【店舗アプリ作成サービス】UPLINK COLUMN https://www.uplink-app.com/column/ 店舗作成アプリのUPLINKが便利なアプリのTipsを公開 Fri, 27 Nov 2020 09:18:04 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=5.5.3 https://www.uplink-app.com/column/wp-content/uploads/2020/02/android-chrome-256x256-1-100x100.png 【店舗アプリ作成サービス】UPLINK COLUMN https://www.uplink-app.com/column/ 32 32 美容室の集客を成功させる方法は?コロナ対策のポイントも紹介します! https://www.uplink-app.com/column/2020/11/salon-success-method/ Thu, 26 Nov 2020 08:30:46 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=403 新規顧客やリピーターの獲得は、順調な経営に欠かせない重要なポイントです。美容室経営者の中には、「技術には自信があるのに顧客が増えない」「どのように集客すれば良いかわからない」という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、美容室で役立つ効果的な集客方法を解説していきます。新型コロナウイルスの感染が続く現状に合わせた集客方法も紹介するので、参考にしてみてください。

集客をする上での鉄則

効果的な集客をしたい場合、まずは「顧客獲得コスト」と「顧客生涯価値」の2点をしっかり押さえるようにしましょう。1つ目の「顧客獲得コスト」は、顧客1人を獲得するのにかかる費用のことです。インターネット広告費などが該当し、一般的にはCPAと呼ばれます。何もしなくても顧客が集まる店舗はほとんどないため、多くの美容室は大手ポータルサイトなどを活用してインターネット広告を出しているでしょう。広告はただ出せば良いというものではなく、それなりの効果がなければ意味がありません。

そこで重視されるのが、「費用対効果」です。費用対効果は、かけた費用に対する効果の大きさを示すもので、「売上÷広告費=1以上」となれば広告に効果があったと判断されます。ただし、費用対効果は効果の有無はわかるものの、顧客1人を獲得するための費用まではわかりません。このため、CPAを用いて詳細なコストを計算し、効率良く利益を上げているのかどうか判断するのです。CPAは、「広告費÷新規顧客数」で計算できます。たとえば、広告費が20万円で新規顧客数が40人だった場合、1人の顧客を獲得するのに5000円をかけている計算です。

顧客が美容室で1万円使えば5000円の利益を得られますが、顧客が4000円しか使わなかったら1000円分美容室側が損をすることになります。費用よりもCPAが低かった場合、利益を得るにはその顧客に何度も美容室を利用してお金を落としてもらわなければなりません。このように、費用対効果が良くてもCPAが悪ければ順調な利益を得るのは難しい可能性があるため、CPAにもしっかり注目する必要があるのです。

2つ目の「顧客生涯価値」は、顧客がリピーターになった場合に生涯でどれほど売上に貢献してくれるかを表したもので、LTVと呼ぶこともあります。わかりやすくするために、1年間に限定して考えてみましょう。この場合、LTVの計算式は、「平均単価×1年間の来店回数(12カ月÷来店頻度)×リピート率」となります。たとえば、平均単価は6000円で来店頻度は2カ月に1回、リピート率が80%の顧客のLTVは、6000円×6回×0.8=2万8800円です。この顧客がリピーターになってくれれば、売上が年間2万8800円増えることになります。この条件の顧客で年間売上をあと100万円増やしたい場合は、100万円÷2万8800円で約35人のリピーターが必要ということも計算できます。このように、LTVは長期的な視点で売上や集客を考える際に重要な指標となるのです。

よく使われている集客方法

集客を考える上で重要なポイントを理解したら、次は一般的に用いられている集客方法をチェックしておきましょう。近年は美容室の数が多く、顧客獲得をめぐる競争も激しくなっています。周辺のライバル店に負けないためにも、定番かつ主流の集客方法を押さえておくことはとても大切です。

オフライン

ネット全盛期である現代でも、紙媒体などを用いたオフラインの集客方法は数多く活用されています。たとえば、紙に美容室の場所やメニュー、料金などの情報を掲載した「チラシ」は定番中の定番ともいえる存在です。特定の日に特定の場所へ確実に届けることができるため即効性が高く、地域密着型の美容室には特に効果が期待できるでしょう。インターネットを使わない層にもアプローチでき、信用性が高い点も魅力です。ただし、チラシは細かいターゲティングができないため、なかなか反響を得られないこともあります。少しでも顧客の目に留まるよう、希少性の高いお得な特典や実際の利用者の声、印象的な写真や興味をひくキャッチコピーなど、魅力を高める工夫をすることが大切です。

また、「ニュースレター」も効果的です。チラシは主に売り込み目的で作成するものですが、ニュースレターは顧客に役立つ情報を中心に店舗の紹介などを掲載します。強引さがなく、顧客の興味をひきやすい内容なので効果的なアプローチが可能です。このほか、「スリーステップカード」もよく使われています。従来のポイントカードはかなりの来店数が必要で、顧客が途中で諦めてリピートしなくなるケースも少なくありませんでした。リピーターを増やすには、特典のタイミングが重要となるのです。3回で特典を得られるスリーステップカードはお得感からリピート率が高まりやすく、コストパフォーマンスの面でも効率が良いので店舗・顧客双方にメリットがあります。

さらに、顧客との関係性を深める「お礼状」も古くから使われる手法です。最初の来店から3日後にはお礼を、3週間後には店舗のコンセプトなどより深い情報を、3カ月後には割引クーポンを送るなど、段階的な訴求を続けることで顧客から忘れられないようにする効果が期待できます。ほかにも、店舗周辺に看板を掲示するなどしてすぐに始められる「アナログブログ」や、売上に応じて豪華な特典を付与する会員制度など、さまざまな集客方法があります。

オンライン

多くの人がスマートフォンやパソコンを使って自ら情報収集をする現代では、やはりオンラインを活用した集客方法が非常に重要となります。その中でまず実践したいのが、「ホームページの開設」です。ホームページは時間や曜日に関係なく宣伝活動を続けられるだけでなく、数多くの情報やコンテンツを表示することができるため、効果的にアプローチできます。顧客が知りたがっている店舗のコンセプトやメニュー・料金、スタッフや利用者の口コミ、予約・問い合わせフォームなどは、特にわかりやすく表示することが大切です。オフラインでの集客をきっかけにホームページを見てもらえるよう、チラシなどにアドレスも明記しておきましょう。

また、顧客に親しみを感じてもらえる「ブログ」も効果的な集客方法のひとつです。店舗のコンセプトやスタッフ紹介だけでなく、継続的に顧客の相談に応じたり役立つ知識を掲載したりすれば、そこから興味を持って来店してくれる顧客が増える可能性もあります。少しでも多くの顧客の目に留まるよう、閲覧数やユーザーが多いサイトを利用するのがおすすめです。さらに、コストをかけずに多くの顧客に宣伝したい場合は「SNS」の活用も外せません。

TwitterやFacebook、Instagramなど各種SNSは世界中に膨大なユーザーを抱えており、店舗の情報を効率良く広めることができます。中には分析機能を搭載したものもあり、宣伝活動の効果を調べたりターゲティングに役立てたりできるなど、さまざまなメリットも期待できるでしょう。ただ、インターネットに詳しくないなど、実際にどうオンラインを使えば良いのかわからないという人もいるでしょう。この場合は、最初から効果的な集客機能を備えた「UPLINK」のような集客アプリに頼るのもひとつの方法です。集客アプリにはポイントカードやクーポン、予約機能やプッシュ通知など集客に役立つ機能が数多く搭載され、操作もしやすいため手軽に宣伝活動を行えます。

今だからできる!コロナに負けない宣伝方法

新型コロナウイルスの流行により、売上を落とした美容室も多いかもしれません。しかし、そんな状況だからこそ、普段はできないアプローチが可能になることもあります。次は、今だからできる宣伝方法について確認します。

お客さんの層はどう変わる?

ネットリサーチ国内最大手である「マクロミル」の調査によると、コロナの影響で美容室の利用方法に変化があった人の割合は約25%に上っています。感染を避けるため、人が密集しやすい都心部ではなく、地元の美容室に通うようになった人は約18%でした。コロナで美容室の選び方を変えていないという人を合わせると、約61%が地元の美容室を選んでいることになります。さらに、美容室を選ぶ際に重視することは何かという質問でも、54%が自宅や職場に近いという点を挙げていました。

これらの結果から、地域密着型で人が集まりにくく、安全性の高そうな美容室が選ばれやすいことがわかります。もちろん美容室ごとに異なるものの、単純に考えて都心部の美容室では顧客が減りやすく、郊外の美容室では逆に顧客が増えやすいと予想できるでしょう。

お店側が気をつけるべきポイントは?

コロナは感染力が非常に高く、十分な対策が必要だということが知られています。美容室に来る顧客も、その点を一番に心配しているでしょう。このため、店舗側はとにかく感染のリスクを軽減するべく、可能な限りの感染対策を行う必要があります。ただし、いくら対策をしても、それが顧客に伝わらなければ意味がありません。「対策していないのではないか」と顧客が誤解してしまえば、客足は遠のいてしまうでしょう。このため、対策の内容は顧客にわかりやすい形で明確に提示してください。

ホームページやチラシなどで目立つように表示したり、店舗内外に看板やポスターを設置したりしてアピールすると効果的です。十分な対策は顧客の安心感や信頼感につながるため、リピーターの獲得に大きく役立つでしょう。

ウィズコロナ時に美容室ですべき対策

コロナに対する不安感が増している現状では、特に念入りな対策が求められます。全国理容生活衛生同業組合連合会からコロナに対する感染拡大予防ガイドラインが出されているため、それに従いながら店舗独自の対策を行うようにしましょう。必ずやっておきたい対策について、具体的に3つ紹介します。

「密」を避ける

感染症の主な感染経路は、飛沫感染や空気感染、接触感染です。閉ざされた室内でスタッフと顧客が近い距離で接する美容室では、特に感染のリスクが高いといえるでしょう。このため、とにかく「密」を避けることが欠かせません。室内に多くの人が集まらないよう、客席と客席の距離を保ったり、予約枠の減少や入店制限、営業時間の短縮などをしたりしましょう。また、スタッフと顧客が必要以上に密接になるのを防ぐため、マスクの着用を徹底した上で会話は最小限にすることも必要です。カウンセリングが必要な場合は事前にオンラインで済ませる、手が触れないよう会計はオンライン決済を勧めるなどの対策もおすすめです。

さらに、コロナウイルスは空気中を長時間漂うこともあるため、店舗内の換気を十分に行いましょう。ドアノブや椅子など、人の手が触れやすい場所もこまめに消毒してください。

お客さんへ十分な説明を行う

いくら十分な感染対策をしても、それが顧客へ伝わらなければ集客にはつながりません。オンラインやオフライン、いずれの集客方法においても、感染対策を行っていることを強くアピールしましょう。店舗のポリシーなどを同時に掲載することで、形骸化した対策ではなく本気で取り組んでいるのだと理解を得られるようになります。なお、感染対策の中には、顧客にも協力してもらう場合があります。健康に問題がないことを証明するために受付で検温したり、密を避けるために店舗の外で待ち時間を過ごしてもらったりすることもあるでしょう。スタッフやほかの顧客への感染リスクを軽減するためにも、こういった対策に同意できるかどうか、予約時に顧客に確認しておくと安心です。

店舗全体でのルール徹底

美容室で実際に感染対策を行うのは、現場で働くスタッフです。経営層だけが感染対策を意識しても、現場のスタッフに浸透しなければ意味がありません。感染リスクの高い接客業であることを自覚し、顧客だけでなく自分たちの身を守るためにも、店舗全体で感染対策のルールを徹底することが大切です。手洗いやマスク着用といった個人レベルの対策に加え、店舗全体の消毒やスタッフの数を減らすためのシフト制導入など、あらゆる対策を徹底して行うことがポイントになります。場合によっては、プライベートの食事や遊びを制限するなど、我慢を強いる必要もあるかもしれません。

ただし、あまり過酷な対策を行うと、スタッフの負担が大きくなってしまいます。スタッフの意見を聞いたり人員配置を工夫したりするなど、オーナー側もできる限りスタッフへ配慮するようにしましょう。

美容室での集客を成功させよう!

美容室の集客方法には、チラシやポイントカードを用いたオードソックスな方法のほか、ホームページやSNSなどのオンラインを活用した方法まで幅広くあります。中でも特に効果が期待できるのは、集客やキャッシュレス決済だけでなく、コスト削減や業務効率化にもつながる集客アプリです。低価格短納期でアプリ導入が可能、かつ万全のフォローが受けられる「UPLINK」なら、コロナで負担が増えているこの時期に大いに役立つでしょう。

]]>
美容院の集客向上!すぐできる分析方法からクーポン利用の注意点まで https://www.uplink-app.com/column/2020/11/hairdresser-attracting-customers/ Thu, 26 Nov 2020 08:10:57 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=399 日本全国には約24万7000店の美容室があり、その数は街中で見かけるコンビニ店舗の4倍以上となっています。これほど多くのライバルがいるなかで末永く店舗を運営していくために重要なポイントが、いかにリピーターを獲得できるかです。今回は、リピーター率をアップさせるために分析すべき数値や、リピーターの獲得に有効なクーポン利用について紹介していきます。

美容室のリピート率が低い3つの理由

リピーターを獲得するためにはクーポンが有効ですが、まずは思うようにリピート率がアップしない原因を考えてみましょう。リピート率がアップしないのは、おもに3つの原因が考えられます。

1つ目は「ターゲット設定が適切に行われていない」ことです。理想は性別・年代問わず多くのお客様に来店していただくことですが、ターゲット設定がしっかり行われていないと、お客様は自分に合わないと思ってしまいリピートしてくれません。例えば、ターゲット像を20~30代の女性にするとします。同じ年代でも流行に敏感で美容室にはスタイリッシュな空間を求める女性もいれば、仕事や子育てなど忙しい時間から解放されてゆったりできる空間を求める女性もいるのです。そこで、ターゲットを細かく設定してメニューやレイアウトをターゲットの好みに合わせることで、結果的に気に入られる可能性が高くなります。

2つ目は「来店後のフォローができていない」ことです。来店後のフォローがない場合、お客様は美容室の存在を忘れてしまったり、新規クーポンの使える新しい店舗に行ってしまったりします。そのため、できれば来店時に次回の予約を促進し、次回予約を行わなかったお客様にはDMを送る、2回目以降のクーポンを作るなどのフォローが必要です。

そして、3つ目の原因は「お客様の期待を上回るサービスをしていない」ことが考えられます。「〇cmカットしてほしい」というオーダーに対して、希望の長さをカットするだけではお客様がイメージした仕上がりになるとは限りません。もう少し短くなると思っていた、もう少し毛先が軽いほうが良かった、など満足できずに帰ってしまう可能性があります。また、カラーやパーマの場合も、液剤の刺激で肌がかぶれたことがないか、パーマがかかりにくい、カラーが入りにくいといった悩みはないかなど細かくカウンセリングを行うことが大切です。

分析すべき数値・リピート率を紹介!

