Facebookで店舗に集客したい!投稿のコツや成功事例を紹介

コラム

SNSを利用する消費者の増加に応じて、集客にSNSを活用する店舗が増えてきています。SNSで集客する際には、店舗ページの持てるFacebookでの集客を検討する人も多いのではないでしょうか。ひと言でSNSといってもそれぞれ異なる特徴があり、特徴に応じた運用をすることが求められます。ここでは、Facebook集客における投稿のコツや成功事例を紹介します。

Facebookを使った店舗集客とは?

Facebookを使用した集客には具体的にどのような特徴があるのか説明します。

1.他のSNSとここが違う!Facebook集客の特徴

まず、Facebookの特徴として、他のSNSに比べて幅広い年代に使用されていることが挙げられます。TwitterやInstagramなど、ほかのSNSは10代、20代の利用割合が多い傾向があります。これに対して、Facebookは30代以上の利用も多くなっているのが特徴です。

次に、Facebookでは店舗ページを無料で持つことができます。オープンしたばかりでお店のホームページがまだないという場合でも、ホームページ代わりに利用できるのがメリットです。ホームページよりも簡単に作成できるので、まずFacebookの店舗ページを作っておくというお店もあります。

他のSNSと比較してWEB検索で上位に表示されやすいというのも特徴です。検索エンジンでずっと上位に表示されるため、検索ユーザーの目に留まりやすくなり、結果として集客につながります。SEO対策として強いというのが、Facebookのメリットです。

2.企業の場合は個人アカウントではなく「Facebookページ」

Facebookのアカウント登録には2種類あります。1つは個人アカウント、もう1つは法人アカウントで「Facebookページ」と呼ばれます。個人アカウントはFacebookにログインしないと見ることができません。また、プライバシー設定で公開範囲を限定すると、友達など特定の人しか見ることができなくなります。一方、Facebookページは企業のページで常時公開されているため、誰でも見ることができるのが大きな特徴です。

GoogleやYahoo!で検索に引っかかるかどうかも、個人アカウントと法人アカウントの大きな違いです。個人アカウントでの投稿は検索エンジンには引っかかりません。一方、Facebookページは検索エンジンに表示されるので、検索ユーザーに見てもらえる可能性が高くなります。いわば無料の広告を出しているような感覚で利用することができるのです。投稿をより多くの人に見てもらいたいという場合は、有料でFacebook広告を出すこともできます。したがって、店舗集客にFacebookを利用するなら、法人アカウントであるFacebookページを作るのが良いといえます。

Facebook集客のメリット・デメリット

Facebookで集客をする際には、メリットとデメリットの両方を知った上で上手に運用しましょう。

1.メリット:無料で始められる

Facebookの大きなメリットは、無料で始めることができ、かつ無料で運用することも可能である点です。ページの開設も無料で、投稿もいくつ書き込んでも無料となります。ホームページを制作するには数万〜数十万という費用も時間もかかります。

この点、Facebookは作りたいと思ったらすぐに無料で作れるので、導入のハードルが低いのがメリットです。投稿も毎日更新しても無料ですし、むしろたくさん投稿するほど検索順位も上がるので良いといえます。

メリット:拡散性が高い

Facebookは拡散力が強いのもメリットです。拡散性とは、投稿内容がユーザーを通じて広がっていく可能性が高いことをいいます。たとえば、チラシ広告はポスティングなどで配布しなければ広まりません。一方、Facebookには「いいね」「コメント」「シェア」機能があり、ユーザーがいいと思った情報が勝手に拡散する仕組みになっています。

「いいね」は、「いいね」ボタンを押すことで自分の感情を他のユーザーに伝えることができます。「コメント」は投稿に対しての感想を伝えるもので、「シェア」は自分の友達と情報共有できる機能です。投稿に対してユーザーのコメントがつくと、新規投稿があったとFacebookが判断して上位表示してくれます。つまり、自分で投稿するだけでなくユーザーにコメントしてもらうことで、拡散力を維持できるというわけです。

デメリット:継続的に投稿しなければならない

Facebookにはデメリットもあります。いったんFacebookページを開設したら、継続的に投稿しなければならないという点です。1-1段落で、検索エンジンでFacebookページが上位表示され続けるとユーザーの目に留まりやすくなると述べました。しかし、上位表示されても更新日時が古いと、古い情報だから信用できないとユーザーに思われる危険性が高くなります。ユーザーの信頼を失ってしまうため、せっかくFacebookを利用しても新規顧客獲得にはつながりにくいのです。

そもそもFacebookユーザーには、タイムリーで新鮮な情報を好む傾向があります。いまどうなのかという情報を欲しがっている人が多いので、できるだけ新しい情報を投稿してユーザーの関心を高めることが大切です。

デメリット:フォロワーが多くないとそもそも見てもらえない

個人のアカウントでページを作成する場合は、Facebookユーザーしか投稿を見られないという点もデメリットになります。フォロワーが少ないと、どんなに良い情報を発信しても、そもそも見てもらえる確率が低くなってしまいます。

Facebookページの作り方

ここでは、Facebookページの作成方法について紹介します。まず、Facebook公式サイトにアクセスして、Facebookページの管理者となる個人のアカウントを作成します。必要項目に入力して個人アカウントを作成したら「設定」から「ページの役割」を選択肢、「新しいページの役割を割り当て」で管理者を追加すると、Facebookページを作れるようになります。

