧客の固定を目指すためにも導入を検討してみると良いでしょう。

オリジナルアプリのデジチケとは?

店舗がオリジナルアプリを導入する場合、デジチケの機能を生かすことを念頭に置くと、恩恵はさらに大きくなるでしょう。ここでは、その具体的な内容について、アプリ作成サービスのUPLINKを例として紹介していきます。

オリジナルアプリとは?どのようにデジチケを利用できる?

オリジナルアプリのデジチケは、商品やサービスの受け渡しをスムーズにしてくれます。ユーザーは店舗のメニューから希望のものを選択し、クレジットカードなどで決済を前払いで済ませます。そうすれば、来店した際の処理が簡略化され、基本的にはデジチケの確認だけで完了します。支払い済みのユーザーは安心して店舗に向かえますし、店舗側もレジ待ちの人数や現金の扱いなどが減るので負担の軽減が可能です。

もちろん、デジチケを表示できるのは決済したアプリだけであるため、ユーザーが購入者本人であることを確認する必要はありません。UPLINKなら定期券の機能を持つデジチケも作れるので、サブスクリプションサービスを取り入れたい場合にもうってつけです。

オリジナルアプリがデジチケの他にできること

店舗はオリジナルアプリによって、チケットだけでなく、ポイントカードやスタンプカード、クーポンも電子化できます。それらの機能を積極的に使うと、一気にペーパーレスを推進できるでしょう。また、新メニューなどの最新情報を届けたい場合、プッシュ通知の機能を活用すれば、アプリを起動していないユーザーにも確実に気付いてもらえます。さらに、質問などのメッセージをユーザーから受け取る機能も便利です。うまく利用すると、コミュニケーションを活性化して親近感を持ってもらえるため、顧客の囲い込みなどに役立ちます。

デジタルチケットで店舗運営を活性化しよう

アーティストのライブでチケットの転売を防ぐ手段として、デジチケの利用は大きな話題になりました。それだけでなく、色々な場面に普及が進んでおり、多くの消費者が使い始めているという実情があります。さっそく取り入れて、大きな効果を得ている店舗も少なくありません。さまざまな運用が可能であるため、経営状態の活性化を目指して導入を検討してみましょう。

]]>
「店舗集客型デジタル広告」って?オンラインから店舗に集客するために https://www.uplink-app.com/column/2020/07/digital-advertising-stores/ Fri, 03 Jul 2020 10:42:01 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=222 ネットの発達した現代において、実店舗の集客を図るためにオンラインの広告を利用したいと考えている人は多いのではないでしょうか。ただ、それも正しい方法で行わなければ、大して効果を得られなかったなどということにもなりかねません。そこで、本記事では「店舗集客型デジタル広告」について取り上げ、その必要性や具体的な方法、さらにはメリット及び注意点などについて解説していきます。

店舗集客型デジタル広告とは?

そもそも、店舗集客型デジタル広告とはなにかというと、「店舗への集客を目的として出稿するデジタル広告」のことです。インターネットの普及に伴い、昨今ではネットからの情報が人々の消費活動に大きな影響を及ぼすようになっています。それに伴い、オンラインを宣伝に利用しようとする企業も増加傾向にあります。こうした流れに乗り遅れないためにはオンラインショップやオンラインサービスだけではなく、実店舗で商品・サービスを提供する企業もマーケティングや販促活動におけるデジタル対応が急務となってきています。

ちなみに、オフラインでの集客を行うのにオンラインを利用するマーケティング手法をO2Oといいます。「オンライン to オフライン」の略であり、要するに「店舗集客型デジタル広告」と同じ意味です。

市場規模が急成長!店舗運営者は要チェック

店舗集客型デジタル広告(O2O広告)の躍進には目を見張るものがあり、実店舗を運営している経営者にとっても無視できない存在となっています。この段落では、店舗集客型デジタル広告の市場規模が実際にどの程度伸びていてその背景には何があるのかといった事柄について説明していきます。

2019年は昨対比2倍!

店舗集客型デジタル広告の市場は急速に成長しています。例えば、2018年のデータをみると、その市場規模は205億円程度でした。それが2019年には昨対比で2倍に相当する405億円になっています。しかも、携帯電話や自動車などの大手小売店、もしくは小売店を販売チャンネルに持つ飲料・アルコール・食品・消費財・家電メーカーなどの販促需要の拡大などにより、市場の成長は今後も続いていくと考えられています。店舗集客型デジタル広告市場は中長期的に高い成長率を維持し続け、2020年には698億円、そして、2024年には2019年比約6.4倍の2,586億円に達するとの予測が示されています。

背景にあるのが「モバイル決済」「5G」

市場拡大の背景としては、モバイル決済の存在も見逃せません。なぜなら、モバイル決済には現金がなくても気楽に買い物ができるという利便性があり、購買意欲の高まりにつながっていくからです。そのため、今後モバイル決済が普及していけば、さらなる市場拡大が行われる可能性が高くなります。また、これは将来的な話ですが、5Gが普及すれば、モバイルの高速化及び大容量化が実現し、動画媒体や動画広告のフォーマットはより使いやすいものになっていくはずです。同時に、それに呼応して映像技術や広告メニューといったものが進化していくことが考えられます。こうした技術の進歩は、広告主が市場投資を行う際の後押しとなります。

デジタル広告とは?