クーポンを発行する前に、もう1つ考えておくべきことが「顧客獲得コスト」と「リピート率」についてです。この2つは現状を把握し、具体的な集客方法を考えるために重要なポイントになります。顧客獲得コストを算出すればクーポンの割引額や割引率を決める際の目安になりますし、リピート率によってどのような対策が有効か考えることができるのです。では、具体的な算出方法やリピート率の活用方法をチェックしてみましょう。

顧客獲得コスト・顧客生涯価値

顧客獲得コストとはお客様1人を呼ぶためにかかったコストのことで、広告の効果が全体でどのくらいあったのかを検証する費用対効果とは異なります。顧客獲得コストはCPA(Cost Per Acquisiton)という指標を使い算出することが可能です。CPAは「広告費÷新規客数」で算出でき、顧客獲得コストから実際の売り上げを引けば、何回利用してもらうべきかが分かります。

例えば、ある月に20万円の広告費をかけて新規客数は40人だったとしましょう。この場合、20万÷40=5000なので、1人のお客様を呼ぶために5000円かかっているということになります。お客様が8000円支払っているとすると利益は3000円になりますが、人件費などを考慮すると利益はほとんどありません。仮に、顧客獲得コストのほうがお客様の支払い額よりも多い場合は、2回以上来店してもらわなければ利益がなくなってしまうということが分かります。

利益を出すためには、新規のお客様にリピーターになってもらうことが重要です。1人のお客様が1年間に支払ってくれる金額を「顧客生涯価値(LTV・ライフタイムバリュー)」と呼び、「平均単価×1年間の来店回数(12ヵ月÷来店頻度)×(1-離脱率)」で計算できます。顧客生涯価値を算出することで、年間の売上目標に対してリピーターを何人増やすべきかが見えてくるのです。

新規リピート率

新規リピート率は新規のお客様がリピートする率のことで一番スタンダードな指標です。「リピート顧客数÷累計新規顧客数×100」で算出できるので計算してみてください。例えば、1ヵ月で8人の新規来店があり翌月に2人が再来店したとすると、2÷8×100=25%ということになります。美容室のリピート率平均値は90日間で既存顧客が70%、新規顧客は30%と新規リピート率は高くありませんが、平均値を切っている場合、リピート率が低い店舗といえるでしょう。

なお、新規リピート率は美容室のホームページからの流入に比べ、クーポン付きサイトからの流入のほうが低いといわれています。また、新規のお客様が来なくなるまでの回数も含めて考慮する必要があり、それによってさまざまな対策が必要です。1回目で来なくなるのは初回クーポンが目当てという可能性が考えられます。新規の集客を重視するあまり割引率を高くしすぎてしまうと、安ければどこでも良いというお客様が集まる可能性があるのです。2回目以降で来なくなるということは、その店舗にはあまり魅力を感じられなかったという可能性が考えられます。

メニュー別/従業員別リピート率

メニュー別や従業員別のリピート率でさまざまな対策を考えることもできます。まず、メニュー別のリピート率が分かれば、リピート率が低いメニューを改善するなどの対策が可能です。カットのリピート率が低ければ技術向上に力を入れる、カラーやパーマのリピート率が低いのであれば薬剤を見直してみるなどの対策ができるでしょう。ほかにも、メニュー単価が高い可能性も考えられるため、価格設定を見直してみるのも良いかもしれません。

また、どのメニューで従業員のリピート率が高いのかが分かれば、従業員同士で得意な部分を共有し合い全体の技術を向上させることができます。従業員それぞれの強みが分かれば、ホームページや広告で従業員ごとの得意メニューをアピールすることもできるでしょう。

その他

年代×性別のリピート率を把握するのも有効です。仮に、30~40代の主婦層をターゲットにしているにもかかわらず、20代男性のリピート率のほうが多いとすると、ターゲット層がずれているということになります。その場合、20代男性からの受けが良いことが分かるので、それに合わせた対策が可能です。さらに、年代×性別のリピート率が従業員別に分かれば、その従業員が得意なお客様の層も見えてきます。

また、失客時のメニュー×来店回数を把握しておくこともポイントです。お客様がどのメニューで何回目に来店しなくなったのかをチェックしてみると、失客の原因を知ることができます。初回で来店しなくなるお客様が多いのであれば、全体の雰囲気や従業員の接客が良くなかった可能性が考えられるでしょう。2回目で来店しなくなるお客様が多いメニューがあるのなら、そのメニューの技術力が足りない可能性もあります。評判の良くないメニューをあぶり出すことができれば、どのような対策をすれば良くなるのか考えることができるのです。

それから、現在の状況と過去の実績を比較して良くなっている点と悪くなっている点を分析するのも効果的といえます。現在の強みと弱みが明確に分かれば、強みを活かしつつ弱い部分をどのように強くしていくかという対策を考えることができるからです。

クーポン利用時に気をつけたい景品表示法

美容室の集客向上に必要な対策が分かったところで、集客アップのために利用したいクーポンの注意点を確認していきましょう。実は、クーポンを発行するには、景品表示法(正式名称は不当景品類及び不当表示防止法)を守らなければいけません。店舗が発行するからといって自由に決められるわけではないのです。

景品表示法はおまけをたくさんあげて消費者を強引に引き寄せたり、誇大広告などでだましたりしないよう定められた法律で、消費者を守るためにあります。消費者庁の管轄下にあり、消費者が適切に商品を選択できるようになっているのです。

①不当表示の禁止

景品表示法で禁止されていることの1つが「不当表示の禁止」です。この不当表示には「優良誤認表示の禁止」「有利誤認表示の禁止」「キャッチオール(その他誤解される恐れのある表示)」の3つがあります。

優良誤認表示の禁止とは実際の商品やサービスよりも良く見せようとするのを禁止することです。例えば、10万km走行した中古車を走行距離5万kmと表示したり、痩せる成分が入っているわけではないのに塗るだけで痩せると表示したりすることを禁止しています。

有利誤認表示の禁止は取引の条件を偽ってお得に見せることを禁止するということです。例えば本当は何名でも受け付けているのに先着〇名までと表示したり、通常と変わらない価格なのに期間限定特別価格としてお得だと思わせたりすることを禁止しています。

キャッチオールは、すべての商品やサービスの広告を一律で制限するのが難しいため、内閣総理大臣が禁止事項を指定できるということになっています。

②過大な商品の提供の禁止

景品表示法で禁止されている2つ目は「過大な商品の提供の禁止」です。これは、ノベルティやおまけについて定められている禁止事項で、一般懸賞と総付景品があります。一般懸賞とは商品の購入者のなかから抽選で何かをプレゼントすることで、総付景品とは購入者全員に何かをプレゼントすることです。これらは豪華な景品に惑わされてじっくり検討せず購入してしまったり、景品込みの高額な値段で購入させられたりするのを防ぐために景品の上限や総額が定められています。

ちなみに、割引クーポンについての限度額は決まっていないものの、リピート率に合わせたクーポンを発行しなければ利益につながりません。そのため、クーポンはバランスを考えて発行する必要があります。また、割引ではなく「クーポン利用で○○をサービス」という場合は総付景品にあたり、1000円未満なら200円、1000円以上なら取引価格の10分の2が上限です。クーポン利用でおまけをプレゼントする場合はこの金額を守りましょう。

違反したらどうなる?

景品表示法に違反すると是正命令が行われ、罰金の納付をしなければなりません。是正命令はインターネットで公表されてしまうため、お客様が離れたり風評被害につながったりする可能性があるので注意が必要です。

集客アップにはクーポンが有効ですが、リピート率を考慮してクーポンを発行しなければならないうえに、いくつかのルールがあります。そのため、クーポンを運用することによって従業員に時間や手間など負担がかかる可能性があるのですが、そのような負担を減らすためにもアプリの導入を考えてみましょう。

リピート率分析×クーポンで集客UPを狙おう!

美容室の集客アップのためにはリピート率の分析やクーポン発行が有効といえます。そこで、アプリを導入し従業員の負担を減らしましょう。UPLINKは一からアプリを構築するよりも安く、短期間でできるパッケージ商品です。デジタルチケット機能で煩雑な業務がなくなるうえに、定額の範囲内で運用フォローアップ体制が充実しています。集客アップを狙うなら店舗アプリ公開NO.1のUPLINKをチェックしてみてください。

]]>
効果の高い飲食店の集客手段って?売上の安定に特に効果があることは? https://www.uplink-app.com/column/2020/11/effective-attracting-customers/ Thu, 26 Nov 2020 07:52:47 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=396 新型コロナウイルスの流行以来、感染拡大防止のための外出自粛が続いています。その影響により、集客に悩んでいる飲食店は少なくありません。そこで、そうした苦境を乗り越えるヒントとなるように、「新規顧客の集客手段」「企業・団体による飲食店支援」「Go Toイートキャンペーン」などの詳細を紹介していきます。同時に、売上の安定化に不可欠なリピーター獲得の方法についても解説します。

新規顧客集客に効果的な手段

コロナ禍の影響が長期化しているなかで、飲食業界は深刻な状況に陥っています。これを乗り切るには今まで通りのやり方だけでは十分ではありません。新しい試みを実行に移し、新規顧客の獲得に取り組むことが重要です。そこで、この段落では新規顧客の集客に効果的な手段を紹介していきます。

看板・ウェルカムボードの設置

店を構えていてもそれに気付いてもらえなければお客は集まりません。特に、高層階にある店舗の場合はその傾向が顕著です。そこで、通りがかった人がすぐに気が付くように看板を設置する必要があります。ただ、看板と一言でいっても、突き出し看板や店舗入り口上部に設置する横長型のファサード看板といった具合に、種類はさまざまです。どれを選ぶかは立地条件などによっても変わってきますが、歩行の邪魔にならず、それでいながら通行人の目線に合わせて進行方向から自然と視界に入ってくるように設置するのがコツです。

一方、店の存在を知ってもらうだけでなく、より興味を持ってもらうためにはウェルカムボードも必要になってきます。ウェルカムボードとは店頭に設置している小型の看板やサインボードを指す言葉ですが、メインの看板とは異なり、「本日の一押しメニュー」「本日の予約状況」「来店を歓迎する言葉」などといった、より具体的な情報を伝えることができます。これによって、入店しようか迷っている人に対する後押しとなるわけです。ちなみに、ウェルカムボードを設置する場合はメニューの価格帯が一目で分かるようにしておくことをおすすめします。なぜなら、値段がわからないと多くの人は入店を躊躇ってしまうからです。

チラシの配布・ポスティング

ネットが広く普及した現代においてもチラシは一定の集客効果が見込めます。特に、ネットを使えない世代や地域の人々に対するアピールには最適です。具体的な宣伝方法としては、「自作のチラシを駅前や店先などで手配り」「近隣地域でポスティング」「新聞の折り込みチラシ」などが挙げられます。その際、「〇円引き」「ドリンク無料」などといったクーポンを付けるとさらに効果的です。お得だと感じれば来店したくなるものですし、期間限定にすれば即効性のある集客が期待できます。また、それなりのコストはかかるものの、継続的に行うことで店の認知度を高められるというメリットもあります。

地域情報誌への掲載

地域のフリーマガジンを利用するのも集客を図る有力な手段だといえます。なぜなら、こういった地域情報誌は地方によっては新聞以上に目にしてもらえる可能性が高いうえに、幅広い年代にアプローチができるというメリットがあるからです。また、お店のこだわりやおすすめメニュー、価格帯、雰囲気などといったものを潜在的な顧客に対して効率的に伝えられるという点も見逃せません。ただ、広告スペースが4分の1ページ程度だと、他の広告や記事にまぎれて見過ごされてしまうおそれがあります。したがって、出稿するなら多少費用はかかるものの、より注目されやすい折り込み広告もおすすめです。

イベント実施

期間限定のイベントを実施し、見込み客の関心を引くのも一つの手です。特に、「お得」「面白そう」と思わせるようなイベントを行うことができれば高い集客効果が期待できます。代表的なものとしては、「ドリンク1杯無料」や「看板メニュー無料サービス」などが挙げられます。それも、「平日限定」や「2月限定」などといった具合に、閑散期や平日などの客入りが悪い期間に絞って実施するのがおすすめです。そうすれば、時期による極端な売上の落ち込みを抑えることができ、業績の安定化にもつながります。

また、地元のアーティストを招いたり、他店とのコラボイベントを行ったりするのも、新規顧客の呼び込みには効果的です。ただ、個人飲食店のように規模の小さなお店の場合はそうした大規模なイベントを行うのは難しいかもしれません。そこでおすすめなのがSNSを利用したイベントです。「SNSをフォローした人限定でドリンク1杯サービス」のようなイベントであれば手間をかけずに行うことが出来ます。同様に、「誕生月の方限定サービス」なども気軽に行えるイベントの一つです。

グルメポータルサイトへの登録

自分のニーズに合った飲食店を探したい場合、多くの人はグルメポータルサイト、あるいはグルメ情報サイトと呼ばれるものを利用します。これは全国にある飲食店の情報をまとめたサイトで、食べログやぐるなびなどが有名です。一方、店舗側がこうしたサイトに登録すれば、たとえお店の公式サイトがなくても営業情報やメニューなどを公開することができます。そのうえ、クーポン券発行・予約・口コミレビュー・外国語対応などといった機能まで備わっているのです。したがって、グルメポータルサイトに登録し、顧客にお店を見つけてもらうというのはかなり有力な集客方法だといえます。一部有料になるものの、検索が上位に表示され、顧客の目に付きやすいというメリットは見逃せません。

公式サイト・ブログの運営

ネットが普及した現代において、公式サイトからの情報発信は極めて重要です。グルメポータルサイトでも独自に店舗ページを作成して情報を発信することは可能ですが、公式サイトやブログを運営すれば店舗のブランディング作りの一助となり、対外的な信頼感も生まれてきます。また、ブログを更新しつづけることによって検索エンジンで上位に表示されると、アクセス数の増加にもつながります。根気は要するものの、アクセスを集められるようになれば検索エンジンを通じて新規顧客が24時間流入し続けるため、大きな集客効果を得られるようになるのです。

それに、グルメポータルサイトの店舗ページなどとは異なり、自由にコンテンツを作成できるというのも大きなメリットです。宣伝効果を高めるために独自の工夫を凝らすこともできますし、顧客との積極的なコミュニケーションも可能になります。しかも、後述するSNSやリスティング広告などと連携させれば、さらに大きな効果が期待できます。

Google マイビジネスへの登録

Googleにはさまざまなサービスがありますが、そのなかでも特に集客の助けとなるのがGoogle マイビジネスです。このサービスに登録すると、Google検索やGoogleマップに店舗情報が出てくるようになります。たとえば、Google検索で「地名+メニュー名」などで検索した場合、検索結果画面の上位に店舗の位置を記した地図や店舗情報をまとめたパネルなどが表示されるといった具合です。しかも、レビューや口コミ機能があるうえに、写真や動画を掲載することもできます。また、ホームページとの連動やイベントの情報の投稿も可能です。

なにより、無料で利用できるのがうれしいところです。ただ、登録しただけでは必ずしも上位に表示されるとは限らないので正確な店舗情報を記載し、おすすめ情報などを頻繁に更新する必要があります。そうした努力を続けることで店舗情報が上位に表示されるようになり、大きな集客効果へとつながっていくわけです。

リスティング広告への出稿

ネットを利用した集客方法としてはリスティング広告も有力な選択肢の一つです。リスティング広告とは、ユーザーが検索エンジンを用いて検索した際に、キーワードと連動して検索画面の上部や下部に表示される広告のことを指します。たとえば、「地域名+業種名」「地域名+料理」「地域名+用途(宴会・忘年会など)」といったキーワードの組み合わせをあらかじめ設定しておき、実際にその組み合わせで検索が行われれば広告が表示されるといった具合です。

ちなみに、このサービスは有料で、広告がクリックされた数に応じて広告料を払う仕組みになっています。費用対効果は高いといわれているものの、運用するにはそれなりの知識が必要です。ある程度の勉強は必須となるので、その点を踏まえて利用するかどうかを決めていきましょう。

SNS運用

現代における集客対策として欠かせないのがSNSです。FacebookやTwitter、Instagramなどで店舗アカウントを作成し、フォロワーを増やしていけば情報発信力が高くなり、集客につなげることができます。ただ、フォロワーが少ないうちはなかなか見てもらえませんし、こまめに更新しなければフォロワー自体が増えていかないという大変さはあります。その代わり、努力さえ惜しまなければ、ほとんどコストをかけずにファンを育成することができるのです。

また、より効果を高めるにはSNSの特徴やユーザーの属性を踏まえたうえで、ターゲット層が多く利用しているものを選択することが大切になってきます。たとえば、20~30代の若い女性が中心のお店の場合はInstagram、比較的年齢層の高いお店の場合はFacebook、さらに、なるべく幅広い層をカバーしたいのならtwitterといった具合です。

見逃さないで!企業・団体の飲食店支援

新型コロナウイルスの拡大に伴って飲食業界は大変な苦境に立たされています。そのような現状のなか、日本の外食文化の火を消さないようにと、支援を始めている企業や団体が数多く存在します。したがって、コロナの影響による業績悪化などに悩んでいる人は、実際にどのような支援が受けられるのかを確認しておくことが大切です。たとえば、グルメサイト「Retty」ではテイクアウト・デリバリー導入店舗の情報を掲載して集客を助けるサービスを始めていますし、株式会社wonderXでは集客に困っている飲食店に対してパワーインフルエンサーによるPRサービスを無償で行っているといった具合です。その他にも、一般企業による運営支援や集客支援が豊富に展開されています。

また、地方自治体でも店舗情報を掲載したり、補助金制度を導入したりして、飲食業界の支援を行っています。地域観光ブログでテイクアウト情報を共有したり、公共施設でクーポン券の配布を行ったりというのがその一例です。

デリバリーやテイクアウトのスタートも要検討!

外出自粛の影響によって外食が控えられている一方で、デリバリーやテイクアウトの人気は高まっています。そのため、そういったサービスを新たに始めることで活路を開こうとしている業者も少なくありません。ただ、デリバリーに関しては、最初に配達員やバイクあるいは配送車などを用意する必要があります。売上が落ち込んでいる最中に少なくないコストをかけるのはリスクです。そこで、おすすめなのがデリバリー代行業者の利用です。たとえば、「Uber Eats」や「デリバリー/テイクアウト注文アプリ」などはサービスも充実してきているので、一度導入を検討してみてはいかがでしょうか。登録さえすればすぐにデリバリーが始められるので非常に手軽です。

一方、テイクアウトに関してはサービスを開始する際に大きなコストはかかりませんし、店内で通常提供している料理を販売するだけなら基本的に特別な許可も必要ありません。飲食物を入れる容器さえあればすぐに始められます。とはいえ、「料理の調理場所と販売場所が異なる場合は別途許可が必要」「スイーツのテイクアウト販売は菓子製造業許可やアイスクリーム類製造業許可が必要」などといった例外が存在します。導入後に指摘されることがないよう、あらかじめ確認をしておきましょう。

波に乗りたい!「Go Toイートキャンペーン」の詳細は?

政府は苦境に立たされている飲食店を支援するため、「Go Toイートキャンペーン」を推進しています。実施内容としては、購入額の25%分を上乗せして使えるプレミアム付き食事券や予約サイト経由の消費者にポイントを付与するサービスなどがあります。より具体的にいうと、前者は額面6250円の食事券なら5000円で購入でき、後者は昼食時間帯に飲食店に予約や来店をすると500ポイントが、夕食時間帯なら1000ポイントがそれぞれ付与されるというものです。いずれも、消費者の来店意欲を向上させるものとして期待されています。

ただ、飲食店側がそのキャンペーンにエントリーするには、業界ガイドラインに基づいて感染予防を実施していることが求められるので注意が必要です。一例としては、「店舗入口や手洗い場に手指消毒用の消毒液を常備しておく」「飛沫感染予防のために席と席の間はパーティションで区切るか十分なスペースを確保する」などといった条件が挙げられます。そして、それらの条件を満たしたのちに、オンライン飲食予約サイトなどの事業者に登録すればその時点からキャンペーンに参加できるというわけです。
※オンラインサイトを通じての予約によるポイント付与は終了しております。

売上の安定化のために!リピーターを増やそう

ここまではいかにして新規の顧客を集客していくかについて語ってきましたが、それだけでは一時的な効果に終わってしまいがちです。伸ばした売上を長期的に安定させようと思えば、リピーターの獲得が不可欠です。そこで、この段落ではリピーターを増やす方法について説明していきます。

リピーター獲得に力を入れる重要性

売上を高いレベルで維持するには単に顧客の数を増やすだけでは十分ではありません。なぜなら、売上の8割は全顧客の上位2割によってもたらされるという「パレートの法則」が存在するからです。この上位2割にあたるのが常連客です。また、新規顧客を獲得するには、リピーターを集める5倍のコストがかかるといわれており、これを「1:5の法則」といいます。さらに、何度も来店するリピーターであれば新規顧客を連れてきてくれる可能性があるなど、良い口コミ効果が期待できます。したがって、コストを抑えながら売上を伸ばしていこうと思えば、リピーターの獲得が極めて重要になってくるわけです。

リピーター獲得のために何をすべきか

初めて訪れた飲食店に同じ客が再度来店する確率は高くても40%程度だといわれています。それに対して2度来店した顧客が3度目も訪れる確率は推定で約80%です。要するに、集客において最も難しいのは初回客にいかにして2度目の来店をしてもらうかであり、リピーターを獲得するためにはこの課題をクリアする必要があります。ただ、そのためには料理やサービスの向上だけでは不足です。なぜなら、お客にとって料理やサービスの質が高いのは大前提であり、それだけでは「もう一度来てみたい」とまではなかなか思ってくれないからです。

そこで、再来店のきっかけをどのようにして設けるかが重要になってきます。たとえば、初回客に「次回使えるクーポン」を用意するなどです。また、ポイントカードなどで来店すれば得をするという仕組みを作れば、3回目以降の来店にもつながっていきます。それから、メンバーズカードなどで常連客を特別扱いするといった手法も有効です。さらに、紹介制度も用意すると新規顧客を連れてきてくれる可能性も高くなります。

リピーター獲得に有効なのが「店舗アプリ」

リピーター獲得の手段として特に有効性が高いのが店舗アプリです。ただ、それがどういったものかをよく知らないという人も多いのではないでしょうか。そこで、そもそも店舗アプリはどのようなもので、どういったメリットがあるのかについて紹介していきます。

店舗アプリとは?何ができるの?

今やスマートフォンアプリは大多数の人にとって生活の一部になっています。店舗アプリとはスマートフォンアプリを活用した店舗独自の集客ツールです。店舗アプリ作成サービスを利用すればアプリ開発や運用の知識がなくてもアプリを持てるため、大手チェーン以外でも配信している店舗は少なくありません。具体的に何ができるかというと、たとえば4000店舗以上の導入実績を誇る「UPLINK」の場合はスタンプカードやポイントカード、お知らせ配信やプッシュ通知、事前注文・決済機能、回数券機能などです。しかも、これはほんの一例であり、他にも多くの機能が備わっています。

店舗アプリのメリットとデメリット

店舗アプリを用いれば、「回数券機能を利用したサブスクサービス」や「事前注文・決済機能を利用したテイクアウト」といった集客に結び付く新サービスの導入が可能になります。また、分析機能による適切な顧客分析は新たな集客対策のヒントをもたらしてくれます。さらには、キャッシュレスや紙のカードの廃止によるペーパーレスの実現につながる点も見逃せません。ただ、導入及び運用にはそれなりのコストがかかるため、費用対効果が適切かをよく確認する必要があります。

さまざまな広告手段やサービスを駆使して集客課題を解決しよう

飲食店にとってコロナウイルスの流行は大きな問題であり、実際に客足が遠のいた店も少なくありません。しかし、昔と違って現在は飲食店の集客課題を解決できるさまざまな広告手法やサービスがあるので、うまく活用していくことをおすすめします。たとえば、店舗アプリ作成サービスの「UPLINK」なら、4種類のプランから課題やニーズに合わせて選択することが可能です。興味があれば一度詳細を確認してみてはいかがでしょうか。

]]>
ただ出すだけではNG!飲食店における効果的なクーポン活用のポイント https://www.uplink-app.com/column/2020/11/restaurant-coupon-utilization/ Thu, 26 Nov 2020 07:38:02 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=392 飲食店の経営努力をしているのに、なかなか売上が伸びずに悩んでいるオーナーは多いでしょう。状況を好転させたいなら、顧客が訪れたくなる要素を再検討する必要があります。実は、クーポンの有無や内容が集客に大きく影響することを知っていますか。この記事ではクーポンの作成によって、効果的に売上をアップさせるためのポイントを解説します。

クーポンを作る際の8つのポイント

やみくもにクーポンを用意しても高い効果を期待できません。どうすれば売上に結びつくのか理解しておくことが大切です。飲食店のクーポン作成にあたり、事前に押さえたほうが良いポイントを紹介していきます。

GoToイートを活用する

新型コロナウイルスの影響によって、経営が落ち込んでしまった飲食店はたくさんあります。感染予防対策を実施している店舗の需要を喚起する目的で、2020年10月1日にGo Toイートキャンペーンがスタートしました。これは、食材の消費が減って打撃を受けている農林漁業者を救済する意味もあります。プレミアム付き食事券の発行やポイント還元に関する支援がされているため、積極的に活用していくのが得策です。準備が完了した事業者の店舗から参加を受け付けているので、前向きに申し込みを検討してみましょう。

法律に注意する

無料券や割引券は店舗が好き放題に発券できるわけではありません。それらに関するルールを把握したうえで用意しないと、違反と見なされて課徴金が発生するケースもあるので要注意です。具体的には「景品表示法」という法律により、景品類について総額や最高額の規定が設けられています。景品表示法において「景品」という言葉は、おまけや粗品だけを指すわけではありません。集客を目的として、サービスに付帯させる形で提供するものも含まれます。ですから、クーポンを作成するときは内容が違反に当たらないか確認することも大事です。

ターゲットを絞る

店舗が割引や特典を安易につけていると、それらは顧客にとって当たり前のものになってしまいます。サービスの質が低下しやすくなるリスクもあるため、なんとなくクーポンを発行するような漠然とした施策は良くありません。割引や特典の展開において重要なのは、魅力が薄れないようにターゲットを絞って実施していくことです。ファミリー世帯が対象なら子ども用のクーポンを提供するというように、どの層にアピールしたいのか明確にする必要があります。ターゲットごとに特化した効果的な展開を仕掛けるようにしましょう。

誰もが分かりやすいクーポンにする

せっかくクーポンを提供しても、顧客が使いたいと思わなければ意味がありません。その意欲を高めるには、どのようなメリットがあるのか分かりやすく示すことが重要です。説明が苦手な人に多いミスとして、自分に馴染みのある専門用語を使ってしまうことが挙げられます。顧客の知らない言葉が1つでも記載されていると、クーポンが使われる可能性は低くなるので気を付けましょう。言葉の説明を受けて理解するための負担が顧客側に発生するからです。広告のプロは、若者から年配者まで多様な人が読むことを前提として、平易な文言で作成するように努めています。クーポンを作る場合も同様のスタンスで臨むことが欠かせません。

多種類のクーポンを用意する

クーポンの種類を多くして、サービス精神が旺盛な店舗という印象を与える戦略も有効です。何種類も用意することが大変であれば、同じ内容のクーポンをたくさん提供するという方針でも構いません。いずれにせよ顧客の目を引きやすくなり、その分だけ来店してもらえるチャンスを増やせるからです。前述のように安易な発行は良くありませんが、ニーズに合致したクーポンを多く渡せば、何度も使用したいという気持ちによってリピーターになることを期待できます。

写真やイラストで分かりやすく

デザインの検討もクーポンの作成に欠かせない作業の一つです。一般的にクーポンは情報を掲載できるスペースが広くありません。ですから、必要な情報が正確に伝わるように、分かりやすいデザインに仕上げることが求められます。たとえば、写真やイラストで割引対象のメニューを示しておけば、少し見ただけで用途を直感的に把握してもらえるでしょう。作成の際に大切なのは、分かりやすさと見やすさ、美しさの3点を意識して取り組むことです。フォントやレイアウトにもこだわることで、センスの良さを感じさせる機能的なクーポンになります。

利用期限を設ける

クーポンに利用期限をつけないほうが、使ってもらえるチャンスが増えると思う人もいます。しかし、実際には逆効果になることも多いので注意しなければなりません。その理由は、仕事の締め切りや納期をイメージすると分かるでしょう。期日が迫ってくるにしたがって、優先して行動に移そうとする心理が働きます。これはクーポンに関しても同じで、利用期限が長いと急いで使用する必要がなく、あまり値打がないという印象を招きやすいです。利用期限が短いほど値打ちが高まり、他にも限定的な要素が強ければ、その分だけ使おうとする衝動も大きくなります。

クーポンの希少性を伝える

希少性を強調することも重要なポイントです。人の行動を後押しするものとして、損をしたくないという願望と得をしたいという願望があります。この2点のうち、モチベーションをより高められるのは前者です。クーポンが希少なものだと分かれば、それを利用しないと損だと感じ、来店しようとする意欲をかき立てられます。そのためには、「入手困難な食材で作る隠しメニュー」のようなインパクトのあるコピーによって、顧客の感情に強く働きかけるオファーが必要です。

効果的な仕掛けを作りましょう

クーポンの提供をゴールと考えず、十分な効果を得られるように工夫することが大切です。また、店舗の売上アップにつながる仕掛けはクーポンだけではありません。その他の仕掛けも視野に入れて、総合的に取り組んでいきたい場合は、店舗アプリを用意することも有効な手段です。店舗アプリの作成に関心があるなら、機能や導入費用などを知るためにも、まずはアプリ作成会社に問い合わせてみましょう。

]]>
サロンの集客に悩んでいる人必見!コロナ渦における集客方法と店舗つくり https://www.uplink-app.com/column/2020/11/salon-attracting-customers/ Thu, 26 Nov 2020 06:49:50 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=385 サロン経営者の中には、集客が思うようにいかずに悩んでいる人もいるのではないでしょうか。集客ができなければ、サロンの経営は立ち行かなくなってしまいます。また、コロナ禍の影響を受けているサロンも少なくないでしょう。この記事では、サロンの集客を成功させるためのポイントのみならず、サロンを経営するうえでのポイントやコロナ禍の対策についても解説します。

サロンの経営を成功させるためにすること

サロンを開業したからには、経営を成功させることが必須です。ここからは、サロンの経営を成功させるために重要な4つのポイントを解説します。

市場を把握する

サロンといっても、ネイルサロンからエステサロン、美容室までさまざまな種類の業界があり、業界ごとに市場の状況は異なります。そのため、サロンの経営を成功させるには、自分が経営するサロン業界の市場状況がどうなっているのを把握することが欠かせません。その業界に参入している店舗数や顧客のニーズ、動向などを把握したうえで、どのポジション、どのような戦略で戦っていくのかを考える必要があります。競合がどのような層をターゲットにしているのかを把握し、差別化を図ることがポイントです。

競合とは異なる層をターゲットとし、そのターゲットに特化したサービスを提供できればターゲットの取り合いにはなりません。ターゲットが競合と似通っている場合は、競合に対抗できるようサービス内容に工夫を凝らすことが必要です。

ターゲットを絞る

幅広い客層を集めることを意識してしまい、オールマイティにサービスを提供する方針を打ち出してしまうと、逆に特徴のないサロンになってしまいます。その結果、思うように集客できないケースも少なくありません。集客を効果的に行うにはターゲット層の絞り込みを行い、そのターゲット層が求めていると思われるサービスを提供することがポイントとなります。ターゲットの絞り込みをする際に、ペルソナを設定するとより効果的です。ペルソナとは、お客様となる人の年代や家族構成、性格、生活習慣などを、あたかも実在している人物であるかのように詳細に設定していくことをいいます。ペルソナを設定することによって、ターゲットにどのようなサービスを提供すればよいのかが具体的に見えてくるでしょう。

コンセプトを決める

ターゲットが決まれば、そのターゲットにアピールしていけるような店舗のコンセプトを決め、特徴を打ち出していくことが大切です。特徴を決めるにあたっては、サロン側目線ではなくユーザー目線で考えていくこともポイントとなります。たとえば、「夜9時まで営業」といえばサロン側目線ですが、「夜9時まで営業しているので仕事帰りにも立ち寄れる」というとユーザー側のメリットが明確になるでしょう。他の競合が行っているのと似たような感じの特徴では、ユーザーへのアピール力は不十分です。幅広いメニューを提供するのではなく、特定のジャンルのメニューにこだわって提供する、サービスに特色を持たせる、よそにはない専門性をアピールするなど、自分の店舗ならではの特徴を出していきましょう。

商圏エリアを選ぶ

商圏エリアとは、サロンをどのエリアに出店するかということです。絞り込みをしたターゲットが店舗に足を運んでくれると考えられるエリアに出店しなければ意味がありません。一般的には、店舗から半径500m以内の距離からであれば、無理なく足を運べるとされています。店舗から半径500m以内にターゲットがどれくらいいるのかを把握しておくことが必要です。

都心や駅近は郊外と比べると人が多いため、お客様を多く集められるとは単純にいえません。都心や駅近など好立地な場所は郊外に比べて家賃が高いため、家賃を支払っても利益が残るくらい多くの収益が見込めなければ、経営は厳しくなってしまうでしょう。また、好立地な場所は競合もたくさん集まっているため、その中で集客力を高めるのはハードルが高くなります。商圏エリアを決める際には、その地域の人口推移や地域性、大規模店舗の出店計画があるかなどを事前に下調べすることが大切です。

集客を成功させるポイント

ここからは、集客を成功させるには具体的にどのようにすればよいのかを解説します。

適切な価格設定をする

集客を成功させるためには、適切な価格設定にすることがとても大切です。価格設定をする際に、ターゲットがどれくらいの金額なら支払ってくれるのかを考える必要はありません。同じサービスを提供したとしても、必要とする人は多少高くてもそのサービスを受けたいと思うでしょうし、必要としていない人はお金を払ってまで受けようと思わないからです。また、あまり高すぎると集客できないのではないかと考えて価格を安く設定したり、周辺の相場に合わせて価格設定したりすることも良くありません。

たとえ価格が高くなったとしても、その価格に見合ったサービスの提供ができるサロンにすることが大切です。価格を設定する際には、月間や年間の利益目標を考え、1日、1カ月、1年でその利益を出すためにはどれくらいの価格にすべきなのかを考えていくようにしましょう。提供するサービスを決めてから価格設定をするのではなく、ターゲットや利益に見合ったサービスを提供することがポイントです。

ターゲットに合った集客方法を選ぶ

サロンの集客を考えたときに、チラシやフリーペーパーを使った宣伝を考える人は少なくありません。しかし、スマホが普及したことに伴って、サロンを探すのにインターネットを活用する人が多くなってきている傾向です。特に若い世代ほどその傾向が強く、チラシやフリーペーパーを利用して来店する人は、中高年の世代が多くなっています。そのため、若い人をターゲットとするならインターネット広告、中高年をターゲットにするならチラシやフリーペーパーと広告媒体も使い分けが必要です。

さらに、広告媒体の中でもクーポン付きの高額な広告媒体を利用する店舗が増えています。しかし、こうした広告媒体の中には知名度が低いものもあり、思ったほどの効果が得られない場合も少なくありません。逆に、広告効果は高くても掲載費が高額な場合、新規顧客の集客を目的とするだけでなく、新規顧客をリピーターとしてつなぎ留めていくことが課題となります。

VIP客・リピーターを大切にする

サロンの売上を上げるためには、VIP客を大切にすることがポイントとなります。VIP客とは、サロンを頻繁に利用していて売上に最も貢献してくれているお客様のことです。そのため、VIP客のニーズに合わせたサービスを提供していくことが売上の増加に直結してきます。リピーターは、VIP客ほどではないものの、サロンに定期的に通ってくれるお客様のことです。新規のお客様を集客するためには、フリーペーパーへの掲載や割引などの特典が必要になります。そのため、新規のお客様を集客するための費用は、リピーターの集客と比べて20倍のコストが必要だといわれているのです。

新規のお客様をたくさん集めることよりも、VIP客やリピーターに数多く来店してもらうほうが効率の良い売上アップにつながります。そのためにも、VIP客やリピーターの顧客情報をしっかりと管理していくことが必要です。名前や住所など基本的な情報の他に誕生日や来店回数、お客様ごとの売上累計、平均単価、前回の来店日などを管理しましょう。それらの顧客情報を分析して、適切なサービスや商材を見極めることが大切です。

2種類の集客

集客媒体にはプッシュ型とプル型の2種類があります。プッシュ型とは、広告主が自分の決めたタイミングで不特定多数のターゲットに対して情報を発信する方法のことです。ターゲットとなる人は、希望するか否かに関わらず、情報を受け取ります。TV広告やチラシなどはプッシュ型の例典型例です。多くの人に認知してもらうことができる反面、コストが高い難点があります。プル型は、ターゲットとなる人が自ら情報を取りに行く方法のことで、ホームページやブログなどがその例です。情報提供のタイミングに制限がないため即効性はない反面、コストは低めの傾向があります。どちらの媒体にもメリットとデメリットがあるため、両者を上手に使い分けることがポイントです。

まずはチラシでサロンの存在を知ってもらい、興味を持ったお客様にサロンのホームページへアクセスしてもらって予約や問い合わせにつなげるというように、両方を使うことで相乗効果が期待できます。

おすすめの集客方法

サロンの集客を目指したい人におすすめの方法をいくつか紹介しましょう。まず、サロンのホームページを作っておくことにより、お客様の安心や信頼につながります。ホームページはブログ機能がある場合も多いので情報発信が行いやすく、予約フォームの設置も簡単です。次に、InstagramやFacebook、TwitterなどのSNSは気軽に情報が発信でき、コメントのやり取りも可能なので、お客様とつながることができます。

また、Web広告は、クリックされたときだけに費用が発生するしくみであるため、あまり予算をかけたくない場合でも気軽に始められる方法です。この他、チラシのポスティングは、新聞を購読していない家庭に対しても宣伝することができます。配布地域を細かく指定することもできるため、新店舗のオープンを地域の人に知らせたい場合などに使うと有効です。

コロナ禍の集客のポイント

コロナ禍が収束していない中、サロンの集客をより効果的に行うため何に留意すべきなのかを解説します。

密対策

新型コロナウィルス対策として政府からも要請されているとおり、3密を避けることは必ず取り組むべきことです。サロンはお客様と1対1で接することが多いため、密集になることは滅多にありません。 ただ、施術の際にお客様と会話をするため密接になる場合があります。施術を行う際にマスクを着用すること、他のお客様との間に仕切りを設けること、なるべく会話を少なくすることなどで対策が可能です。また、普段は店舗の窓やドアは閉めているのが一般的ですが、窓を開けて常時換気を行ったり定期的に空気の入れ換えを行ったりしましょう。人が多く集まりすぎないようにするために、入店制限やお客様同士の間隔を可能な限り空けるなどの方法を取ることも効果的です。

対策のガイドラインの発信

サロンに行きたい気持ちはあっても、新型コロナウィルスへの感染が心配だからとお客様が二の足を踏んでいるケースは少ないとはいえません。そのため、サロンでは新型コロナウィルス対策としてどのような取り組みを行っているのかをホームページやSNSなどを通じて発信しましょう。そうした告知を行うことでお客様からの信頼を得られ、安心して店舗に出向いてもらえます。なお、対策のガイドラインを発信する際には、誤った情報やお客様をあおる情報や差別につながる情報を載せないように注意しましょう。

ルールの徹底

感染対策のルールを作ったら、店長だけがそのルールを守っても意味はありません。従業員全体でそのルールを共有し、徹底して対策を行っていくことが大切です。ルールを作る際には店長だけが内容を考えるのではなく、従業員も巻き込んでルールを決めていきましょう。人から押し付けられたルールよりも、自分達で決めたルールのほうが守っていこうという気持ちになりやすいからです。また、ルールは一度決めたら終わりではなく、その都度従業員と話し合いをしながら改善していくとよいでしょう。お客様が来店したときに、従業員全員でルールを守っている姿を見せることでお客様に安心してもらうことができます。

コロナ対策に特化した商材の販売

コロナ禍の影響で売り上げが落ち込んでしまったサロンも少なくないでしょう。しかし、それを逆手に取る方法もあります。コロナ対策に特化した商材を販売することにより、他の競合とは差別化を図ることが可能になるのです。たとえば、ネイルサロンではコロナ禍の影響によってオーダーチップの取り扱いをするところが増えています。

一般的に、ジェルネイルをした場合、他のジェルネイルをしたいときやネイルを外したいときは、サロンに出向いてネイルオフをしてもらわなければなりません。しかし、オーダーチップなら、ライフスタイルに合わせて付け外しが簡単にできます。お客様はオフのためにサロンに出向く手間がありません。オーダーチップの場合、サロンではお客様の爪のサイズを測り、デザインや形などの打ち合わせを行います。一般のジェルネイルと比べてお客様と接触時間も少なくなるため、店舗側の感染症対策にもなります。

店舗アプリを作成して集客を成功させよう!

サロンの集客に役立つツールとして店舗アプリがあります。店舗アプリを作成することにより、業務の効率化やコスト削減、人手不足の解消、キャッシュレス化、集客などサロンが抱えるさまざまな問題を解決することが可能です。UPLINKなら低価格かつ短納期で店舗アプリを作成できます。アプリ作成後はアプリ運営のフォローも行ってくれるので安心です。

]]>
近年注目されている事前決済とは?メリットから導入時の注意点まで https://www.uplink-app.com/column/2020/10/attention-prepaid-merit/ Fri, 30 Oct 2020 08:11:53 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=351 事前決済という言葉を聞いたことがあるでしょうか。日本でもキャッシュレス化が進み、訪日外国人観光客のインバウント需要が大きく見込めることや、飲食店などのノーショー(無断キャンセル)対策に有効な点から、その必要性が高まっているのです。そこで今回は事前決済を導入することのメリットや、注意点についてわかりやすく解説していきます。

事前決済とは?

事前決済とはWebサイトや店舗アプリを利用して予約を行う際に、クレジットカード、電子マネーなどのキャッシュレス決済で、事前に代金の支払いを済ませてしまう決済方法のことです。当日店頭での支払いが不要になるため、店舗側の会計業務を効率化でき、飲食店をはじめとする各業界で社会問題になりつつあるノーショー(無断キャンセル)対策としても注目されています。

また、事前決済を導入することで店舗側だけでなく、お客様の利便性の向上にもつながります。例えば、予約が前提となるので待たずにサービスを受けられ、会計が済んでいるため帰りにレジに並ぶ必要もありません。予約時に割引や特典サービスを付加すれば、集客と収益アップも期待できるでしょう。海外では既にクレジットカードでの事前決済が主流になっています。日本でも、SuicaやApple Payなどの現金を持ち歩かない買い物の仕方が広がってきているため、今後は事前決済がより普及していくと考えられています。

事前決済のメリットって?

では事前決済を導入すると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。主なメリットは以下の5つです。

ノーショー対策になる

第1のメリットは「ノーショー対策になる」ことです。ノーショーとは「予約した客が連絡もなく当日現れない」という意味で、英語の「no show」を日本語読みにしたものですが、日本では無断キャンセルと言ったほうがわかりやすいでしょう。ノーショーが増えている理由はさまざまですが、とりあえず複数の店を予約しておいて、キャンセルするのを忘れたり、連絡を怠ったりするケースが多くなっています。ネット上で店舗の予約が簡単にできるようになったため、予約をキャンセルする場合には必ず連絡をしなければならないという意識が薄れてきたのかもしれません。

特に年末年始の飲食店では、忘年会や新年会で大人数の予約を受け入れるので、無断キャンセルが発生すると、それだけ大きな損害になってしまいます。しかし、事前決済を導入していれば予約と同時に支払は完了しているので、予約がキャンセルされた場合でも、必要なキャンセル料金は回収でき、店舗側の損害を最小限に抑えられるのです。また、旅先のアクティビティを同一日時で複数店舗を予約したり、同一のユーザーが複数日程を仮予約しながらドタキャン(直前キャンセル)したりするような予約も防げます。

インバウンド需要を取り込みやすい

第2のメリットは「インバウンド需要を取り込みやすくなる」ことです。訪日外国人旅行者による買い物やサービス利用、いわゆるインバウンド需要は年々増大しています。この需要をうまく取り込むことができれば、大きな収益につながるでしょう。海外では事前決済が主流化しているので、海外旅行の際に渡航先のホテルや飲食店の利用料金は予約と同時に事前決済しておくのが一般的です。盗難のリスクを避けるため、現金やクレジットカードはなるべく持ち歩かないのです。そのため事前決済できないと、インバウンド需要を取り逃がしてしまう可能性が高くなってしまいます。

事前決済を導入すれば、外国人観光客が安心して予約することができ、店舗側スタッフも不慣れな外国語によるコミュニケーションでの手間を減らすことができます。

業務負担が軽減する

第3のメリットは「業務負担が軽減する」ことです。事前決済を導入すると店頭での会計処理が不要になり、店舗側スタッフのレジ業務にかける負担がなくなります。その分の時間と労力を他の業務に充てることができるのです。その結果、業務やサービスの質が向上するので、顧客満足度を上げることにもつながります。

顧客情報の取得・活用ができる

第4のメリットは「顧客情報の取得・活用ができる」ことです。予約時に氏名やメールアドレスなどの顧客情報をデータとして取得できるため、その情報を活用して、来店客のリピートを狙う有効な施策を打つことができます。例えば、定期的にメールを発信して顧客とのつながりを維持したり、セール情報を発信して来店を促したりできます。

お客様の利便性が向上する

第5のメリットは「お客様の利便性が向上」することです。事前に料金が明確になるので予約しやすくなり、クレジットカードの他にも各種キャッシュレス決済を使用できれば、残っている金額の有効利用も可能です。予約と同時に支払いを済ませるため、当日、現金やクレジットカードを持ち歩く必要もありません。予約者だけに受けられる特典やサービスが用意されていれば、さらに利便性は向上します。お客様の利便性が向上すれば、利用してもらえる頻度も高くなり、集客や収益アップにつながるでしょう。

事前決済を導入するときの注意点

事前決済は店舗側だけではなく、顧客側にもメリットがある決済方法です。
ただし、事前決済を導入するときに注意したい点が3つあります。

キャンセルポリシーは明確に

1つ目は「キャンセルポリシーを明確にする」ことです。事前決済だからといって悪質な予約が全てなくなるというわけではありません。悪意がなくても予約キャンセルによって、結果的に店舗側の損害になってしまうケースも考えられます。そのようなトラブルを防止するためには、予約のキャンセルポリシーを明確に記載しておくことが大切です。例えば、無料キャンセル期間、キャンセル料金、返金方法などを明確にわかりやすく記載しておきましょう。複雑なキャンセル規定は誤解をまねきやすくトラブルの元になるので、なるべくシンプルな規定がおすすめです。

ただし、いくらノーショー対策であっても、一度予約したらキャンセルできないシステムだったり、キャンセル料金が高い設定だったりすると、予約自体を躊躇する人が増えてしまいます。顧客の立場になって利用しやすい規定にすることを心がけましょう。

セキュリティ対策は万全に

2つ目は「万全なセキュリティ対策をする」ことです。事前決済は顧客の個人情報を集めることができる一方、その情報の管理には十分な注意が必要です。顧客情報が外部に漏洩してしまうと、店舗側の信用度は一気に失墜してしまいます。特にクレジットカードやキャッシュレス決済の情報が漏洩してしまうと、顧客に大きな損害をあたえ、店舗側にも大打撃となってしまいます。事前決済を導入する際には、万全なセキュリティ対策がなされているかを十分に確認しましょう。情報の漏洩はシステム外部からハッキングされるだけでなく、内部スタッフから漏洩するリスクもあるため、顧客情報を扱うスタッフへの情報保護教育も必要です。

事前決済のメリットをアピールせよ

3つ目は「事前決済のメリットをアピール」することです。事前決済は店側にもお客様側にもメリットがある決済方法ですが、お客様側にメリットが伝わっていないと利用してもらう機会も少なくなってしまいます。せっかく導入しても利用してもらわなければ意味がありません。事前決済は利便性が良くお得であることをアピールするためには、予約時の割引や、予約者だけが受けられる特典、サービスの提供も必要です。お客様の興味を引くような付加価値を付けることが大きなポイントになるでしょう。

事前決済の導入はお店側とお客様側双方にメリット在り!

キャッシュレス化というライフスタイルの変化の中で、事前決済は店側にもお客様側にも大きなメリットがあります。スマホで利用できる店舗アプリと事前決済を導入すれば、さまざまなキャッシュレス決済に対応できるので、よりビジネスチャンスが広がるでしょう。まだ事前決済を導入していない各店舗は、この機会に前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

]]>
飲食店を開業して末永く経営したい!経営に失敗しないためにすべきこと https://www.uplink-app.com/column/2020/10/restaurant-opening-management/ Fri, 30 Oct 2020 08:00:43 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=349 飲食店を開業して「自分の店を持つ」という夢を叶えたいのに、赤字を出さずに経営できるかどうかが不安で躊躇しているという人はいませんか。不安でも、最初の一歩を踏み出さなければ何事も始まりません。きちんと準備して、一歩目を踏み出せるようにしましょう。この記事では、飲食店の開業やその後の経営に必要なポイントと、失敗しないためにすべきことについて解説します。

開業時にやるべきこと・それぞれのポイント

開業までにやっておかなければならないことがいくつかあります。それらは開業後の経営にも大きく影響することです。ポイントを押さえて確実に行うようにしましょう。ここでは開業時にする必要があることと、そのポイントについて説明します。

コンセプト決め

最初に「どのような店にするか」というコンセプトを決めてしまいましょう。コンセプトは店の屋台骨となる大事な部分です。物件を探す際にもメニューを決める際にも基準となる部分なので、しっかり考えて決めましょう。コンセプトを決める際のコツは、「最初にターゲットを決めてしまうこと」です。「どのような人に来てほしいか」を先に決めてしまえば、自ずと「誰にどのような価値を提供したいか」という点も明確になります。これこそがコンセプトのヒントとなる重要なポイントです。

できるだけ多くの人に来店してもらいたいからといって、ターゲットを曖昧にしてしまうのはよくありません。相手が定まっていない状態では、何をすれば喜ばれるかがはっきりしないため、モノやサービスの的確な提供が難しくなります。相手を定めることによって、店の売りとなる部分も明確に示せるのです。

物件探し

物件を探す際には、ターゲットが多くいる地域を選びましょう。ターゲットがほとんどいない地域に出店したのでは、しっかりコンセプトに沿った店づくりをしても、来客は見込めません。ターゲットが多い地域に出店することは、繁盛店を作るうえで最低限必要なことです。とはいえ、いくらターゲットが多いところでも、1か所見ただけで決めてしまうのはおすすめできません。来客数を稼げても、家賃が高すぎると赤字になりかねないからです。家賃は毎月かかり続ける負担の重い固定費なので、費用対効果をよく考える必要があります。できるだけ多くの物件を実際に見に行って、比較検討することが大切です。

物件がある程度絞れてきたら、1日中その物件の近くにいて、時間帯ごとの通行人数や属性などを確認しましょう。時間帯や天候などによって、人通りが大きく変わることもあり得ます。近くにはどのような店舗があるのかをチェックすることも大事です。近くに競合店がないかも確認しておきましょう。

事業計画書の作成・資金調達

事業計画書が必要なのは、金融機関から資金調達をするときだけだと思われがちです。しかし、お金を借りる予定がない場合でも、事業計画書を作成して損することはありません。むしろおすすめします。なぜなら、「いつまでに、どれくらい利益を出すか」を最初に決めておけば、計画的に経営できるからです。事業計画書を作成することによって、店をどのように成長させていくべきかという道筋がはっきりします。ターゲット層のニーズを分析し、対応策を考えることは、他店との差別化を図るうえでも役に立つでしょう。なお、事業計画書を書くうえでわからないことは、専門家に相談することも必要です。何をどのように書けばよいか、詳しく教えてもらえます。

手続き関係

飲食店を開業する際には、保健所や消防署など各機関への届け出が必要です。飲食店で必要な資格というと、調理師免許を思い浮かべる人もいるでしょう。しかし、実際には調理師免許の有無は問われません。必須なのは食品衛生責任者の資格です。店舗の収容人数が30人以上の場合は、併せて「防火管理者」の資格も必要になります。食品衛生責任者は都道府県、防火管理者は出店地域を管轄する消防署が主催する講習を受講することで取得可能です。新規に事業を起こした場合は、個人事業の開業届出書も提出しなければなりません。個人事業の開業届出書は、青色申告をするために必要な届け出なので、提出先は管轄の税務署です。