次に、カバー写真とプロフィール写真、ユーザーネーム等を設定し、ページ情報にお店の紹介となるような情報を書き込みます。次に、「お問い合わせ」などのCTA(コールトゥアクション)を設定して基本設定は完了です。新規の投稿を開始し、どんどんお店の魅力を広めていきましょう。

Facebook集客の成功事例

Facebook集客の成功事例として、2つの事例を紹介します。

1.花王

花王ではFacebookで商品紹介をしているほか、生活に役立つ情報を積極的に投稿することで自社のFacebook投稿をユーザーが日常的にチェックしてくれるような施策を行っています。その結果、リピーターの獲得につながりました。

2.フレンチレストランKeisuke Matsushima Tokyo

このお店では料理に使われている食材についての情報をFacebookで発信しています。どこでどう育てられた食材なのかという生産者情報を投稿することで、安心・安全な食材選びにこだわり持った店舗であることを自然と知ってもらうことができます。

これらの例に共通しているのは、単に製品や店舗情報だけを発信しているのではないということです。Facebookの拡散性を見越して、ユーザーが知りたい・見たい・他の人にも教えたいと思うような内容を投稿し、Facebookページのファンを増やすことで、結果的に集客にうまくつなげています。

Facebook集客のコツ

実際にFacebookで集客するにはどのようなことを意識すれば良いのか気になる人もいるでしょう。ここでは、Facebook集客のコツを3つ説明します。

ユーザーのためになる情報を発信する

Facebookで集客するコツは、ユーザーのためになる情報かどうかを意識して発信することです。商品や店舗の情報を知らせることも大事ですが、お役立ち情報などユーザー視点で見たときにためになるような投稿をすることが大事です。このFacebookページをフォローして継続的に投稿を見てみたいと思わせるような投稿を心がけましょう。

フォロワー限定の特典を用意

フォロワー限定の特典を用意するのも得策です。なぜなら、特典があるとユーザーにFacebookページを見るメリットがあると感じてもらえるからです。割引が受けられるフォロワー限定のクーポンなどを作って配布し、フォロワーになったほうがお得だと思ってもらえるようにしましょう。定期的に限定クーポンを発行するとユーザーもこまめにFacebookページをチェックするようになるので、自然と閲覧数がアップします。限定クーポンをもらえれば利用したいと思うのが人間の心理ですから、来店を促すことにもつながります。

他のユーザーとコミュニケーションをとる

ユーザーからコメントがあった場合は、できる限り返信するようにしましょう。コメントがあるたびに投稿の表示順位が上がりますから、コメントはエッジランクを上げてくれる大事な要素です。また、返信はユーザーとの大事なコミュニケーションにもなります。コメントに返信があれば嬉しいですし、商品や店舗を身近に感じるきっかけになります。コメントのやりとりを通じて、顧客ロイヤリティの向上にもつながるのです。

Facebookと「店舗アプリ」の併用がおすすめ

Facebook運用を効果的に行うには、店舗アプリとFacebook集客を併用するという方法があります。集客率がアップできる店舗アプリの概要とおすすめの併用方法を説明します。

店舗アプリって?

店舗アプリとは、飲食店等の店舗が集客を効率的に行うために作るスマートフォンアプリです。スマートフォンの普及率アップに伴って、手軽に利用できるアプリの利用者も増加しており、店舗アプリは重要な集客手段の1つになっています。店舗アプリには店舗やサービス紹介のほかに、ポイント管理やクーポン発券機能などをつけることができるのがメリットです。同じ業種の店があればお得なクーポンを使える店を選びたいのが顧客心理ですから、クーポンが使える店舗アプリは集客率アップ、リピート率アップにつながります。

プッシュ通知の開封率が高いのもメリットで、伝えたい情報をもれなくユーザーに伝えることが可能です。何度もアプリを利用するうちにユーザーが店舗に親しみを持つようになるため、ユーザーをファンにしやすい仕組みといえるでしょう。また、ユーザーの基本情報や利用率・利用額、開封率など顧客情報の一元管理ができるのも店舗アプリのメリットです。

Facebookと併用する方法

店舗アプリは、Facebookと併用することができます。店舗アプリはポータルサイトのようなもので、店舗情報だけでなく、FacebookなどのSNS投稿やYouTube、ホームページやECサイトなどと連携することが可能です。さまざまな宣伝媒体がありそれぞれ特性が異なるので、1つの媒体にあらゆる情報を詰め込むのはそもそも不可能です。店舗アプリを1種のハブにして各媒体を連携することで、たくさんの情報を漏らさずに伝えるというシナジー効果が期待できます。

Facebook集客とアプリの併用でより効率的な集客を

スマートフォンの普及に伴い、SNSを日常的に利用する人が増えてきました。中でもFacebookは店舗集客に大変役立つツールです。無料で使えるという点でも大きなメリットがあります。Facebook集客をする際には、Facebookページを作成して店舗アプリと併用する方法が良いでしょう。投稿のシェアもしやすくなり、より効率的な集客につなげることができます。

タイトルとURLをコピーしました