店舗集客型デジタル広告とは「オンラインを活用してオフラインの集客を図る広告」と定義することができます。しかし、それを知っていても宣伝の際に用いる「デジタル広告」自体がどのようなものかピンとこない人もいるのではないでしょうか。そこで、具体例を挙げながらデジタル広告について説明していきます。

デジタル広告の例

デジタル広告の代表例としてはインターネット広告やオンラインクーポンなどが挙げられます。インターネット広告といっても多くの種類がありますが、比較的イメージしやすいのはWebブラウザ上に表示されているバナー広告や動画広告ではないでしょうか。バナー広告とはWeb上の特定の場所にバナーを貼って客を呼び込む手法です。一方、動画広告とはテキストやバナーではなく、動画を利用して宣伝を行う広告のことです。

また、特定の場所に常に表示されるバナー広告などとは異なり、検索結果に連動して表示されるリスティング広告などといったものもあります。例えば、自店舗の商圏内にいる人が顧客になりそうなキーワードを検索した場合のみ、検索結果画面に広告が表示されるといった具合です。ちなみに、商圏内にいるかどうかは、ユーザーが発信している位置情報から割り出します。さらに、SNSのタイムライン上に表示されるSNS広告も効率良く認知度を高められる手法として注目されています。他にも、オンラインで割引クーポンやサービス追加クーポンを配布するのも、集客の手段として有効です。

それから、広告とは少し意味合いが違うものの、SNSやブログで新しくて有益な情報を発信しながらコンテンツマーケティングを行うという手法もあります。これも「O2Oマーケティング」の一種として知られており、かなり効果的な販促方法だといえます。

デジタル広告のメリット・できること

古くからある宣伝手法といえば、折り込みチラシやチラシ配り、あるいはテレビやラジオのCMなどが挙げられます。いわゆるマス広告と呼ばれるものです。これらの広告とデジタル広告は何が違うのでしょうか。まず、大きく異なるのが情報を誰に対して発信しているかです。マス広告は基本的に不特定多数に向けて情報を発信しています。一方、デジタル広告は顧客になりそうな層に絞って広告を打つことが可能です。しかも、広告代理店などの手を借りなくても自社だけで宣伝活動を行えるうえに、手間やコストを大幅に削減することができます。

つまり、低コストで見込みの濃い顧客のみにアプローチできるので費用対効果が非常に高いというわけです。また、広告を出すだけでなく、効果測定ができるという点も見逃せません。クリック率やCV率などをチェックし、どのようなものがより効果的なのかを分析したうえで、広告を最適な形に近づけていけるのは大きなメリットといえます。

押さえておきたい「MEO対策」

O2O戦略を考えるうえで重要な意味をもってくるのが「MEO対策」です。知らないという人のために、MEO対策とは何かについて説明していきます。

「MEO対策」とは?

検索エンジンで検索をした際、検索結果の上位にGoogleマップと店舗情報が表示されるのを見たことはありますか。これは「渋谷 個室居酒屋」といった具合に、「地名+キーワード」の組み合わせで検索した場合に表示されるようになっており、その機能のことを「ローカル検索」といいます。多くの人がこの機能を利用しているため、上位に表示されるかどうかで集客のしやすさが変わってきます。そこで対策が必要となってくるのですが、ローカル検索で検索上位に入りやすくなるように工夫を凝らすことを「MEO対策」というわけです。

MEO対策のメリットと注意点

MEO対策を行えば、Google マップで上位に表示されるだけでなく、通常の検索(オーガニック検索)でも検索結果が上位に表示されやすくなります。しかも、MEO対策において上位表示を目指すキーワードは、基本的に「地域名+業種名・商品名」です。つまり、そのワードで検索するユーザーは自社店舗から非常に近い場所にいるうえに、自社の扱っている商品やサービスを求めている可能性が高いというわけです。そうした条件下で、検索結果が上位になるように対策しておけば、集客に直結しやすくなります。しかも、SEO対策をしてオーガニック検索で1位を目指すよりも手間やコストがかからないという点が魅力的です。さらに、まだ導入している企業が少ないので、すぐに始めれば上位を取りやすいというのも大きなメリットといえるでしょう。