集客

飲食店を開業するうえで最大の悩みともいえるのが集客です。ただ店舗を作ってオープンさせれば自然と人が集まってくるというものではありません。集客のための施策を行う必要があります。飲食店の集客手段としては、看板設置やチラシ配りなどが定番です。SNSの普及により、集客手段にSNSを取り入れる店舗も増えています。集客のための施策という面では、他店と差別化を図ることも重要です。イベントを行う、サブスクサービスを用意する、変わったメニューを提供するなど、独自性をアピールすることが差別化につながります。

飲食店経営が難しい理由

飲食店経営はとても厳しく、2年で50%が廃業するといわれています。なぜここまで多くの飲食店が短期間で廃業に追い込まれてしまうのでしょうか。ここからは、店舗経営を難しくしている、飲食業界特有の構造的な理由について説明します。

競合店が多すぎる

飲食店は開業資金さえあれば比較的簡単に始められるため、高開業・高廃業の部類に入ります。しかも、同じ商品を扱う店舗だけが競合店となるのではありません。例えば、ラーメン店と牛丼店とパン屋を見て、すぐに競合店と思う人は少ないでしょう。扱う商品が異なるからです。しかし、ランチタイムには客を奪い合う関係なので、近くにあれば競合店となり得ます。飲食店の場合、競合相手は、ほかの個人店だけではありません。コンビニや大手チェーン店も競合店に含まれます。生き残るためには、これらの店舗よりも客から選ばれるようにしなければなりません。飲食店は競合が多すぎるため、自店が選ばれる確率が低く、集客が難しいというわけです。

売上・利益が安定しない

売上や利益が安定しにくい点も、飲食店の経営が難しい理由の1つです。扱っている商品によっては、シーズンや天候によって客入りが大きく左右されかねません。シーズンどころか、日によって客入りが大きく変動することもあるでしょう。飲食にも流行の波があるため、コンスタントに人が集まっていたのに、ある日急に人が来なくなってしまうこともあります。今日は多くの人に来てもらえたからといって、明日も同じように人が来るとは限らないのです。

客入りを期待して余分に仕入れたら、それが全部残ってしまうということもあり得ます。仕入れが上手くいかず食品ロスを出すことになると、通常通りの客入りがあったとしても、利益が下がってしまうでしょう。何年も安定して利益を上げ続けるのは簡単なことではありません。

「体が資本」のため体力依存

飲食店の経営は、典型的な労働集約型ビジネスです。少ない元手で始められる代わりに、事業活動の多くを人間の労働力に頼っているという特徴があります。開店日・開店時間は、常に誰かが働き続けなければなりません。店主がひとりで切り盛りしている店の場合は、店主が病気で店に立てなくなってしまったときには、売り上げがゼロになってしまいます。

売上はなくても、店舗を維持するためには家賃などの固定費が発生するのですから、ゼロではなくマイナスかもしれません。周りに競合店があれば、店を閉めている間に客離れが起こってしまうこともあるでしょう。病気が回復して再度店を開けても、以前と同じような集客が見込めるわけではありません。飲食店経営は、病気や体力面が原因で挫折してしまうこともあるのです。

常に人手不足

業態は競合していなくても、労働力を奪い合う競合店はいくらでもあります。しかも、ライバルとなるのは近隣の店だけではありません。資金力のある大手が高い給与で労働力を確保し始めると、個人経営の店ではアルバイトの確保が難しくなり、人手不足が深刻になります。しかし、アルバイトを雇いたくても、そう簡単に高い時給を示すわけにはいきません。人件費は、店舗経営上とても重みのある固定費だからです。アルバイトの確保がままならないことが、オーナーの体力的な負担がなかなか減らない原因の1つにもなっています。

飲食店経営に失敗してしまう人の特徴

飲食店経営の廃業率が高い裏には、飲食業界の特性があるというのは確かです。しかし、原因はほかにもあります。飲食店経営は比較的簡単に始められる分、オーナー側に原因があって廃業に至っているケースも少なくないのです。とくに、職人気質の人は気を付ける必要があります。料理にばかりこだわって経営には無頓着というのが、飲食店経営で失敗しやすい人の典型だからです。経営に関する数字を理解できず、現状の分析や今後の計画も立てることができないというのでは、飲食店経営は厳しいといえます。また、すべて気合や根性で解決しようとする人も、店を続けるのは難しいでしょう。無理して体を壊してしまうようでは元も子もありません。

生き残るお店にするために必要なこと

ここまでに説明した通り、飲食店経営が難しいのは確かです。しかし、長続きしている個人店はたくさんあります。では、長続きする店と続かない店の違いはどこにあるのでしょうか。ここからは、厳しい飲食業界で生き残るために何が必要なのかを解説します。

「プロダクトアウト」の考えを捨て「マーケットイン」に

飲食店経営において、コンセプトを明確にすることはとても重要なことです。コンセプトに基づいて店づくりをし、メニューを考えるからです。飲食店経営を長続きさせるためには、経営の軸となるコンセプトを考える時点から心がけたいことがあります。それは「プロダクトアウト」ではなく「マーケットイン」の考え方を持つことです。サービス提供側の都合でサービスを考えることを「プロダクトアウト」、消費者のニーズからサービスを考えることを「マーケットイン」といいます。店を利用するのはお客様です。「自分がやりたいこと」を押し付けてしまうようでは、長く支持される店にはなりません。ターゲットが求めていることを起点にした店づくりやメニューづくりが大切です。

数字に強くなる

飲食店は、オーナーが人に食べさせたいものをただふるまうための場ではありません。商売であることを忘れてしまうと、立ち行かなくなってしまいます。経営者である自覚を強く持つことが、飲食店経営を長く続けるためにはとても重要です。「料理は得意だが数字は苦手だ」などと平気な顔でいっているようでは、飲食店経営は失敗するでしょう。経営に関する指標をきちんと理解し、実際に計算して分析できるようになることは、オーナーの務めです。原価率、回転率、FLコストなどを適性に保てるようにしましょう。FLコストとは、フードコストとレイバーコスト、つまり食材のコストと人件費のことです。数字が悪くなったらすぐに妥当な手を打てるようにしておくことが大切です。

常連客をつかむ

店舗経営にまつわる「2割の常連客が売上の8割を作る」という言葉があります。人数的には少なくても、常連客の購買行動が店の売上を大きく左右するということを表している言葉です。常連客は、何度も足を運んで売上に貢献してくれるだけでなく、新規の客を連れてきてくれることもあります。しかし、売上拡大というと、つい新規顧客を集客することに目を向けてしまいがちです。新規客をいくら増やしても、一度足を運んでくれるだけでは一時的に売上が伸びるだけで後が続きません。

一度来店した顧客に満足してもらい、また来てもらうことの重要性を理解しましょう。既存の顧客を大事にすること、サービスの質を落さないようにすることがとても大切です。常連客が増えることは、売上の安定化にもつながります。

業務を効率化する

飲食店は、ただでさえ体に負担がかかる労働集約型のビジネスです。肉体的な負担をできるだけ小さくする工夫をすることも、飲食店経営を長続きさせるための秘訣といえます。自分の体を大切にするためにも、気合と根性でただ乗り切るというやり方は改める必要があるでしょう。業務をできるだけ効率化し、少ない人数でも店を回せるようにすることが大事なポイントです。業務の効率化は、飲食業界がかかえる慢性的な人手不足を解消することにもつながります。店づくりやメニュー開発などに力を注ぐためにも、無駄を省いて可能な限り余裕を作りましょう。

固定費を抑えた業態を選ぶのもアリ

飲食店を経営するうえで、悩みの種となりがちなのが固定費です。逆に、固定費さえうまく抑えられれば、経営しやすくなるということもできます。そこで広く知ってほしいのが、固定費を大きく抑えられる業態があるということです。withコロナ時代にぴったりな業態なので、これから飲食店経営を考えるなら、検討してみる価値はあるでしょう。ここからは、固定費を抑えた飲食系の業態について解説します。

クラウドキッチン

クラウドキッチンとは、実店舗を持たないデリバリーを専門とする飲食店のことです。クラウドキッチン用に厨房を提供する会社があるので、その厨房を借りて事業を行います。すでに設備が整っていて、なおかつ事業用としての許可も下りている厨房を使用できるため、開業時の手続きをある程度省くことができ便利です。運営会社のサービスを利用すれば、事務作業や販売促進のサポートも受けられます。ゼロから飲食店経営を始める場合でも心強いでしょう。

テイクアウト専門店やキッチンカー

テイクアウト専門店なら店舗、キッチンカーなら車が必要なので、固定費がかからないわけではありません。しかし、どちらも客席を確保する必要がないため、家賃などの固定費をかなり抑えることができます。ただし、使い捨て容器などを用意する必要があるため、その点は注意が必要です。営業許可については、通常の飲食店の場合と基本的に同じですが、キッチンカーの場合は、仕込み場所があればその場所の営業許可も必要になります。念のため、管轄の保健所に必要な申請等について確認するようにしましょう。

飲食店がwithコロナの時代を生き残るために

コロナウイルスの影響により、飲食店はこれまでにないほどの苦戦を強いられています。しかし今から開業するからこそ有利になる部分もあるということも確かです。ここからは、withコロナ時代の飲食店開業について説明します。

飲食店に求められる基本的な感染対策

日本フードサービス協会は、令和2年5月14日付で「外食業の事業継続のためのガイドライン」を発表しています。コロナ禍で苦境に立たされている飲食店経営者が事業を継続させられるように、必要な取り組みについてのガイドラインを記したものです。従業員の健康チェックや店舗の消毒、ソーシャルディスタンスの確保などについての基準を示しています。これから飲食店を開業するのであれば、このガイドラインに書かれている事項を徹底することが最低限必要です。そのうえで感染対策をしっかり行っていることを公表し、顧客に安心して利用してもらえる店づくりをするとよいでしょう。

withコロナをチャンスに変えるために

開業時から、感染症対策を想定した店舗やサービスを整えておくことが集客のチャンスにつながります。コロナ禍が収束しても、また別の感染症が日本に上陸するかもしれません。最初から感染症対策に基づいた店づくりやメニュー開発ができるのは、withコロナの時期に開業する強みです。テイクアウトやデリバリーサービスを用意したり、キャッシュレス導入をしたりすることも対策になります。後になってから切り替えようとすると、余分な手間とコストがかかり大変です。最初から整えておくようにしましょう。

選ばれる店舗になるために!店舗アプリの活用を

飲食店は競合が多いため、開業できても順調に経営を続けるのは簡単とはいえません。加えてwithコロナという新しい時代です。「選ばれる店」になるためには、他との差別化を図る必要があります。そこでおすすめしたいのが店舗アプリの活用です。ここからは、店舗アプリについて解説します。

店舗アプリとは?どんな機能がついているの?

店舗アプリとは、店舗が独自に発行する販促・集客用アプリのことです。アプリ開発のスキルがなくても、店舗アプリ作成サービスに作成と運用サポートを依頼すれば、導入することができます。アプリの機能を「UPLINK」の例で紹介すると、スタンプカードやポイントカード、回数券・定期券などが基本的な機能といえるでしょう。withコロナ時代にあると便利なテイクアウト機能やキャッシュレス機能なども搭載されています。使える機能を絞ったプランと多彩な機能を利用できるプランがあるので、自分の店舗に合うプランを選んで導入するのがおすすめです。

店舗アプリのメリット・デメリット

店舗アプリを導入するメリットとして最初に挙げたいのは、顧客の固定化が狙えるということです。一旦アプリをダウンロードしてもらうことができれば、ターゲットが固定客になる可能性が出てきます。顧客ごとに別のクーポンを配布することができるため、好みを分析すれば、効果的なサービスを提供することが可能です。また、定期券機能でサブスクサービスを始めることもできるため、足を運んでもらうきっかけづくりにもなるでしょう。もちろん、既存客に対して来店を促す機能も搭載されています。

特典つきのポイントカード機能など、何度も来店したくなる仕組みが盛りだくさんの店舗アプリは、顧客側のメリットが大きいように思われがちです。しかし、有益な顧客情報を簡単に集められ、分析できる点は店舗側にとって大きなメリットといえます。ここであえてデメリットを挙げるとしたら、コストがかかるということくらいです。費用対効果を考えれば、コストをかけることがデメリットにならない可能性も高いでしょう。

飲食店の経営は簡単ではないがやりがいはある!

