デジタルチケットを店舗運営に取り入れたい!メリットと導入事例

コラム

コンサートや飲食店などで用いられるようになった電子チケットを「デジタルチケット」と呼びます。デジタルチケットは時代とともに、使用される分野を広げつつあります。

この記事では、デジタルチケットの詳細、店舗経営者や運営者が導入するメリットなどを事例と一緒に解説します。記事を読んだ後では、デジタルチケットを深く理解できるでしょう。

デジタルチケットってどんなもの?

まず、デジタルチケットとはweb上で発券されるチケットの総称です。パソコンやスマホなどから手軽に購入可能で、さまざまな場所に適用されています。

利用のメリットとしては、任意の場所からすぐに購入できる点です。また、紙のチケットと違って紛失の心配がありません。一度購入すればデータとして残るので、スマホやパソコンさえあれば管理が楽です。

デジタルチケットの例

よく使われるケースとして、「ミュージシャンのライブ」が挙げられます。デジタルチケットなら入場の際、スタッフが簡単にチェックできるのでスムーズに観客を通せます。また、転売や譲渡といった問題に対してもある程度の抑止力を発揮するのが長所です。ライブのほか、小田急電鉄では乗車券の予約、決済にデジタルチケットを使うことがあります。フリーパスの発券、周辺の飲食店で使えるチケットの販売も行われています。

UPLINKではサブスクリプションの一環としてデジタルチケットを取り扱うようになりました。つまり、チケット一枚ごとにお金を払うわけではありません。チケットを取り扱っているサービスに対し、期間ごとの利用料金を支払います。そして、消費者はチケットを利用できる権利を手に入れられる仕組みです。”

デジタルチケットを店舗運営に導入するメリット

店舗を運営するにあたり、デジタルチケットを導入する魅力は少なくありません。以下、代表的なメリットを紹介します。

事前決済が可能

デジタルチケットは事前決済を実現できます。つまり、お客さんが店舗を訪れた際にはすでに会計が終わっている状態です。店舗で現金を取り扱う手間も時間も減らせるのは大きなメリットです。また、会計ミスを起こす[井内 隆太郎1] 不安も軽減できるでしょう。さらに、レジに割いていた人件費も少なくできます。もしくは、レジにかかっていた時間を他の業務にまわすことで、より効率的に店舗の運営を行っていけるのです。接客に使う時間が増えるなど、生産的な業務に注力できます。

売上の安定化につながる

デジタルチケットには、購入サイトで使用できるポイントなどを特典としてつけられます。「ポイント10倍セール」などのイベントを柔軟に打ち出しやすく、お客さんにお得感を訴求できます。さらに、デジタルチケットを知人、家族にギフトとして贈れる仕組みも増えてきました。紙のギフト券を贈るよりも簡単なので、ちょっとしたプレゼントに人気です。[井内 隆太郎2] [吉川 高志3] このようにさまざまな展開を広げていけるのも、デジタルチケットならではの魅力です。また、定期券のようにまとめてデジタルチケットを販売することもできます。店舗側に安定した利益がもたらされるので、経営状況も上向くでしょう。

店舗アプリでデジタルチケットを販売した例3選

ここからは、実際に店舗アプリを用いてデジタルチケットを導入した成功例を紹介します。それぞれ、利益向上や労力削減などの目的があり、これから導入する際の参考にできます。また、店舗のジャンルごとに適した導入方法があるので、自店の魅力を引き出せる形を探ることも大切です。

飲食店

居酒屋「molto!!」ではデジタルの定期券サービスを開始しました。一度会員になると、有効期限はありません。何度でも各店舗で会員料金のサービスを受けられる決まりです。スタンプカードやクーポンなどもデジタル画面で管理できるようになり、会員は紛失のリスクを防げます。店舗側からしても割引サービスを展開しやすいので集客につなげやすいのが魅力です。有料会員制を採用している店舗では、「molto!!」と同じ運用方法でデジタルチケットを展開可能です。

エステ店

セルフホワイトニングサロン「fastエステ」でもデジタルチケットが導入されました。セルフエステサービスの1カ月定期券をデジタルで発行しています。ポイントは、契約している限り自動更新になっていることです。月々の料金を支払う手間が削減されるので、気軽に入会できます。店舗側からしても、お客さんの継続的な利用を促せます。更新に対応する労力もなくなるので、業務を効率化させることが可能です。安定した収益を得られるのも大きな魅力です。

イベント企画・運営

イベント運営「YUMEZAKI」はバータイムを実施するにあたり、デジタルチケットを導入しました。「飲み放題チケット」を販売[井内 隆太郎4] [吉川 高志5] することで、お客さんが足を運びやすいようにしたのです。ただし、あえて販売数を限定してブランド力の維持に努めています。希少価値があるからこそお客さんは飲み放題チケットをより強く求めるようになり、需要を高めているのです。

デジタルチケットでリピーターをたくさん呼び込もう!

店舗の労力を減らし、リピーターを増やせるのがデジタルチケットの魅力です。また、クーポンやサービスタイムといった柔軟なイベントに対応できるのもデジタルチケットの特徴といえます。店舗導入にあたっては、「UPLINK」のサービスがぴったりです。数々の事例があり、回数券や定期券にも対応しています。UPLINKなら業態に合わせた展開が実現するでしょう。

タイトルとURLをコピーしました