一方で、MEO対策がGoogleのガイドラインに抵触してしまった場合、問題を解決するまで検索結果に表示されなくなってしまうので注意が必要です。また、MEO対策で上位に表示させると、一般ユーザーの口コミやレビューまで反映させてしまうことになります。ユーザーの評判がよければ問題はないのですが、ネガティブな評価が目立つ場合には逆に客を減らしてしまうことにもなりかねません。したがって、MEO対策を行うときにはGoogleのガイドラインをよく確認し、ユーザーの評判も定期的にチェックしておくことが大切です。

具体的な対策方法

MEO対策を行うにはGoogleマイビジネスに登録する必要があります。そのうえで、営業時間や電話番号、住所といった店舗情報を指定し、WebサイトやSNSなどの他の媒体にも同様の情報を掲載するようにしましょう。また、MEO対策は一度行えばそれで終わりではなく、順位チェックツールで順位を確認しながら、店舗情報を充実させるなどしてより上位に表示されるようにしていくことが大切です。以上の点を踏まえ、もし、Googleマイビジネスに未登録であれば、すぐに登録するようにしましょう。

O2O戦略で集客を成功させよう

集客に苦労している店舗であっても、ネットを活用してO2O対策を始めれば、それが現状打破のきっかけとなる可能性があります。なぜなら、それまで自社店舗の存在すら知らなかった多くの潜在顧客に対し、効率的にアプローチできるようになるからです。しかも、比較的低コストで始められ、手間がかからないのも魅力的です。集客で悩んでいるのであれば、まずは試してみてはいかがでしょうか。

]]>
店舗の売上管理を効率的にするアプリを紹介!POSレジ連携など https://www.uplink-app.com/column/2020/07/store-sales-management/ Fri, 03 Jul 2020 09:36:13 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=224 店舗の売上管理を手作業で行うと、手間や時間がかかるだけでなく、ミスも発生しやすいという問題があります。手軽に売上管理をシステム化する方法の一つは、アプリを導入することです。とはいえ、具体的にどのようなものを使ったらよいかよくわからないという人も多いでしょう。そこで、この記事では店舗の売上管理やオペレーション改善に使えるアプリを紹介します。

店舗の売上管理にはPOSシステム

店舗の売上管理を楽にしたいなら、効率的に管理できるPOSレジの導入がおすすめです。では、POSシステムとはどのようなものか、POSシステムを導入するメリットについて知っておきましょう。

よく聞く「POS」って何?

まず、POSシステムのPOSとは「Points of Sales」の頭文字を取ったもので、日本語では「販売時点情報管理」となります。これは、営業が終わり店を閉めるときに手作業で面倒な集計作業などをしなくても、自動で売上の管理ができる便利なシステムのことです。商品が売れた段階で販売情報を自動で収集し管理しているので、いつ、どのようなものが、いくらで売れたかなど販売に関する詳細なデータを把握できます。

POSに関連した言葉としてよく耳にするのが「POSレジ」です。POSレジは、このPOSシステムを搭載したレジということです。とはいえ、何か特殊なレジが必要になるわけではありません。パソコン・タブレット・スマートフォンなどの端末にPOSシステムのアプリをインストールすれば、その端末がそのままPOSレジとして機能します。

POSシステム導入のメリット

POSシステムを導入するメリットは、集計を手作業で行う手間が省けることです。レジ締めの業務が簡単になり店舗スタッフの負担を軽減できるだけでなく、手作業によるミスもなくなるでしょう。

別のメリットは、POSシステムの記録をマーケティングに役立てられるという点です。POSシステムはいつ、どの商品が、どのような人に売れたかをリアルタイムに記録できます。その記録を活用すれば、売れ筋の商品や売れるタイミングなどを把握しやすくなり、今後の販売戦略を立てやすくなります。

POSシステムの機能はレジとして活用できるだけでなく、商品の在庫数を管理することも可能です。商品が売れた時点で在庫数は自動で更新されるため、常にリアルタイムで商品別の在庫数を確認できます。この機能とPOSシステムの販売記録を合わせれば販売個数を予測しやすくなり、在庫切れが起こることも少なくなります。

さらに、複数店舗の売上データを一元で管理できることもメリットです。多店舗展開している場合、個々の店舗の経営状況や売上を把握することは経営者にとってとても大切です。POSシステムを導入すれば各店舗の状況をリアルタイムで把握でき、店舗ごとの売上日報なども不要になります。

便利なPOSシステムを紹介!

では、どのようなPOSシステムがあるのかを具体的に見てみましょう。この段落では、おすすめのPOSシステムを3つ取り上げ、それぞれの特徴を紹介します。

Airレジ

1つ目は、操作方法がシンプルでわかりやすいと評判のAirレジです。会計やレシート出力、売上分析、在庫管理など、アプリの基本的なレジ機能は無料で使うことができます。キャッシュドロアやレシートプリンター、バーコードリーダーなどの周辺機器は有料です。テレビCMの放映などにより知名度は高く、多くの企業や店舗が導入しています。

Airレジは外部の会計システムや決済サービスと連携することも可能で、必要に応じてより便利に使うことができます。全国にAirレジのサービスカウンターがあるほか、テレビ電話により導入の相談受付や導入後の操作案内なども行われており、利用サポートが充実しているのも魅力の一つです。

NEXPO

2つ目は、基本料金が980円と安価のNEXPOです。基本料金にはレジ機能に加えて商品管理、日報・月報、顧客登録、バーコード自動採番などの機能も含まれています。初期導入費用は0円なので、とにかく初期費用を抑えたいときにもおすすめです。在庫管理と売上分析のオプション機能をつけると、月額料金は2940円となります。

NEXPOの特徴は、機能がシンプルで使いやすいことです。「あまりにも多くの機能があると使いこなせないのではないか」と不安な人にも向いています。シンプルとはいえ、普段の業務に使いやすいようにカスタマイズすることは可能です。商品の店舗間移動や棚卸などを考慮に入れた在庫管理も行えるため、在庫数の把握が特に重要なアパレルや雑貨業界で多く導入されています。

Uレジ FOOD

3つ目は、音楽配信サービスのUSENが提供しているUレジ FOODです。Uレジ FOODは、多機能・低コストが特徴の飲食店専用POSシステムです。2018年10月時点で都道府県に合計148ものサポート拠点があり、導入時や導入後のサポートサービスが充実しています。導入フォローの手厚さは、契約店舗へ使い方の指導のために専任スタッフが来店してくれるほどです。

Uレジ FOODは直感的に操作できるUIなので、システムの操作に不安がある人でも安心です。オフラインにして使い方を練習できる「練習モード」も搭載されており、新人スタッフの研修などに活用できます。手厚いサポート体制や直感的な操作性により、「導入したもののよくわからなくて使いこなせなかった」ということを防いでいます。ハンディ端末やキッチンプリンタを無料でプレゼントするキャンペーンなどが開催されていることもあるので、ぜひチェックしてみましょう。

POSシステムをうまく活用するには

POSシステムを導入し、それをしっかり店舗運営に活かすためにはいくつかのポイントがあります。まず、使い方のルールを店舗で統一し、スタッフ全員がきちんと理解するようにしましょう。POSシステムは複数の店舗スタッフが使用するため、それぞれが自由に使うとうまく管理ができなくなってしまうからです。

別のポイントは、POSシステムの売上分析・顧客分析機能を活用し、売上向上につなげる方法を考えることです。分析のグラフなどを見ると一喜一憂してしまいがちですが、そうするのではなく「この状態をどうすれば売上向上につなげられるか」と客観的かつ冷静に考えてみましょう。そうすることで、今後の経営戦略の道が開けてきます。

店舗オペレーションを効率化するその他のアプリ

店舗の運営を助けてくれるアプリは、POSシステムだけではありません。店舗オペレーションの効率化に役立つアプリは、以下のようなものもあります。

U-order

U-orderは、飲食店で働くフロアスタッフの負担軽減ができるセルフオーダーシステムです。特に、飲み放題や食べ放題がある店では、お客様が何度も頻繁に注文をするため、フロアスタッフの負荷が重くなりがちです。セルフオーダーシステムを導入すればスタッフの負担を軽減でき、人員の削減も可能になります。

U-orderは、飲食店で働くフロアスタッフの負担軽減ができるセルフオーダーシステムです。特に、飲み放題や食べ放題がある店では、お客様が何度も頻繁に注文をするため、フロアスタッフの負荷が重くなりがちです。セルフオーダーシステムを導入すればスタッフの負担を軽減でき、人員の削減も可能になります。

Uリザ BEAUTY

Uリザ BEAUTYは、理美容院専用のWEB予約システムです。お店のレセプション代わりにWEB予約を導入すれば、電話対応の手間がなくなります。Uリザ BEAUTYは24時間予約を受け付けられるため、予約機会の損失をなくすことができ集客にも効果的です。

お客様が閲覧する予約画面には、営業時間などの店舗の基本情報やスタッフのコメント、写真などを掲載でき、ホームページの役割も果たしてくれます。受付枠数の変更などWEB予約の設定は、サロン側の管理画面で行えます。

店舗の運営をアプリで手軽に効率化!

店舗運営の効率化のためにレジやオーダーシステムを導入したくても、コストが高くつくのではないかという懸念があったかもしれません。しかし、便利なアプリを活用すれば、手軽に低コストでPOSシステムやオーダーシステムを導入できます。使い方に関するサポートが充実しているものも多いので、さっそく利用を検討してみましょう。

]]>