ここまで紹介してきたように、飲食店経営は簡単に始められても、長く続けるのは簡単ではありません。継続的な経営をするためには、考えなければならないことがたくさんあります。とはいえ、自分の店を経営するやりがいは、何ものにも代えがたいものでしょう。しっかりと勉強し、考え抜いたうえで、愛される店をオープンさせることが大事です。

]]>
飲食店をオープンしたい!withコロナ時代に繁盛する飲食店のポイント https://www.uplink-app.com/column/2020/10/restaurant-open-corona/ Fri, 30 Oct 2020 07:46:15 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=346 世界規模で感染が拡大している新型コロナウイルスは、飲食店の売り上げにも影響を及ぼしています。とはいえ、飲食店のオープンを長年にわたって夢見てきた人もいるでしょう。飲食店オープンの夢を今叶えるには、どうすればよいのでしょうか。
この記事では、飲食店を始めるための一般的なポイントやwithコロナ時代にオープンする飲食店として何をすればよいのかを説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

飲食店オープンのポイント

実際に飲食店をオープンするには、大量の手続きや資金調達などやるべきことはたくさんあります。ここでは、お店を繁盛させるために最初にやっておきたいポイントについて、準備の流れに沿って紹介していきます。

コンセプト設計

飲食店オープンの準備で最初にしておきたいのが「コンセプト」を明確にすることです。ただし、安易に「地域の人の憩いの場にする」「誰もがくつろげるお店にする」といった浅いコンセプトにすると、ほかの店舗との差別化ができません。まずは、SNSなどで注目されている飲食店は、どのようなコンセプトで運営しているのかをチェックしてみましょう。

準備の手順としては「どこに出店するのか」「どのような業態(店舗を構えるかテイクアウト専門店にするのか)にするのか」「どのようなシーン、時間帯に利用してほしいのか」といった重要なポイントを決める必要があります。明確なコンセプトが決まっていれば、このような点を詰めていくときに一貫性を持つことができます。結果として、アピールポイントを上手に打ち出せるため個性あるお店になるのです。

物件選び

飲食店の立地を検討する際には、繁華街やおしゃれで高級なイメージのあるエリアを選びたくなるものです。ただし、残念ながら魅力的な街ほど家賃は高くなります。家賃は、たとえ売り上げが少なくても必ず支払わなければなりません。固定費なので、後々の売り上げによっては経営が苦しくなってしまう可能性もあります。コンセプトに合う「集客しやすい立地」で、なおかつ「賃料が負担にならない」という2点のバランスを取ることが大切です。

どうしても立地と賃料のバランスが取れない場合は、前の店舗の設備がそのまま残っている「居抜き物件」の利用も視野に入れるといいでしょう。内装も残っているので、リフォーム費用などの工事費用を抑えられます。また、コンセプトが合う場合は、キッチンカーやテイクアウト専門にする方法もあります。これなら固定費としての家賃負担が重くなりません。

スタッフ募集・教育

飲食店のオープンにあたってスタッフを雇う予定がある場合は「募集」から「採用」までを計画的に進めていきましょう。オープンまで余裕をもたせた期間内に、店舗のコンセプトに沿った人材を募集します。スタッフを採用したあとは、接客などの教育をしておくことも重要です。飲食店の印象は、スタッフの接客態度にも大きく左右されます。客層やコンセプトに合う質の良いサービスを目指すのがポイントです。

人件費は、飲食店の経営では固定費になるため売り上げが少なくなれば負担になってきます。オープンするエリアの「最低賃金」をチェックしたうえで、シフトが必要であればシミュレーションして人件費を算出します。そうすれば、何人のスタッフを雇えるかが分かるので、無理のない計画的な採用が可能になるでしょう。

集客

飲食店オープンにあたっては「集客」が重要なポイントになるので、計画的に進めておくと安心です。店舗の顔でもある看板は、どこに、どのようなものを設置するのかを検討しておきましょう。一般的に看板には予算がかかるので、予算との兼ね合いで早めに決めておくのがポイントです。チラシについても、作成や配布の方法を考えて手配しておきます。予算が少ないのであれば、手作りのチラシを作るなどの工夫も必要です。

また、コロナ禍においては、特にSNSを賢く使った集客が効果を上げているといわれるようになりました。SNSを利用して店舗オープンについての情報発信をすると、開業前であってもターゲット層との繋がりが生まれるというメリットがあります。開業準備の様子や業種などをSNSにアップすれば、顧客になり得る人が興味を持ってくれる可能性もあるでしょう。準備の空き時間に、こまめに更新していくのがポイントです。

コロナ対策として飲食店がすべきことは?

新型コロナウイルスの拡大により、飲食店には新たな対策が求められています。まずは、密閉、密接、密集の「三密」の防止です。店舗内の換気を十分にしたうえで、状況に応じた入場制限や行列の間隔を空ける工夫などをしなければなりません。また、従業員の検温を毎日行うことはもちろんですが、顧客についても検温の徹底が大切です。体調不良者を店舗に入れないようにすることが感染拡大防止につながります。

そもそも飲食店は衛生面に注意が必要ですが、新型コロナウイルス流行時には平時よりも徹底しなければなりません。顧客が触れるドアノブやメニュー表など、すべて定期的に消毒をする必要があります。飛沫による感染防止策として、対面する席の間に「パーテーション」を設置する方法もあります。4席あるテーブル上に飛沫防止ガードを置くなど、飛沫防止策はマスクを外して食事をする飲食店では特に重要なポイントです。

逆にチャンス!?withコロナを想定した飲食店をオープン!

withコロナの時代に入り、従来の飲食業界は苦しい状況になっています。しかし、これからオープンするお店なら、はじめからコロナ感染対策を前提とした作りにできるでしょう。そのため、新規の店舗のほうが集客のチャンスが大きいとさえ言えるのです。繁盛店にするポイントとして、テイクアウトやデリバリーをはじめから用意しておくことをおすすめします。さらに、密にならないよう店内の座席数を減らし、広々とした空間を演出することも大切です。

三密を避ける結果になる「テラス席」を広くとっておくのもいい方法です。風通しのよいテラス席は普段でも人気がありますが、新型コロナ感染症のリスク軽減への期待から好んで座る人も増えています。また、ソーシャルディスタンスについて配慮すると、従来の同じ広さの店舗よりも客席数が少なくなってしまうこともあります。テラス席を設けることにより、減らした分の客数を増やす効果も得られるでしょう。

テイクアウト専門店にするという方法も!

新規で飲食店をオープンするなら、withコロナ時代を生き抜くために「テイクアウト専門店」にする方法もあることを押さえておきましょう。ここでは、テイクアウト専門店のメリットやデメリットなどを紹介していきます。

テイクアウト専門店にするメリット

新型コロナウイルスの感染防止策として、テイクアウトのニーズは確実に増えています。自宅での食事が推奨されるwithコロナ時代の新たな生活様式として、テイクアウト専門店は顧客にマッチしているのです。テイクアウト専門店にすると、固定費が安くなるという点にも注目してください。飲食する客席のスペースがなくなるため、店舗の面積はかなり小さくても大丈夫です。店舗の面積が狭くなるのに比例して、家賃や光熱費が格段に少なくなります。さらに接客するホールスタッフも必要ないので、人件費も大幅に抑えられます。家賃や人件費といった固定費が減るため、その分を使って好立地に店舗を構えられる可能性も大きくなるでしょう。

客席がないテイクアウト専門店は「満席になったため来店した顧客を断らざるを得ない」という機会損失も起こりません。客席数の縛りがないため、ピークの時間帯でも商品販売を続けることができるというメリットは大きいものです。仕入れをした材料を使い切ることで食品ロスも防止できるでしょう。

テイクアウト専門店にするデメリットと注意点

テイクアウト専門店にはメリットだけでなくデメリットもあるので、両面があることを認識しておきましょう。テイクアウト商品には「弁当」というイメージが出来上がっている点はやむを得ません。そのため、「弁当」としての妥当な値段設定として商品単価を低く設定することになります。出来上がった食べ物を入れるための皿などのカトラリーは、使い捨てのものです。商品の単価は、容器代も含めた価格を算出する必要があります。使い捨ての容器は食器と違い洗って再利用できないため、多めに準備しておかなければなりません。テイクアウト専門店の場合は、カトラリーの保管場所も確保する必要があります。

また、テイクアウト商品の場合は、店舗ですぐに提供する場合と違い「冷めても美味しい」という基準も求められます。テイクアウトの条件に合うメニューは、ある程度限られてしまうといっても過言ではありません。

テイクアウト専門店は特別な許可が必要?

テイクアウト専門店を新規で開業する場合でも、店舗開業と同じように「飲食店営業許可証」が必要です。出店する地域の保健所の立ち入り調査などを受けて、地域ごとの条件を満たしていれば許可されます。必要な設備などについて、事前に確認しておきましょう。また、「食品衛生責任者の資格」も必要で、調理師・栄養士以外の人は自治体の講習を受講することが必要です。

また、提供するメニューによって必要な資格もあります。例えば、ケーキやたい焼きなどのスイーツに関しては「菓子製造業営業許可証」、ドリンクも提供する場合は「喫茶店営業許可証」の資格を取得しなければなりません。ただし、何が必要なのかは販売するエリアや商品によって異なるため、管轄の保健所に確認しておきましょう。

事前注文・事前決済が功を奏す!?

withコロナ時代の飲食店には、決済方法にも工夫が求められています。そこで、注目されているおすすめの決済方法があるので紹介していきます。ここでは、「事前注文」「事前決済」の導入について、その意味やメリットを紹介していきますので参考にしてください。

事前注文・事前決済とは?

新型コロナウイルスの感染拡大により注目されているのが「事前注文」「事前決済」です。これは、顧客がアプリを通して自宅や職場などから事前に商品を注文し、そのままクレジット決済まで済ませてしまうというサービスです。スマートフォンのアプリを利用する気軽に注文できる方法で、全国展開している大手チェーン店などが次々と導入しています。アプリを立ち上げると近くの店舗が表示され、好みの商品を選ぶことが可能です。店舗に滞在する時間が短くなるため人との接触が減り、感染リスクが軽減する効果も期待できます。

事前注文・事前決済のメリット

事前注文・事前決済には多くのメリットがあるので押さえておきましょう。店舗側にとっては、スタッフがオーダーを受けるなどの接客や会計の手間にかかる時間が減り稼働率が向上します。人件費の削減も可能になるので、経営するうえでのメリットは大きいでしょう。事前に注文から決済まで済んでいるので、「注文だけして顧客が取りに来ず、商品が無駄になり料金も受け取れない」というリスクも発生せず安心です。

顧客側は注文したテイクアウト商品を店舗で受け取ることができるため、行列に並ぶ必要や長い待ち時間も発生しません。事前注文・事前決済は、店舗と顧客の双方にメリットの多いサービスなのです。

実現方法の1つ「店舗アプリ」導入

事前注文・事前決済を実現する方法として「店舗アプリ」の導入をおすすめします。店舗ごとに提供するサービスで、テイクアウトに特化したアプリもあります。コロナ禍で開業するならぜひ導入を検討しましょう。

店舗アプリとは?IT知識がなくても導入できるの?

店舗アプリとは、例えばマクドナルドやスターバックスが提供しているような、店舗独自のアプリのことです。簡単に導入するには、店舗アプリ作成サービスを利用する方法があります。たとえアプリ開発のスキルがなくとも、アプリの作成と運用サポートを受けることができるので安心して始められます。店舗の運営に必要な機能は多いため、すべて揃っているものを選ぶのがポイントです。

アプリの搭載機能については、店舗アプリ作成サービスによって様々に異なっています。例
えば「UPLINK」なら、ポイントカードやオンライン決済、サブスクサービスを実現できる回数券、デジタルチケット販売などへの対応が可能です。店舗経営をするうえでの課題は網羅し、解決するための店舗アプリとしておすすめです。

「UPLINK」のテイクアウト特化型店舗アプリ

店舗アプリのなかでも「UPLINK」は、あると便利な機能がオールインワンで装備されています。使う機能をテイクアウトに絞りたいなら、テイクアウトに特化したプラン「UPLINK ライトプラン テイクアウト」にするのがおすすめです。「UPLINK」のほかのサービスのように事前にアプリで注文と決済ができるのはもちろん、ほかにも店舗のための「受け漏れ防止コール」機能が付いています。店舗への注文が多い時間帯でも、受け漏れがあれば知らせてくれるので受注を逃すこともなく安心です。プッシュ通知や店舗情報、顧客のプロフィール情報にも対応している優れたテイクアウト特化アプリなのでぜひ導入して活用しましょう。

自分のお店をオープン!時勢に対応して繁盛店にしよう

長いあいだ夢に見ていた自分のお店のオープンでも、新型コロナウイルスという逆風のなかでは不安が大きいかもしれません。しかし、ポイントを押さえたコロナ禍での上手な対応をすれば、従来よりも集客アップのチャンスをつかめる可能性が期待できます。顧客のニーズに即したサービスを提供できるよう、SNSや店舗アプリを駆使して繁盛店にしていきましょう。

]]>
飲食店の先払いは便利?そのメリットから導入事例まで徹底解説 https://www.uplink-app.com/column/2020/10/restaurant-prepaid-convenient/ Fri, 30 Oct 2020 07:17:23 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=343 「会計のタイミングは店を出るとき」という常識に変化が起こっています。キャッシュレス化やITの積極的な活用によって、飲食店を筆頭に多様な店舗で先払いが導入されているのです。これは事前決済と呼ばれる仕組みであり、さまざまな恩恵があるので注目されています。この記事では、飲食店を中心とした事前決済システムについて基礎的な情報やメリットを説明し、その後に導入の事例も具体的に紹介します。

事前決済とは?

文字どおり「事前決済」とは、食事などのサービスの利用前に支払いの手続きを済ませるシステムです。スマホやカードの決済機能を使って、主に店舗を予約するタイミングで会計を終了します。キャッシュレス化による現金管理のリスク減少や国外需要へのスムーズな対応など、店舗のオーナーが得られる効果はとても大きいです。利用者にも利便性の向上というメリットがあり、スマホを所持していれば決済できるので現金払い以外の選択肢を持ちやすくなります。

なお、決済のシステム自体はすでに多くの実店舗に導入されています。しかし、現状で広く使われている決済端末や交通系ICカードによる決済手段などは、その場限りの支払いを想定したものであり、基本的に単発の売上にしか貢献していません。つまり、実店舗における安定性の高い収益にはつながりにくいので注意しましょう。

事前決済を導入するメリットは?

