店舗のポイントカードをアプリ化!低コストで簡単にアプリ化するには?

コラム

飲食店や小売店などで、集客を目的にポイントカードを発行している店舗も多いことでしょう。しかし、紛失したり忘れたりしたら使えなくなってしまうのがポイントカードの難点です。ポイントカードは電子化してスマホアプリで管理すると便利です。この記事では、ポイントカードを電子化することのメリットとデメリットを紹介します。      

ポイントカードは店舗アプリで電子化するのがおすすめ    

ポイントカードには、再来店の促進や顧客管理など店舗側にとってメリットが多くあります。しかし、顧客側からすると、ポイントカードは決して便利とは言い切れません。紛失したり持ってくるのを忘れたりすると、ポイントが無効になったり、再発行の手続きが必要になります。一般的に多いのは磁気製のポイントカードですが、固いカードを何枚も常に持ち歩くのは手間であり、枚数が多いといざというときにサッと出てきません。加えて、ポイントカードを作るのに書類に記入しないといけないケースも多く、そもそも作るのが面倒だという声も聞かれます。

これらの理由から、ポイントカードの作成を断られた経験がある方も多いのではないでしょうか。

顧客にポイントカードの作成を断られてしまうことが多い場合におすすめしたいのが店舗アプリで電子化する方法です。ポイントカードやポイントシステムをアプリで電子化することによって、持ち運びの手間をなくせます。ここからは、店舗と顧客の双方にメリットがある店舗アプリをスムーズに導入するためのノウハウを紹介します。

店舗アプリとは     

店舗アプリとは、スマホアプリを活用した販促、集客ツールで、飲食店や小売店などで導入される機会が増えています。主な機能は、クーポンやスタンプの発行、プッシュ通知です。これらの機能により、従来のポイントカードと同様に、集客やリピーター獲得、顧客情報の一元管理が可能となります。

ポイントカードをアプリにするメリット        

ここからは、ポイントカードを電子化するメリットを紹介します。まず、アプリの場合、顧客のスマートフォンやタブレットにアプリをダウンロードしてもらうだけなので、磁気製ポイントカードのように印刷や発行のコストがかかりません。発行の際に書類に記入してもらう必要もないので顧客にも登録を勧めやすいでしょう。また、スマートフォンは常に持ち歩いていることが多いため、持参し忘れや紛失のリスクも軽減されます。さらに、過去に購入した商品やポイント残高もアプリ上で簡単に確認できます。

加えて、ポイントや購入履歴はスマートフォンのアカウントに紐づくため、機種変更してもデータを引き継ぐことが可能です。磁気製ポイントカードの場合、発行コストや余計な荷物が増える面倒さ、忘れるとポイント付与してもらえないなどを理由に申し込みを断る顧客も多くいたことでしょう。これらの問題を解消するべく、ポイントカードの電子化が推進されています。

ポイントカードをアプリにするデメリット     

ポイントカードをアプリにするデメリットもあります。まず、スマートフォンの充電が切れたら使えません。また、アプリをダウンロードできる端末を持っていない顧客はポイントシステムを利用できなくなりますし、アプリによってはデータを引き継げない場合もあります。さらに、磁気製カードを作らなくて良いのがアプリの一番のメリットですが、それが適応されるのは公式アプリだけです。サードパーティ製の非公式アプリは磁器製カードのバーコードを読み込んで登録しないといけないため、結局発行する手間やコストがかかります。          

店舗アプリ作成サービスなら簡単に作れる!       

店舗アプリは、アプリ作成サービスを使えば、誰でも簡単に作れます。「UPLINK」は、音楽配信事業などを手がけるUSENが提供している店舗アプリ作成サービスです。ポイントカードとしての利用に加えて、デジタルチケットや対象者を選べるプッシュ通知など、販促につながる機能が豊富にそろっています。現場でのニーズに応じて機能を選び、組み合わせて使えるため、短期間でのリピーター獲得やコスト削減が目指せます。マーケティング機能も搭載されているので、運用しながら自社アプリの利用状況や各機能の費用対効果を分析することも可能でしょう。さらに、UPLINKの場合、サポートやアフターケアも充実しているのでアプリ初心者にも安心です。

UPLINKのポイントカードの種類          

ここからは、UPLINKのポイントカードの種類を見ていきましょう。その前に、ポイントカード機能と混同されやすいスタンプカード機能の違いについて説明します。まず、ポイントカードとは、利用ごとに一定にポイントを貯めていく方法です。大きく分けて、「加算式・減算式」と「コンプリート式」があり、詳しくは次の段落で説明します。それに対し、スタンプカードの場合は、来店ごとにひとつスタンプが押されます。

スタンプが貯まると、自動的に割引チケットなどの特典がプレゼントされます。交換までに必要なスタンプ数は自由に設定可能です。特典をプレゼントしてもらうためにはあといくつスタンプが必要かも画面上で確認できますので、再来店の促進につながります。スタンプ付与はQRコードの読み取りで行えますが、うまく読み取れない場合には、店舗側で管理画面から認証コードを入力するとスタンプが付与されます。

3-1.加算式・減算式          

ポイントを貯めながら利用できる「加算・減算式」は、ポイントカードとしてもっともオーソドックスな形式です。サービスを利用するたびにポイントが貯まり、割引などの特典を受けることにより、累計ポイントから差し引かれる仕組みです。ポイントの上限は基本的にありません。ただし、安易にポイントを割引に充当し続ければ売上を圧迫してしまいますので、店舗と顧客双方にとってメリットのある仕組みを考えることが大事です。             

3-2.コンプリート式          

「コンプリート式」は、あらかじめ決められたポイント数を貯める形式です。設定したポイントが貯まると顧客にコンプリートチケットが発行され特典が付与される仕組みです。顧客にわかりやすい目標を与えられるという面では、スタンプカードとよく似ています。途中でポイント利用ができないため、設定ポイントが高すぎると、顧客がメリットを感じにくくなります。顧客の目線に立ち、このくらいなら頑張って貯めようと思えるようなポイント設定が肝心です。             

  • アプリのポイントカードで集客を成功させるコツ

最後に、アプリのポイントカードを集客に結び付けるための2つのコツについて説明します。まず1つ目のコツは、2回目か3回目の来店で、「無料券」などの特典を渡すことです。初回から特典を渡してしまうと、価格優先主義の新規顧客に利用されて終わってしまい、肝心のリピーター獲得につながりません。心理学で提唱されている「単純接触効果の法則」によると、人間は同じ店舗に3回程度通うと、その後も継続利用しやすくなるといわれています。ポイントカードの特典機能をうまく使えば、この法則が実践できるのです。

2つ目のコツは、来店でポイントが付く「来店ポイント」を戦略的に活用することです。たとえば、毎週火曜日をスタンプ2倍デーなどスペシャルデーに設定すれば、客足が伸びにくい平日の来店を促進できます。説明した2つのコツに共通するのは、ポイントカードの運用においては、ただ漠然とポイントを還元するだけでは継続的な集客につながりません。顧客側のほうから再来店を意識するように設計することが重要です。

・ポイントカードをアプリにして確実に集客に結び付けよう   

この記事では、ポイントカードを電子化するメリットとデメリットについて説明しましたが、比較するとメリットの方が多くあります。UPLINKを使えば、低コストで簡単に店舗アプリが作れるうえ、顧客に負担をかけずに販促に注力できます。この機会に、ぜひ便利なUPLINKを活用して自社のポイントカードを電子化してはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました