ラーメン店

「リピーターが9割超に増加! きっかけ待ちのお客様に、初回ダウンロードで豪華特典をアピール。サイコロチャレンジやスクラッチクーポンで、お客様の『また行ってみたい心』をくすぐるユニーク施策に注目!」

らーめん つけ麺 雅狼/店主・鈴木徳将さん

埼玉県・草加市にあるラーメン店「雅狼」は、ガッツリとしたボリュームあるメニューを提供している人気店。このお店では初回アプリダウンロードで得られるクーポン、そしてスタンプカード機能を効果的に使いこなし、リピーターを増やし続けています。


リピーター獲得のために宣伝を強化

元々この店で社員として働いていたのですが、機会があってこの経営者になりました。
お店には本部があり、広告宣伝についてはすべて本部に任せていましたが、経営する立場になり、売上げアップのためには、より攻めの姿勢で向き合っていかなければいけないと思うようになりました。そこで広告宣伝を強化するためにUPLINKによるアプリを導入しました。
うちのラーメンはボリュームがあるため、例えばトッピング追加を特典にしても「食べきれないよ」で終わってしまうことが多いんです。そうなると、効果的な施策としては値引きになるのですが、材料費を考えるとほぼ原価か、人件費を考えるとマイナスにもなりかねない状況でした。また過去の経験から、値引きで来たお客様がリピーターになりにくいことも分かっていたんです。
それであれば、少しでも来店したいと考えているお客様に対して、よりリピーターになっていただける施策を施すことのが一番良いのではと考えるように至りました。また、それを実現できるのがアプリを使った集客だと考えました。

アプリの導入は2018年8月。ホームページや食べログでもアプリをダウンロードすれば特典が付くことを積極的にアピールしている。

初回ダウンロード特典は「全部乗せ」。豪華特典で“再来店のきっかけ”を後押し!

まずはアプリをダウンロードしてもらわなければ何も始まらないので、初回ダウンロード特典は売り値で400円分の「トッピング全部のせ」を用意しました。ダウンロードをしてもらったうえで、スタンプカードもあるので来店ポイントを付けてくださいね、という2段構えの施策にしています。
来店のきっかけが初回ダウンロード特典、リピートのきっかけがスタンプカードです。
初回ダウンロード特典を豪華にしたのも私自身が『味玉1個サービス、大盛り無料というレベルの特典だったらダウンロードするかな?』という感覚がありました。とにかくアプリをダウンロードしてもらい、リピートのきっかけとなるスタンプカードを使ってもらうように初回特典のお得感をアピールしています。
UPLINKを導入した当初は日に5~10件、現在でも週に30件ほどの利用があり、しっかり効果を残せている施策だと思います。
『売り値で400円分も特典にして大丈夫?』と思われるかもしれませんが、インパクトある特典はお客様のSNSでのアップにも繋がるため、言わば有効な宣伝にもなります。ですので、お店では400円分の特典には宣伝費も含まれていると考えて設定しています。

店内の貼り紙には、アプリの「初回ダウンロード特典」を分かりやすく掲載し、新規来店客アピール。

初回来店のお客様の視界に必ず入るよう店内至るところにダウンロード用のQRコードを設置している。

「遊び心」を加えたスタンプ特典でリピーターのハートを掴む!

スタンプカードは来店1回につき、スタンプ1個。5個貯めると味玉、10個貯めると豚(チャーシュー)2枚、20個貯めるとサイコロチャレンジチケットを獲得できます。サイコロチャレンジはお客様に2つのサイコロを同時に振ってもらい、ゾロ目が出れば大当たり。お好みの麺&トッピングやり放題、ゾロ目以外でもラーメン無料券と言う仕組みです。
サイコロを振ってゾロ目になる確率って6分の1なんです。確率的には120回来店していただいて1回当たる計算ですよね。当初は100回でやり放題特典を考えていたのですが、100という大きい数字だとお客様が途中で諦める可能性もあります。それであれば、ゴールが見える20回にして、100回の来店で考えていた特典をサイコロを使って獲得できるようにしようと考えました。遊び心を入れた方がお客様もスタンプカードをより楽しめますし、現に20回目のサイコロを振るお客様は会社の同僚や友達を連れてイベント感覚で来店してくれたりもするので、この設定にして良かったと思っています。
ゾロ目でなくてもラーメン無料券が当たるので、また集めようという気にもなってくれます。

スタンプ20個のお客様が挑戦できる「サイコロチャレンジ」は、来店が楽しみになるアイデア企画。ソロ目が出ても、出なくても、お客様に何かしらの特典を設けている。

月に1度、クーポン機能にあるスクラッチを使うことで、来店促進に効果あり!

一般にラーメンはお店によって好き嫌いがあると思っています。なので、一度、うちに食べに来てくれたお客様10人のうち3人が気に入ってくれたら、という気持ちでいます。そのために行っている、ホームページやグルメサイトでも初回ダウンロード特典を大きくアピールすることで、その分母は確実に大きくなっていると感じています。3割の方がリピーターになってくれたら初回特典の400円分も20回来店してもらえたら50、60円。味玉1個付けるより安くなるんです。
加えて、月に1回、アプリのクーポンにあるスクラッチ機能でリピーターにプッシュ配信をしています。スクラッチによる特典をリピーターに提供して、2回目以降の来店も促しています。本当は配信先のお客様全員が当選するようスクラッチの当選率を100%にしても良いのですが、ハズレがあったほうがゲームとしても面白いし、当たった時に「お店に行かなくちゃ」と思ってもらえるよう工夫をしています。
今ではお客様の約9割がリピーター客。アプリを通して、このお店にすごく合った来店システムを作ることができました。

写真左から「スタンプカード画面」「初回特典ダウンロード特典画面」「クーポン・スクラッチ画面」。

鈴木徳将さん


2017年から店で社員として働き、2018年より「らーめん つけ麺 雅狼」のオーナーを務める。「腹が減ったらうちに来い!」のお店のキャッチコピーの通り、にんにくたっぷり、野菜増し増し、ボリュームたっぷりな人気ラーメン店を運営する。

らーめん つけ麺 雅狼

住所:埼玉県草加市中根3-23-13 第三森久ビル1階

らーめん つけ麺 雅狼 詳細はコチラ

 

専門スタッフより
ご提案させていただきます

TOPへ戻る