無断キャンセルは「ノーショー」といわれており、直前キャンセルとともに店舗に損害をもたらす迷惑な行為です。そして、事前決済の大きなメリットとして、このリスクの抑制が挙げられます。決済完了により損害額を補填しやすいことはもちろんですし、心理的なプレッシャーにより無断でキャンセルしにくいと感じる利用者もいるからです。ノーショーが飲食業界全体に与える損害額は増えており、年間で2000億円を上回ると見られています。そのため、事前決済は個々の店舗だけでなく、飲食業界を救う手段としても大きな効果を期待できるのです。

さらに、退店時に支払われるケースが減る分だけ、レジの作業が少なくなることもメリットの一つです。入金やつり銭の準備を伴う現金管理は負担が大きく、それを軽減することで会計業務の効率化を見込めます。空いた時間や人手を他の業務に回すことでクオリティが高まるケースもあり、結果的に顧客満足度がアップすることも少なくありません。また、海外では「渡航先の宿泊施設や飲食店の料金は事前決済で支払う」というスタンスが一般的です。したがって、事前決済を導入しておけば、外国人の旅行者を招きやすくなりますし、注文や会計の際に起こるトラブルの予防にもなります。

導入が進めば顧客情報を得やすくなることも重要です。事前決済システムで取得したデータをマーケティングに活用すると、リピーター獲得に向けた施策や顧客の潜在的な需要への対応が可能になるでしょう。

事前決済システムの導入事例

実際には事前決済の導入をどのように行い、どういった恩恵を受けているのでしょうか。ここでは事前決済の具体的な導入事例を3つ紹介します。

デニーズ

平日のランチタイムにおけるレジの混雑や会計業務の多さは、大手ファミリーレストランの「デニーズ」における大きな課題でした。その解消に向けて導入したのはデジタル注文決済サービスというものです。QRコードがテーブルに用意されており、利用者はそれをスマホで読み取ることで注文と決済を行えます。店員がテーブルまでオーダーを取りにいく必要がなく、顧客のレジ待ちも少なくなるため、店舗の業務効率や回転率を高めやすくなりました。また、他の業務の質を改善する余裕を持てるようになり、顧客満足度のアップにもつながっています。

一蘭

事前決済に関して、客単価の高い飲食店が導入しているというイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、実際には比較的安価なラーメン店でも導入するケースが増えています。「一蘭」もそのようなラーメン店であり、利用者が事前に行うのは、WEBサイトの専用ページに人数や日時といった来店の情報を入力することです。事前に決済できるだけでなく、店舗でその情報をスタッフに伝えることで、並んでいる顧客がいても優先的に席まで案内してもらえます。また、こちらのシステムは外国人の顧客に対する効果も高いです。日本語が分からなくても事前決済によって来店しやすいように、WEBサイトを多言語表記にしています。

マクドナルド

ファーストフード店の各社も事前決済を積極的に取り入れています。「マクドナルド」もその一つであり、事前注文システムであるモバイルオーダーの導入を進めているのです。来店前に専用アプリで注文と決済をしてもらうことで、レジの混雑や長い待ち時間の解消につながります。行列の減少によって、潜在的な顧客に来店してもらえる機会が増えるため、やがて売上がアップしていくことも期待できる取り組みです。ファーストフード界をけん引する世界的な企業がこのシステムを導入したことは、事前注文と事前決済を普及させる大きな後押しになると予想されています。

アプリの活用で先払いシステムを積極的に導入しよう

飲食店にとって、事前決済システムは大きなメリットを期待できるものです。現金払いにしか対応していない場合などは難しそうに感じるかもしれませんが、店舗アプリを用意すれば導入を実現できるようになります。これから売上や顧客を増やしていきたいなら、積極的に事前決済システムを活用する方向で検討してみると良いでしょう。

]]>
飲食店のサブスク導入事例!導入のメリット・デメリットと導入方法も紹介 https://www.uplink-app.com/column/2020/10/restaurant-subscribe-introduction/ Fri, 30 Oct 2020 07:07:50 +0000 https://www.uplink-app.com/column/?p=339 「サブスク」として流行語にもなったサブスクリプションは、今ではさまざまな業界が取り入れている定額制サービスのことです。従来のサブスクでは、動画配信サービスといったオンラインでの活用が一般的でしたが、飲食店などの実店舗でもサブスクを導入するケースがどんどん増えています。そこで今回は、飲食店でサブスクを導入するメリットやデメリット、導入の際の注意点などについて詳しく解説します。

オンラインだけじゃない!実店舗でも進むサブスク導入

そもそもサブスクとは「サブスクリプション」の略語で、「定期購読」という意味を持つ英語の「subscription」が語源となっている言葉です。インターネットの普及によってオンライン上のサービスが充実してきていますが、それに伴って、年次や月次で一定の金額を支払うことで動画の視聴ができたり、音楽の配信を聴くことができたりする定額制サービスも拡充されていきました。そうした定額制サービスが一般にサブスクと呼ばれるようになり、今ではオンライン上のみならず、さまざまな業界でサブスクの導入が進められています。

例えば、定額料金を払うことで期間中に好きなファッションアイテムを交換できるサービスや乗りたい車種を変更できる車の定額サービスを行うサブスクも登場しています。このように、オンライン上ではない実店舗でも、続々とサブスクの導入を進める業界が増えてきているのです。もちろん、ファッションや車だけではなく、飲食の世界でもサブスクの導入は珍しくなくなってきています。例えば、月額料金を支払うことで、決められた範囲内でのメニューが食べ放題・飲み放題になるといったサービスです。

飲食店がサブスクを導入することは、単なる流行の後追いではなく、明確なメリットがあるひとつの事業です。もし、導入を検討しているなら、どのようなメリットがあるのか確認し、その注意点やデメリットもしっかり検討しながら準備を進める必要があります。

飲食店がサブスクを導入するメリット

飲食店がサブスクを導入すると、どのようなメリットを得ることができるでしょうか。ここでは、飲食店によるサブスク導入の主なメリットについて解説します。

収益が安定化する

飲食店の売り上げは、繁忙期と閑散期で安定しにくいという側面があります。忘年会や新年会が増える年末年始などの時期は安定した収益を確保できても、梅雨の時期などのイベントのない期間はなかなか売り上げが伸びず、収益の安定化に苦労しているという人も多いでしょう。そのような中、定額制サービスであるサブスクは、繁忙期・閑散期に関わらず毎月一定の売り上げを確保できるビジネス手法です。そのため、時期によって集客に変動が起きやすい飲食店でも、サブスクを導入すれば収益が安定化するというメリットを得られます。

また、サブスクでは翌月分の売り上げを前払いで支払ってもらうのが一般的です。その分、翌月分の売り上げを早めに確保でき、万が一の出費にも対応しやすいという点もサブスクのメリットです。加えて、サブスクは一度顧客に加入してもらえば、顧客側が退会などのアクションを起こさない限り、契約が自動更新されるというシステムになっています。顧客をしっかり確保できれば、継続的かつ安定した収益が見込めるため、将来の見通しを立てやすいという点もサブスクの見逃せないメリットといえます。

新規集客力もアップする

サブスクは新しいサービスであるため、始めるだけでも大きな話題を作ることになります。そうした話題性によってお店の売りをさまざまな人にアピールでき、試しに来店してみようという新規の顧客を獲得しやすいという側面があるのです。また、既にサブスクを利用しているリピーターが、新しい顧客を連れてきてくれるという相乗効果も期待できます。特にサブスクでは、その顧客の利用状況に関わらず、毎月一定の金額を支払ってもらうことになります。その分、サブスクを利用している顧客は、なるべく損をしないようにリピーターになりやすい傾向があるのです。このように、既定の顧客を確保しつつ、新規顧客を開拓できる点もサブスクの大きなメリットです。

また、サブスクによってよりお得感の強いサービスを提供できれば、周辺の競合店との差別化もより明確になります。消費者はやはりよりお得なもの、より安いものを求める傾向がありますから、サブスクというお得なサービスを用意している店舗は、そうでない店舗より高い集客力を期待することができるのです。

顧客情報を得やすいためマーケティングしやすくなる

自動課金システムであるサブスクは、加入の際に顧客の名前や年齢といったさまざまな情報を入手することになります。そうした顧客の情報はマーケティングにも活かすことができ、例えば顧客の年齢や購入履歴から最適なサービスを提供するなど、サービスの向上に活用することが可能です。加えて、住所や連絡先といった情報も登録の際に入手できるので、郵便物やメールによるコンテンツ配信やアンケートの協力などにも参加してもらえます。

従来の飲食店では、どれほどの常連でも名前や連絡先を知らないということも珍しくありません。一方、サブスクを活用すれば、顧客とのコミュニケーションがより活発となり、その中で顧客のニーズを探るということも可能となります。そうすることで、より顧客に合ったサービスの提供がしやすくなるとともに、顧客満足度の向上などにも役立てることができるのです。

飲食店がサブスクを導入するデメリット・注意点

飲食店では、現金での支払いしかできないお店も少なくありません。しかし、サブスクを導入するとなれば、クレジットカードやスマホ決済などの自動課金システムが必須となります。そのため、まだそうした自動課金システムを取り入れていない場合は、サブスク導入の際にどうしても初期コストがかかってしまいがちです。もちろん、導入した後もランニングコストが発生するため、しっかりした準備とプランニングがサブスク導入の鍵となります。

また、サブスクによって提供するサービスの質に関しても注意が必要です。利益を出しつつ、顧客がお得と感じるようなサービスを提供できなければ、いくらサブスク自体の話題性が高くても安定した収益は見込めません。利益とお得感の両方をバランスよく加味したサービス設計が何より肝心となります。「ただ食べ放題にすれば良い」など、安易に始めてしまうとかえって赤字ばかりが増えてしまうこともあるので、計画的にスタートすることが重要です。

飲食店でのサブスク導入事例

既に飲食業界でもサブスクの導入に成功しているお店はたくさんあります。これからサブスクを成功させるためには、そうした成功事例を参考にすることも大切です。以下、飲食店でのサブスク導入事例を紹介するので、ぜひ参考にしてみましょう。

『ばんからラーメン』(東京)

東京の池袋と秋葉原に店舗を構える「ばんからラーメン」では、月額6800円でラーメンが毎日無料というサブスクサービスを実施しています。定額料金で食べ放題というのは飲食店のサブスクで一般的なサービスではありますが、ばんからラーメンのサブスクはそれだけではありません。月額300円でトッピングが毎日無料になる「トッピングパスポート」という少額のサブスクサービスも提供している点に注目です。このように、単に食べ放題のサブスクサービスを提供するだけではなく、価格が低いコースも同時に用意しておくと顧客によりサービスを試してもらいやすくなります。価格を何段階かに分けて用意するのもサブスクの賢い活用法です。

『沖縄いちゃりば酒場 あかゆら』(東京)

沖縄料理店の「沖縄いちゃりば酒場 あかゆら」では、月額980円で沖縄定番のおつまみを1日1品無料で提供するサブスクサービスを展開しています。このサブスクサービスでは、メニューの中の一品のみをピックアップして定額にしています。こうすることで、サブスクの定額料金を抑えつつ、お店自慢の一品を的確にPRしながら顧客に楽しんでもらえるのです。このように、メニューの一部をサブスク化するという方法もあります。

『always LUNCH』(東京・大阪・京都・福岡)

「always LUNCH」では、加盟店を複数募ってサブスク展開するという方法でサービスを導入しています。このお店では、月額5980円(税別)で対象店舗のランチが1日1回無料で食べられます。2020年10月現在はコロナウイルス感染拡大によって休止中ですが、このサービスのように複数の加盟店舗で協力してサブスクサービスを提供するという方法も一般的です。こうした複数店舗が展開するサブスクに加盟することで、自店舗の広告効果も見込めるため、単なるサブスク以上の収益が見込める手法となります。

『ALL DAY COFFEE』(大阪)

飲み放題や食べ放題のサブスクがある一方、「ALL DAY COFFEE」のように制限を設けてサブスク展開しているお店も少なくありません。ALL DAY COFFEEでは、「募集人数20人・月額3500円でコーヒー25杯まで飲み放題」など、限られた人数に対して月額料金でのコーヒー限定無料サービスを展開しています。このように制限を設けることで、限定イベントとしてサービスをPRできるようになります。加えて、お得感もうまく演出できる考えられたサブスクだといえるでしょう。

サブスク導入なら顧客との絆を深める「店舗アプリ」

実店舗でのサブスク導入を検討する場合、何より継続課金の仕組みをどうするかが課題になりがちです。サブスクのシステムに関してはさまざまなサービスがありますが、ここでは「店舗アプリ」の活用をおすすめします。

店舗アプリとは

店舗アプリとは、その店舗自身が提供する独自のアプリのことです。アプリを通じて顧客とつながることができ、クーポンの発行や決済システムなどともリンクして利用することができます。例えば、店舗アプリ作成サービスのUPLINKの場合、ポイントカード機能やスタンプカード機能、そしてサブスクに使える定期券機能などがあります。もちろん、店舗アプリはその店舗独自のアプリとなるため、自店舗で独自開発する必要がありますが、UPLINKなどの店舗アプリ作成サービスを活用すれば手軽にクオリティの高いアプリを作成することも可能です。

店舗アプリでサブスクを展開するメリット

サブスクに店舗アプリを活用すれば、まずオンライン決済などの課金システムを導入することができます。加えて、プッシュ通知やテイクアウト、予約機能などといったさまざまな機能を使えるようになる点もメリットです。店舗アプリは顧客にアプリをダウンロードしてもらい、個人情報や口座情報などの必要事項を入力してもらうことで利用が可能になるサービスです。

その分、顧客に関する有益な情報を入手しやすく、しかも顧客分析機能が充実しているため、マーケティングにも利用しやすくなっています。もちろん、クレジットカード情報などの機密性の高い顧客データの管理も徹底されているため、サブスクによる情報漏洩が心配という場合でも安心して導入することができます。そうしたセキュリティの高さも店舗アプリの魅力です。

サブスクを開始して飲食店経営の安定化を

飲食店の経営にとって、収益の安定化は大きな課題といえます。毎月一定の金額が支払われるサブスクを導入すれば、オフシーズンでも安定した収益が得られるなど店舗経営にとって大きなメリットがあります。サブスクの導入手段はさまざまありますが、中でも店舗アプリはサブスクのみならずさまざまな機能が利用できる方法です。顧客の囲い込みにも役立つので、サブスク導入の際はぜひ店舗アプリを検討してみましょう。

]]>